movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
花田少年史-幽霊と秘密のトンネル-
勝手に点数70点

2006年のホラー?ドラマ?というような作品。
篠原涼子、主役に須賀健太、西村雅彦、
北村一輝、安藤希、六平直政、濱田マリ、
杉本哲太など凄く良い俳優が出演している、

安藤希はVシネマのようなC級作品にたくさん、
出演していた女優。須賀健太は最近、TVの
露出の多い子役だけど、こいつ、TVで見て
いるとけっこう生意気な子供。見ててあまり
感じがよくないので個人的に消えてほしいと
思う子役。

この物語は大筋はホラーだと思うんだけど、
子供が見ても大丈夫なように怖い映像が
出てこない作品。そして、ほのぼのとしている
ヒューマンドラマです。

とてもジャンルに困る映画でした。これは
日本の誇れる映画の一つだと思います。
そして、ここでは篠原涼子が大雑把な母親
を演じている。

篠原涼子はいろいろな役を演じれる女優
だと、本当感じる作品です。そして、ヒローイン
を演じている安藤希は下積みのような時
からやっと良い作品に出演したような感じ。

安藤希はかなり数の作品に出ているはず、
だから、かなりの実力のある女優になって
いるのでは。ここでの役ではそんなに演技力
が必要でない映画でしたが・・・

これから活躍してほしいと思える女優です。
これまでずっとSFホラーのような作品に出て
いた安藤希はそんな経験の中で抜擢された
のでしょう。適役の作品だと言えます。

子供向けに作られた作品なんだろうけど、
大人が見ても凄くおもしろい作品でした。
スポンサーサイト

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。