movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
蝶の舌
勝手に点数70点

スペインの2001年の映画です。
スペインの作品は数えれるくらいしか
見ていませんが、
なぜかとても相性がいいです。

それはとてもキレイな映像、
感傷的な物語が見終わったあとに
なんとも言えない気持ちにさせられます。
この作品もそんな、良い作品でした。

小さい子供が主人公の作品。それで、
大人のSEXとかを覗き見したり、好きな女の
子のことを気にしていたり、子供の恋を描いたり、
また、学校の先生にいろいろ教えてもらう。

そして、ある時蝶の舌について説明。
一緒に昆虫を獲り行ったり、
その時は先生は子供の時に返ったような
描き方がとてもキレイな物語です。

そして、よく出てくる森もとてもキレイな
映像で落ち着いてしまう映像。
本当に鮮やかな色が気分をよくさせてくれます。
そんな子供の視点や気持ちを描いた映画。

最後の30分はすごく話し展開が
上がってきて、最後のクライマックスは
気持ちを動かされるシーンでした。
スペイン映画はまた、見たいと思える作品。
スポンサーサイト

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。