movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リトルチュン
勝手に点数60点

1995年の香港映画です。これはおそらく、
内容から判断してコメディー映画のようです。
凄い生活力が描かれてる映画でした。
貧困の上にさらに貧困を描いたような映画。

中国に返還される前でも香港の生活が
まだ、こんなに凄いものだと思わなかった映画です。
この前、香港の空港へ行った時は
全然感じなっかたのですが。

スラム街のような町並みがずっと映し
出されていました。その中でチュン
という少年が家のやってる中華店を
手伝いながら、小遣いを稼ぐチュン。

なんでも「たまごっち」を買うためのようです。
そして、そこで知り合ったファン。
ファンは中国からの不法労働者の家の子供。
この話しはあと何ヶ月かで、中国に返還されて
不法労働者ではなくなるために頑張ってる家族も描かれ。

なんだろう、同じ不法労働者でも日本で働いた方が
確かにいろんなことが優遇されてる気がする。
それから、チュンのお婆ちゃんは昔、女優だった。
そんなお婆ちゃんの昔の女優次代のことをいろんな人に
聞いたり、そんないろんな香港の生活を描いている映画でした。

映像がちょっと悪いので60点という点数でしたが
意外と70点くらいつけてもいい作品でした。
スポンサーサイト

テーマ:香港映画 - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。