movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クィール
勝手に点数100点

2003年の邦画です。この映画を見るのは実は2度目。
とても、感動もんです。ドバーッ (┬┬_┬┬)
なぜ、犬が感動的な映画するのですか。
これは犬の一生のドラマです。

いろんな有名な人のドラマはたくさんありますけど、
コメディーでなく、真面目に動物をドラマにしているのは
数少なかった?はず。しかも、とても感動的なドラマ。

監督はあの崔洋一監督なんですけど、「血と骨」とは全く違う。
なぜ、こんなに差のある作品を作れるのだろう。
「血と骨」は歴史的なドラマということもあり、少し難しかった。
そして、ドロっとした感じの内容の映画。

このクィールは動物が出てくることもあり、
わり顔がほころんでしまう。そして、クィールは誠実な盲導犬。
いつもご主人のことを考えてる犬。
ほんと、良い作品です。

実は何年か前の自分にとっての年間1位の作品なので、
これはランキングには除外します。
名作入り決定。d( ̄_ ̄d)☆very good☆(b ̄_ ̄)b
スポンサーサイト

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。