movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボーン・スプレマシー
勝手に点数60点

マット・デイモン主演の続編。この映画は監督がいいんでしょうか。1作目、アイデンティティがダダ・リーマン監督で、2作目、スプレマシーの方がポール・グリーングラス監督で、監督が違うのですが、映像の雰囲気が凄く似ていて、きれいな映像でした。前回の「ボーン・アイデンティティ」ほどのおもしろさはなかったですが、やっぱりおもしろい作品でした。凄いアクションもそうなんですが、ボーンが誰なのかって気になったり、殺人が起こるのですが、誰がやったのかとかサスペンスとしても凄いおもしろい内容です。この2作目では1作目で一緒に逃げていた彼女がいきなり、殺されてしまいます。「えっ!」、「嘘!」とかなってしまう。それから、ボーンがおとしいれられて、他の殺し屋から狙われることになってしまう。そして、相変らず自分の過去の記憶のないボーン。でも、なんとなく今回のかかわる事件の記憶がある。でも、ちゃんとは覚えていない。「ボーン・スプレマシー」ではそんなはっきりしない記憶を探る話しです。ヨーロッパの風景の映像美なども見所の映画でした。
スポンサーサイト

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。