movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
17歳のカルテ
勝手に点数60点

ウィノナ・ライダー主演、アンジェリーナ・ジョリ、ウーピー・ゴールドバーグ出演のドラマのような1999年の作品。男女問わず、けっこう人気のあるこの作品。精神病院の中の話しで、サスペンスのようなドラマ。そこで心の病を治す人達のドラマです。鬱同然の人、暴力的な人、時には自殺する人が描かれています。そんな病院での生活、時には学生のようなことをしたり、友情が芽生えたり、青春を描かれています。ここでのウーピー・ゴールドバーグは看護士の役。ウーピー・ゴールドバーグが良い役を演じていました。モーガン・フリーマンのように味のある演技。ウーピー・ゴールドバーグと言えば「天使にラブソングを」以外は不発な作品が多かった感じがしたのですが・・・そして、アンジェリーナ・ジョリはここでは問題児の役を演じています。就寝過ぎて、みんなを呼び出して部屋を抜け出したり、病院も抜け出したり、そして、自殺願望が強く持っている患者を自殺まで追い込んでしまう問題児を演じている。時には優しい、時には激しい、時には暗い人、凄い難しい役どころを演じ、アカデミー助演女優賞を受賞する。個人的に印象的だったのが猫の指人形をしているシーンは凄く好きで印象的でした。影の多いおもしろい作品でした。
スポンサーサイト

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。