movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パンチ・ドランク・ラブ
勝手に点数70点

アダム・サンドラー主演、エミリー・ワトソン出演のアメリカの2002年のラブストーリー。どこか、サスペンスのような雰囲気の作品でした。そして、不思議な雰囲気の作品でした。この監督、ポール・トーマス・アンダーソン監督の作品、「マグノリア」があまりおもしろくなかったので期待は全然してなかったのですが、意外にけっこうおもしろかった作品です。正直、あまり知らない俳優と女優が出ていた映画だったし、本当に期待はしてませんでした。初めは独身の男が出てきて変な電話をしている。そして、モメ事をあっちこっちで起こしてて、なんかやっぱり事件が起こりそうと感じながら見ていました。そしたらラブストーリーらしい雰囲気になってきた。それでここで登場する独身男はけっこう暴力的な人。だから、あまりよくない雰囲気のある人でした。やっぱり事件が起こりそうな雰囲気と思いつつ、ずっと見ていました。そういう意味で凄くハラハラするラブストーリーでした。これはけっこう好きな作品です。
スポンサーサイト

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。