movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
僕たちのアナ・バナナ
エドワード・ノートンが監督する作品。久々に直球ラブストーリーを見た感じ、最近にはなかった感じの作品。エドワード・ノートンが意外と人気のある俳優。そのエドワード・ノートンが監督にする作品。俳優が映画を作り出すと個性がかなり出てくることが多い。この作品、「僕たちのアナ・バナナ」もエドワード・ノートンの個性がうかがえる作品。おそらく、エドワード・ノートンは明るい人なのではと思わせる作品で、明るい作品です。最近、ラブコメディーが流行ってるのでそういうのを意識して、作ったと考えれるが、この作品ではあまりそういうことを思いたくない作品。内容はユダヤ教の説法をするジェイク、キリスト教の牧師をするブライアン、キャリアーウーマンのアナの三角関係のラブストーリー。3人は幼馴染、小さい時から一緒にいた3人が、大人になってアナが街に戻ってきて、再会した。そして、物語の内容もとてもわかりやすい物語。その中に宗教の慣わしが恋を邪魔をする。そして、アナのキャリアーが仕事へ導こうとする。そんな中での都会のラブストーリー。
スポンサーサイト

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。