movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウェスト・サイド物語
1961年の名作中の名作、ウェストサイド物語。気になって見ました。タイトルの雰囲気からミュージカル映画っていうのがわかる映画です。個人的にはミュージカル映画はあまり好きじゃないんですけど。見てみると案の定、ダンスがやたらと出てきて物語がいまいちわからないとか、つじつまが合わない雰囲気がたっぷりの始まりでした。でも、見ていると今のミュージカル映画とは違い、ミュージカルのところが過剰な表現で物語を無視してるのを感じていたのですが、無理のないつながりの話し。そして、このウェストサイド物語での俳優、女優はうまいダンスが興味をひきました。この時代だから単純だからわかりやすいダンスだったのかもしれないですが、とても見てて凄いダンスと感じるものでした。そして、パッケージの雰囲気とはうらはらにアウトローな物語。若者の喧嘩の物語でした。少し長い作品でしたけど、なかなかおもしろく見れた作品。
スポンサーサイト

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。