movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
巌流島
本木雅弘主演の2003年劇場公開作。巌流島での戦いは実はこういうことだったんだという映画。宮本武蔵は実はとてもひどいヤカラのような人だった様子。そして、巌流島での佐々木小次郎とも実は戦っていないということをこの映画で語っている。そして、宮本武蔵のその傍若無人ぶりを永遠と描いているドラマ。宮本武蔵は女は犯す、すぐに人は殺す。そんな宮本武蔵。そんな風に描かれたのは宮本武蔵自身、死ぬ直前の自伝の伝記で巌流島のことを記していなかったことかららしい。しかし、宮本武蔵の二刀流は武蔵自身があみ出した流派の剣の形。だから、剣道をする人にとっては尊敬すべき人だったのですが・・・実際、宮本武蔵は一人でお城へ奇襲をかけたりできたのはこの人だけと言われています。巌流島の島の名前の由来などもこの映画で語られている。そういう見解もあるかもしれないという映画でした。時代劇なのですが、今っぽい映画の作りなのでけっこう若い人も見やすい映画です。
スポンサーサイト

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。