movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
始皇帝暗殺
原作が日本人なんでしょうか。けっこう日本のスタッフが多い作品のようです。歴史ドラマですが、サスペンスとアクションの要素がかなり強い作品。秦が中国統一途中の時代の話しで、秦がまだ、統一してないころ、趙の王女に恋をした秦王。それで、王女と約束で民の不幸な殺人は起こさないと約束しした秦王。しかし、秦王はそれでも人をどんどん、殺して国を大きくしていく。それで、王女は秦王の元を去った。秦はいよいよ、趙を倒しに行くことになったが、その前にまた、秦王に王女は会い、民を殺さないように言ったが、結局、無残にも殺してしまった。それを見た、王女は落胆し、怒りに溢れた。一方、王女と小さい時からの知り合いの武士が秦王のお父さんに当たる人?を暗殺することになった。それまでに、暗殺する人を選抜しやはり、最後に残った百選練磨の武士。しかし、暗殺は失敗する。結末は歴史通りの結末でした。
スポンサーサイト

テーマ:香港映画 - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。