movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インファーナル・アフェアⅢ ~無間序曲~
インファーナル・アフェアーのシリーズ1作目はアンディー・ラウに、トニー・レオンが出演していた作品。正直、かなりよかった作品。その次回作。見てみると・・・なぜか、アンディー・ラウが出ていない。「・・・」正直、アンディー・ラウの出ていないインファーナル・アフェアーはおもしろさ半減だと思いました。そして、出ている俳優がいまいちの人ばかり。どうしたんだろうと思いつつ、見ていました。そしたら、主人公、ラウがわかりし日の出来事を物語になっていた2作目。インファーナル・アフェアー・ビギニングとでも言うべきでしょうか。「なるほど」、と感じる作品でした。香港返還の直前の話し。1991年~1997年までの話しになっています。ラウが警察になる過程など。この作品は日本おやくざ系の映画のような感じでした。とにかく派手に殺される作品。1作目にするとかなり差のある作品でした。
スポンサーサイト

テーマ:香港映画 - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。