movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キュ-ティ・ブロンド
リ-ズ・ウィザ-スプ-ン主演のコメディ-。一瞬、ラブスト-リ-を思わせるパッケ-ジですが、コメディ-ドラマという感じの作品でした。もちろん、ラブスト-リ-も多少、絡んできますが、どちらかというドラマっぽい、サスペンスっぽい映画です。内容はある日、彼氏に振られるエルというお金持ちの女の子。その理由が付き合ってた彼氏は政治家の家系で、その家系に見合った彼女が必要とかで、エルは振られてしまう。それで、父のお金の力で、ハ-バ-ド大学の法学部に合格する。しかし、エルは受かってももちろん、勉強は全然できない。そして、元彼氏に「やっぱりエルにはハ-バ-ド大学の法学部はあわない」言われる。それからエルは猛勉強を始める。それで、エルの成績はどんどん上がっていく。そんな時、法律事務所での実習の話しくる。その実践の案件はエルの好きなデザイナ-の殺人事件の案件でした。そのデザイナ-は自分の夫を殺したという。しかも、殺害した直後、死体の側に立っていたのがそのデザイナ-でほぼ、加害者であるという事件。しかし、デザイナ-は無実だという。そこでエルは証言者などの矛盾を見つける。そして、デザイナ-が無実だという予感がしてくる。そして、この事件の真相を探り無実を証明しようとするエルの物語。正直、とてもおもしろかったです。出演してる女優、俳優は日本ではあまり有名でないですけど、意外にもおもしろい1作品でした。
スポンサーサイト

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。