movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どら平太
役所広司主演の時代劇。他、原作が山本周五郎だったり、菅原文太、大滝秀治、浅野ゆうこが出演してたり、なんと言っても脚本に黒澤明監督が参加している作品。制作してる人はかなり大物で作られた作品。ここでの主演、役所広司がちょっと劣ってしまうとすら感じてしまう作品。それで中身は、とある藩で藩外という地域があってそこでは悪事が横行しているという。そこへどら平太がやってきて、政治を立て直すという物語でしたが、その藩外で3人の親分が牛耳っていた。そこへどら平太が入っていて、親分達に近づき、成敗するという話しでしたが、途中で、お城と藩外を結ぶ人がいることに気付くどら平太。それでいよいよ、中も外も立て直さなければならなくなったどら平太という話しでした。もっと、年配者の人が見る話しかと思ったのですが、かなりおもしろい作品でした。原作者の山本周五郎のすばらしい原作力でした。山本周五郎原作の作品があった時は是非ともチェックしたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。