movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エリザベス
1998年のイギリス映画。ケイト・ブランシェットが主演のエリザベスを演じる。ここでのケイト・ブランシェットはどこか、見た目が悪いと、感じたのですが…エリザベスが女王として、政治を行い、エリザベスの男遍歴の物語。意外とあっちこっちで男とやってしまう話です。そして、周りの国がエリザベスに接触してくる。それは結婚を申し込んでくるが、エリザベスはわりにわがままに描かれているので一筋縄では結婚相手として見ない。しかし、スコットランドやスペインは兵力があり、イギリスを攻めないというはらんだ意味で、結婚の申し込みだりするが、エリザベスは思わせぶりをして、最後は突き放すという感じ。そして、エリザベスは生涯、処女で通した人で有名でしたが、けっこうすさんだ生活をしてたように感じる部分もあることが描かれていました。確かに最後まで結婚はしなかったみたいですが…他はやはりこの頃の女王の生活が描かれています。パ-ティ-をしたり、1対1でダンスしたり、絢爛豪華な生活が描かれていました。
スポンサーサイト

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。