movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タトゥ-
ドイツ映画。まさか、ドイツの作品だと思わなかった1作。そして、サスペンスだと思って見た作品です。ちゃんとサスペンスでしたので納得。そして、内容はタトゥ-を入れてる人が次々と殺人されていく話。それで、タトゥ-コレクションの人と出会う。その家にはタトゥ-が飾られている。犯人だと、めぼしをつけるが、合法だと言う。それで、日本の有名なイレズミ師が入れたというタトゥ-がある人。その人のタトゥ-をおとりに犯人をおびき寄せようと考える刑事。しかし、犯人は刑事の上を行って捕まえることができない。混沌した話しで話の行方が読めない作品で相当おもしろい作品でした。パッケ-ジには「セブン」や「羊たちの沈黙」などに続く1級作品と書いてるだけあって凄い作品だと思います。
スポンサーサイト

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。