movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この世の外へクラブ進駐軍
荻原聖人、オダギリジョ-出演の映画。日本の戦後にジャズバンドの話し。ゆっくりとした話しの展開なので、退屈感を感じてしまう話しかもしれません。アメリカの駐留兵の前で演奏はするが、全然うけないバンド。そんなある時日本人に好意を持っていない兵士がバンドに乱入してくる。そのサックスはとても受けた。しかし、敵対している状態。そして、バンドはコンテストを受けるが、落ちてしまう。その後もいろんなところで演奏を重ね。技術をあげていく。そんなある時、その兵士が演奏するパ-ティ-へ乱入する荻原の演じるサックス奏者。その時に新しい楽譜をくれと、その兵士に伝える。すると、楽譜を渡すという兵士。それで「out・of・this・world」という曲を渡される。しかし、その兵士は朝鮮(南北)戦争へ行き、戦死してしまう。その曲をその兵士を知っている他の兵士の前で演奏する。この映画のサブタイトルにout・of・this・worldとついていました。とても良い曲で最後は凄く感動の映画でした。
スポンサーサイト

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。