movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キングダム・ホスピタル8話
「供された心臓」、メアリ-の人形の中からメアリ-が死んだ時の、火事の記事が出てきた。それには多い発注で、製造を間に合わせるために子供を労働力として使っていた工場があって、メアリ-はそこで働いていた。その火事で亡くなった可能性が高いことがわかった。そして、前の話しから続いている心臓発作で倒れた弁護士は大アリクイに頼んで、心臓を与えてくれるように頼んだ。間もなく、脳死の患者が病院に運ばれてくる。アンチュビスは弁護士を助ける様子だった。それを見て、聞いていた隣に居た、火傷した悪党。弁護士は自分のコネを使って合う心臓をさがしている。隣の悪党はそれがどうも、気に入らなかったのか、突然、火傷の悪党が立ち上がり、弁護士を殺そうとしだした。そんな時に外にいる監視の警察が火傷の悪党を射殺する。殺されなくて済んだ弁護士。また、再び、大アリクイのアンチュビスが弁護士の前に現れる。そして、弁護しに伺う、「君は今、どうしてほしいのか」と、そしたら弁護士は答える。「早く、心臓を変えてほしい、早ければ、早い方が良い」と言う。それを聞いて、アンチュビスはすぐに心臓を変えることを叶えることにした。警備員の飼っている犬がくわえて持ってきた心臓を変えだした。弁護士のその後は言うまでもなく死んだだろう。大アリクイに死を選択されたはず。
スポンサーサイト

テーマ:海外ドラマ(欧米) - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。