movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キングダム・ホスピタル13話
「終焉の刻」、ブラックノイズの影響で地震が強くなり、この日に病院が崩れるという。そして、病院の先生、スタッフを呼んで、降霊の集会をすることにする。その集会はメアリ-を助ける集会。そして、サリ-はもう、メアリ-がなぜ、死んだのか知っている様子。そして、それを聞くと、メアリ-は工場の火事で亡くなったのではなかった。そして、工場の火事は経営者自ら、起こした火事。子供達は逃げ遅れたのではなく、故意に殺されたもの。子供達に保険をかけた経営者、ゴッドライヒ。しかし、メアリ-だけは生き残った。それを知ったゴッドライヒは医者の弟に相談した。弟はよく実験していた。それで弟は殺さずに脳を切り取って記憶だけをなくさせるというが、怒りからメアリ-を殺してしまう。このときに地震の原因は火事でなくなったたくさんの子供達の叫び声だとわかった。ブラックノイズはその叫び。それでこの事実を変えないといけないのでフック達、先生達は過去のメアリ-を助けに行くことになった。そして、出火を止めるため、メアリ-の前に行き。ピ-タ-の描いた消火器が現実に現れて、それで出火をくい止めた。その後、現実に戻ると、病院には地震がなくなり。病院の名前が「聖メアリ-・キングダム・ホスピタル」となっていた。そして、メアリ-は91歳まで生きる人生に変わっていた。
スポンサーサイト

テーマ:海外ドラマ(欧米) - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。