movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
てるてるあした最終回
今回は前回の続きで、てるよのお母さんが現れたところから始まった。そして、危篤中のひさよさんはてるよの母と話したがっているのですが、てるの母、ヤスコは話したがらない。そんなヤスコをひさよさんと話すように説得するさやさん。そして、会うことになったヤスコ。ひさよさんに会ったヤスコはなぜか混乱してる様子。ひさよさんがてるよの作った食事を出した時に最後のてるよへの教えを言いながら亡くなってしまった。悲しさが村中に広がった感じで。そして、てるよのお母さんがてるよに小さい頃の嫌な思い出を話し始めた。そして、その時にひさよさんが与えてくれた物が天国のように感じたことを話し出した。そんな時にヤスコが現れる。ヤスコ時代のお母さんは愛とか自分が必要とされてないと感じてたヤスコ。でも、てるよの前に現れてたヤスコは優しかったことを伝えるてるよ。その後、(鈴木)久代さんから手紙が届く、(雨宮)照代に出会ったことから照代の存在の大きさを手紙には綴ってありました。てるよに出会った時はすでに余命、3ヶ月だったことも告げる。結局、てるよに届いていたメ-ルは誰からだったんだろうか。返信するとさやさんの元にメ-ルが届く。しかし、久代さんがこれまで送っていたことに気付く照代。佐々良を出ていく照代。今回も黒川智花は良い役を演じました。
スポンサーサイト

テーマ:てるてるあした - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。