movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
怪談新耳袋
勝手に点数55点

はじめにこの作品を見たのは
「怪談新耳袋【近づく編】」でした。
この「近づく編」は48分くらいで
7話のオムニバスみたいな形で入っていました。

「1話あたり6分???そして、筧利夫など
有名な俳優なんかも出てる。どんなの?」と
思って見ました。それで、見ると昔、
林間学校の時の肝試しの前に先生が話して
くれた会談みたいな感じでした。

なんとなく「呪怨」とよく似たタイプだけど、
こっちの方が完結でわかりやすい気がしました。

 上記の「近づく編」を見たあと、
「怪談新耳袋【劇場版】」があったので
気になって見ました。これは出てる有名な俳優も、
1話あたりの時間も増え、パワーアップした感じでした。

劇場版らしく、映画の雰囲気の出た感じ。
話しの各タイトルは竹中直人と嶋大輔出演の
「夜警の報告書」、坂井真紀出演の「残煙」、
高岡早紀出演の「手袋」、井上晴美出演の「重いッ!」、
「姿見」、「視線」、小野寺昭出演の「約束」、「ヒサオ」など。

どれも怖かったです。中でも「夜警の報告書」、「手袋」、
「姿見」、「視線」が怖かったと感じました。あくまでも
個人的な感想ということで。
スポンサーサイト

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。