movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジェヴォーダンの獣
勝手に点数60点

2001年、仏のアクション。ヴァンサン・
カッセル、エミリエ・デュケンヌ、サミュエル・
ル・ビアン、モニカ・ベルッチ出演。
クリストフ・ガンズ監督。

けっこう話題になったフランス映画。観ると、
実は何回か観ているのですがはじめに観たとき
はあまりおもしろいと感じなかったのですが・・・
今回観るとわりと観れた作品。

この頃はヴィドッグなど、フランス映画がブーム
になっていた時代。その頃の映画のひとつ。
パッケージから凄い期待をして観ました。その時
は期待はずれと感じたのですが・・・

ここからネタバレあり
ジェヴォーダンの獣、一体何?妖怪?おばけ?
と思って観ていました。最初に観た時は気付かな
かったのですが男と女の物語も描いています。

男は女を求め、女も目当ての男を求めという
物語も描かれていました。それでジェヴォー
ダンの獣とはもしかしたら男なのかも。そういう
性の欲望を描いている映画だったり。

最終的にはジェヴォーダンの獣が殺されるの
ですが、ここでの獣は一体、何だったのでしょう。
大筋では狼でもない、獣のようですが。
スポンサーサイト

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。