movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最悪な誕生日(後編) / 名探偵コナン
2010年10月2日放映分。小五郎のおっちゃんの
財布から出てきた宝石店の5万円の領収書。その金額
分で福引券がついていた。蘭はその福引で静岡のホテ
ルの宿泊券を手に入れた。

毛利小五郎は別居中の妻にプレゼントを渡さずに居た。
それで蘭の母、妃が部屋に戻ってシャワーを浴びてい
る時に小五郎たちは部屋を訪れると妃の依頼人の遺体
が倒れていた。シャワーを浴びる前にはなかったと言う。

その依頼人の夫、国分の夫にすぐに事情聴取をした。
被害者にストーカーをしていたという日野の母の元へ
行くとそこには被疑者、息子がホテルの部屋に隠れて
いた。妃はそのことを指摘して不快なことを告げた。

日野誠治は自転車のツーリングへ行くと苦しい言い訳
をしていた。殺害時間に二人はラウンジでお酒を飲ん
でいたという。それで一旦捜査はやめて、次の日に再
開することとなった。

コナンが毛利小五郎の横で寝ていると妃へのプレゼン
トを見つけた。その小五郎が「あげて落とさないと・・・」
と寝言を言った。その寝言でコナンは気付いた。次の
朝、毛利と妃は仲が悪かった。

コナンは毛利小五郎を寝かせていつものように推理を
はじめようとしたけど、今回は蘭の母、妃の目の前で
花を持たせようと小五郎に気付かせようとしていた。

あのベッドの下の血の跡はタイヤによってつけられた
ことを気付かせようと必死になっていた。それで毛利
やっと気付いて、関係者を集めた。横溝刑事が遅くな
ってやってきた。

容疑者はみんな、ホテルをチェックアウトしていた。
それを呼び戻すのに時間がかかったという。日野の母
はしきりに無実を訴えていた。毛利小五郎は推理を始
めた。遺体と犯人はベッドの下に隠れていたと話した。

横溝刑事が今日の毛利の推理の様子が違うので、毛利
に「これでいいんですか?いつもと違いますよ」と毛
利に言うとコナンが急いでまぎらわした。この事件は
ベッドの脚に車をつけたと言う。

毛利はミニカーをベッドの脚につけたのだと言う。横
溝刑事は「ミニカーだったらベッドの脚がすべって落
ちてしまう」と指摘すると、毛利はあっさりと納得し
てしまった。コナンがまた助言した。

ジェームズ・ディーンの乗ってたポルシェって国分
が説明したポルシェ911じゃなくて、550スパ
イダーというオープンカーだと言う。オープンカー
ならベッドの脚にぴったりはまるはずだと。

だから、本当のジェームズ・ディーンのポルシェを
見せられたなかったと。国分はまだ、とぼけた。国
分は妃の部屋の冷蔵庫の中の炭酸飲料だけにして、
全て振っておいたという。

それで妃はコーラを浴びてしまって、シャワーを浴
びないといけない状態になった。妃がシャワーをし
ている間に遺体を移動させたのだと言う。

国分の殺害動機は妻にお金持ちだから結婚したのよ。
あなたが死んだ時の遺産が楽しみと言ったことだった。

妃は帰ろうしていた時毛利小五郎が妃のプレゼント
を渡そうとした。毛利小五郎は妃の誕生日を体育の
日だと覚えていた。それで体育の日が変わっていた
ことを知らなかった毛利だった。

妃はうれしそうに毛利から誕生日プレゼントを取り
上げた。それでプレゼントを見た妃は・・・中には数
珠が入っていた激怒した。それで電話をしてきてい
た。理由を聞くと間違えて渡したらしい。数珠は頼
まれて買っていたもので本当のプレゼントは毛利の
机の中にあった・・・
スポンサーサイト

テーマ:TV - ジャンル:テレビ・ラジオ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。