movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20世紀少年・最終章・ぼくらの旗 / 堤幸彦
勝手に点数55点

2009年、邦画のSF。唐沢寿明、
平愛梨、常盤貴子、豊川悦司など出演。
堤幸彦監督。浦沢直樹原作。話題の3部作。
完結の最終章。

浦沢直樹といえば、「YAWARA」など
の青春感動作を書いていたはずなんですが、
いつの間にかこういう暗い内容の作品を連発
して書くようになりました。どうしたんでしょう。

YAWARAなどを書いていた時の絵も全然
違います。最近のはとても悲愴感に満ちた暗い
絵になったと思います。それで今回もかなり
非現実的な物語。

この作品は1作目から観ていました。最初が
一番よかったかもしれません。3部観ていると、
3部目は飽きてきました。最後に友達は誰でも
よくなってしまいました。

ここからネタバレあり。
案の定、友達の正体は、その正体を見た瞬間、
かなりおもしろくない展開になりました。どうでも
良い人が友達でした・・・

最後は小学校の時やったケンジの過ちを
過去に戻って正すという内容・・・なんともお粗末でした。
スポンサーサイト

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。