movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブロークン・アロー
勝手に点数55点

1995年、アメリカのアクション。
ジョン・トラボルタ、クリスチャン・スレーター、
サマンサ・マシスなど出演。ジョン・ウー監督。
前に観た時はわくわくした映画。

ジョン・トラボルタが悪役を演じていました。
けっこうもてる男や将校とか、良い役の
イメージが強かったのですが、この作品以降
悪役も多くなった気がします。

ここからネタバレあり
元軍人が核弾頭を盗んで、お金を要求するという
内容の話し。ジョン・トラボルタが演じる元少佐
がその核弾頭を盗んだ。

追いかけるヘイル大尉。ヘイル大尉とディーキンス
少佐は昔は友達だった。その二人が戦うことになった。
核弾頭がどうなるのか、ヘイル大尉が阻止できるのか
ハラハラする映画だったんですが。

結末を知っているとあまりおもしろくない作品でした。
スポンサーサイト

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。