movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワンス・アンド・フォーエバー
勝手に点数68点

2002年、洋画のアクション。歴史ドラマ。
メル・ギブソン、マデリーン・ストー、サム・
エリオット、グレッグ・キニア、クリス・クライン
など出演。ランドール・ウォレス監督。

実話ではありませんがベトナム戦争の雰囲気がよく
描かれているので歴史ドラマにします。これが出て
すぐの時は全く興味がありませんでしたがベトナム
戦争が描かれているのでかなり興味がわきました。

アメリカ人のくだらない戦争だと、さらに感じて
しまいました。ここで出てくるベトナム人の言っ
ていることは間違っていないように感じさせるくらい・・・

ベトナムがフランスから独立する戦争なども少し
描かれてる映画。ベトナムの悲しい事実であまり
物語の場合泣いたりしませんが、なぜか、泪が出
そうになりました。同じアジア人にひどいことをと・・・

この映画を観ると反米感情を抱きました。かと、
言ってアメリカと日本の関係を壊すわけにはいき
ませんが・・・アメリカ人のはそのくらいひどいこと
をしてきたと感じました。

ここからネタバレあり
この物語はメル・ギブソンが主役なのでアメリカ
人向けの物語なのでアメリカ人が感動するように
悲しむようにできています。

ここではアメリカ軍人の夫とその妻の物語。その
たくさんの夫婦は夫がアメリカにいる間はパーティ
をしたりして幸せに暮らしていました。それでか
わいい子供もいたりしていました。

が、夫がベトナム戦争へ行って、一転します。
アメリカ軍はベトナムの屈指の軍隊に全滅させられます。
それで妻たちの元には夫の死亡通知が届けられますが、
その死亡通知も一人の妻にまとめて送られて妻たちが
みんなな何十枚も配るという・・・

そんなアメリカ人の悲惨さを描いています。それで
ベトナム戦争で難航したアメリカ軍は戦闘機を導入
して北ベトナム軍を全滅させる空爆をしますが、
そこでもアメリカの戦闘機がアメリカ人を間違えて
たくさん殺してしまうというシーンも出てきます。
悲惨なベトナム戦争が描かれています。

アメリカ人もこのベトナム戦争を批判しているのでしょう。
スポンサーサイト

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。