movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
恥ずかしいお守りの行方(前編) / 名探偵コナン
2010年5月15日放映分。もののけ倉で
の事件を解決したコナン達。今回は服部平次
が用事で毛利探偵事務所にやってきていて、
ミツヒコたちに入知恵していた。

服部はどうやら人探しで東京に来ていたみた
いだった。国末照明という和葉の近所に住ん
でる大学生だった。和葉のお母さんがその国
末に間違えてお守りを渡したとか。

和葉のそのお守りを追いかけてやってきたよ
うだった。そのお守りは和葉にとって凄い大
切なお守りだったようだ。だから和葉は「お
守りのご利益で」と何回も言っていた。

次の日コナン達は国末の通っていた帝丹大学
へやってきていた。国末の居たテニス部へや
ってきた。今行方不明中で国末の下宿先へ行
ってみた。

そしたら居候していたみたいで、そこの住人
は気晴らしでどこか行くように言ったらしい。
その後国末から電話がかかってきて「つきが
回ってきた」と言っていたらしい。

和葉は蘭にお守りを探す理由を話した。その
お守りには平次の写真が入っていたらしい。
ちょっとして下宿先の住人と一緒に国末のい
るスポーツカフェへやって来た。

やって来ると、パトカーがたくさんあった。
そこには高木刑事が居た。殺人があったと言
う。その殺された人はどうやら国末だった。
それで平次は国末の写真を見せて「関係者だ
から殺害現場を見せてくれ」と言ってスポー
ツクラブへ入った。殺害現場はトイレだった。

スポーツクラブでは殺害時刻にクラッカーを
鳴らしていたらしい。その時にトイレからう
めき声も聞こえてきたとか。コナンは「もし
かしたら犯人が一発でわかるかもしれないよ」
と言った。

それで高木刑事が事件の説明をして、「簡単な
質問をしますので立って、目を閉じてほしい。
それで速やかにお祝いの証拠を持ってきてほし
い」と言うと。会場の人がしゃがみだした。

それで3人の人が立っていた。その理由はうめ
き声を聞いた店員がトイレを見に行ったと、そ
れが8時頃。その時にクラッカーを鳴らして、
証拠として鳴らしたクラッカーの紙くずを拾い
出したからしゃがんだのが証拠だと言う。

和葉は高木刑事に「国末からお守りがなかった
か」と言った。高木刑事は「ポケットに入って
たよ」と言った。和葉は「お守りはわたしのだ
から返して」と言うと。高木刑事は焦っていた。

服部がすかさず「国末さんは殴られて生死の境
をさ迷ってるのだからそんなのどうでもええや
ろ」と怒った。高木刑事が「同じポケットに財
布、携帯電話、お守りを入れてて、パンパンだ
ったんだよね」と言って不思議がっていた。

さっきの3人はクラッカーを鳴らしていなかっ
たので8時頃に会場に居なかった人だった。そ
の容疑者の一人、薩摩和雄、51才から事情聴
取が始まった。

薩摩は「8時にはまだ店に居てなかった」と言
った。薩摩はスポーツが好きだとも言った。薩
摩は相撲好きだった。蘭が和葉に「国末さんっ
て相撲<好きだったの」と聞いていた。「さあ」
と和葉は知らなかった。

次は春藤健吾、44歳の事情聴取が始まった。
春藤は「電話がかかってきて、クラッカーを鳴
らしそうで電話がちゃんとできるように外の電
話のできるところへ行った」と言う。服部は履
歴が残ってるいるかどうか聞いた。

3人目の久間拓哉、26歳だった。久間は「た
ばこを買いに行っていた」と言う。「いつも吸っ
てるたばこがなかったから外に探しに行ってい
た」と言う。久間はビック大阪のファンだった。

服部とコナンが事情聴取から何かに気付いていた。
スポンサーサイト

テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。