movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
漆黒の追跡者 / 名探偵コナン
勝手に点数65点

2010年4月16日放映分。東都タワーの報道が
されていて、コナンが何か準備をしている。少年探
偵団の誰かと電話で明日の時間を確認をしている。
コナンが外で何か音がするので出てみた。

すると外にはジンとウォッカが居た。コナンはジン
に捕まってしまった。ジンはコナンに「貴様と関係
した人がどうなるか」と言われて、蘭が殺されよう
としたところでコナンが目を覚ました。

夢の中だったようだ。工藤新一が自己紹介をしてい
る。それで小さくなった理由を話ししている。黒づ
くめの奴らに薬を飲まされ小さくなってしまったこ
とを話した。

続いて、黒づくめの組織のメンバー、ジン、ウォッ
カ、ベルモット、キャンティ、ゴル、シェリー。そ
の中のシェリーは灰原のことだと言う説明をしてい
る。そのシェリーがその小さくなる薬を作ったと。

それでシェリーもコナンと一緒に小学生に通ってい
ることを話した。コナンは黒尽くめの組織と関係す
るメールアドレスを調べていた。それは黒尽くめの
ボスのメールだと推測していた。

コナンは山でくわがたを獲っていた。どうやら木に
登れるのはコナンだけだったみたいだ。そして、少
年探偵団のみんながつきつぎとくわがたを見つけた。
その中に角にテープの貼られているくわがたが居た。

誰かが赤いスポーツカーで走っていた。そしたら、
その人は突然事故をしてしまった。すぐに近くにい
る人がかけつけてきた。殺人事件が起こった。毛利
小五郎、蘭、コナンが警視庁に来ていた。

毛利小五郎は「特別につれてきてやったんだからな」
と蘭とコナンに言っていた。そしたら高木刑事と、
佐藤刑事が向かえに来ていた。毛利小五郎は知り合
いと会った。横溝参悟と横溝重悟だった。双子でそ
の二人の名前に高木刑事が笑った。

その双子から荻野彩実という後輩刑事を紹介された。
次は大和と山村も現れた。山村は警部に昇進してい
た。横溝刑事がコナンのことを聞いていた。そした
らみんな、「コナンがいると事件が解決する」と言った。

白鳥警部が事件の説明をし始めた。連続殺人事件だ
ったようだ。事件の近くには麻雀パイがあったと。し
かもどの被害者も何かなくなっているものがあると
白鳥警部が説明した。

残されたアルファベットの意味とか、わからないこ
とがたくさんあった。松本警視がもとめを話した。
荻野がコナンを見て「あれが例の少年」と聞いた。
山村警部がカラスの歌を歌っていた。

コナンは反応した。山村警部は携帯でからすの歌の
音を出している人がいるのだと言った。コナンは窓
の外を見るとジンの車があった。黒尽くめの仲間が
捜査会議に来ていた。コナンはベルモットだと思った。

博士の家で博士と灰原に話した。誰かが「江戸川コ
ナン」で検索していた。コナンは事件のあったとこ
ろへ行って調べていた。被害者は誰、一人と麻雀を
やらないことがわかった。

目暮警部が「こんな時工藤君がいたら」と言ってい
た。そこへ大和の元へ電話が入った。大和が突然、
大きな声をあげた。その電話には米花市に容疑者が
現れるとの電話だった。

容疑者はフカセミノルだった。その恋人のところに
現れたと。恋人の名前がヨシイリサというスナック
で働いている女だった。コナンが学校の帰りで歩い
ていた。そんな時荻野の乗っている車を見た。

コナンはすぐに追いかけると目暮警部など来ていた。
ある女のを張り込んでいるようだった。コナンはす
ぐにきづいた。「フカセが現れた」と目暮警部が捜
査員みんなに告げる。

フカセの近くには子供がいたので子供から離れた
ところで捕まえようとすると山村警部がこけて、
フカセにバレてしまった。フカセはすぐに人質を
とって逃走しようとする。

コナンがタイミングを見てフカセにサッカーボー
ルを蹴りこんだ。フカセは捕まえたが、今度はヨ
シイリサがナイフを持って、フカセを助けようと
目暮警部を刺した。目暮警部はヨシイを説得した。

人質になっていた女が消えていた。コナンはその
人質の女を追っていた。コナンはその女に「帰っ
てもいいのか。ベルモット」と言った。ベルモッ
トは正体を見せた。

ベルモットは「被害者の中に黒尽くめの組織の仲
間が居た。その男が組織のメンバーのメモリーカ
ードを持っていたのだ」とベルモットは言う。ベ
ルモットは仲間を捜査官の中へ潜りこませた。

捜査官が誰かに化けている。そのコードネームは
アイリッシュと言った。シンドウスミレという何
か知っている人がいると連絡があった。すぐにシ
ンドウスミレの元へ向かった高木刑事。

ジンもシンドウスミレを狙っていた。高木と佐藤
の乗ってる車が黒尽くめの仲間に撃たれた。両輪
ともパンクしていた。遅れてシンドウのところに
到着するとシンドウは居なかった。

佐藤はすぐ鑑識を要請した。学校に誰かが忍びこ
んでいた。指紋を取っていたようだ。警視庁に潜
入している組織の男がいろいろと調べている。そ
の男の元にジンから電話が入っていた。

ジンと潜入している男が工藤新一の話しをしてい
た。蘭が洗い物を割っていた。シンドウスミレが
殺されていた。また、麻雀パイが落ちていたよう
だった。コナンが詳しくたずねた。

学校へ行くとコナンの作った粘土のイルカの背ビ
レがなくなっていた。灰原とコナンは黒尽くめの
組織の影を感じていた。一方佐藤刑事は「このパ
ンク事故は狙撃されたのでは」と高木に話した。

高木に「考えすぎだよ」と言われた。でも、佐藤
は捜査官の中に誰か裏切りものがいるのではと感
じていた。コナンは蘭と毛利のおっちゃんに黒尽
くめの陰が迫っていることに気付いた。

コナンはすぐ蘭に連絡をした。「メールも電話も
しないでくれ、危ない事件に関わっている」と。
コナンは今度は服部に電話していた。七夕祭りの
ことを聞いていた。

和葉は服部と「祭りに行こう」と言っていた。服
部は火事のあった祭りを思い出していた。コナン
はその火事を調べてくれと頼んだ。コナンは麻雀
パイの赤い印と火事に関連性を考えていた。

コナンはその時の記事を調べてミズタニという人
のところを訪れていた。ミズタニの隣の部屋の大
学生が現れて、ミズタニは今居ないと話していた。
その時の火事のことを詳しく知っていた。

ミズタニは泣いていた。ミズタニはもしかしたら
千葉にいるかもしれないと、ミズタニの兄の電話
番号をコナンに見せた。コナンは電話番号をメモ
した。服部が連絡してきた。

コナンはそのホテルのエレベーターの数を聞いた。
服部は調べに行った。それでその時火事で亡くな
った女性、ななこはエレベーターから降ろされた
ことがわかった。ななこは火事にあったのだと。

白鳥警部は被害者はみんな、七夕の日に京都へ
行っていたことがわかった。荻野が怪しい話し方
で会議で発言していた。佐藤はこの中で誰が潜入
者か探していた。

毛利小五郎がまた突飛な推理をして、みんなから
あきれられていたが、山村だけが納得していた。
そしたら横溝も賛同しだした。毛利はそれですぐ
に捜査へ行きだした。

少年探偵団はバスを待っていた。コナンの話しを
していた。京都に行っていると。コナンはミズタ
ニを探していた。それで彼女の家でその彼女の兄
と話していた。ミズタニは花を置きに来たと。

その兄はミズタニが妙な事を言っていたと。「許せ
ない者は8人。あと1人と」と言っていたと。少
年探偵団は博士の家へ来ていた。博士は・・・ビート
ルズの話しをし始めていた。

少年探偵団はみんな知らなかった。灰原が「お姉
ちゃんが時々聞いてたわ。昔の曲、好きだったか
ら」と言うと、博士は「昔の曲」と言われてショ
ックを受けていた。コナンはある神社に来ていた。

コナンは博士に電話していた。この殺人事件は北
斗七星をかたどって殺人が行われていた。ミズタ
ニコウスケはナナコとの思い出を思い出していた。
そして、火事の時の惨事も。

園子が京都の七夕祭りの報道を見ていた。七夕祭
りで浴衣を着ている少女がたくさん居た。コナン
はミズタニを探していた。少年探偵団が何かを探
していた。

どうやらカブトムシやクワガタにテープを貼った
犯人を探していた。そしたら少年探偵団は明かり
のついている家を見つけた。少年探偵団はその家
のところへ行った。テープの犯人がいると思って。

毛利小五郎が北斗七星の話しをしていた。殺人犯
は北斗七星になぞらえて犯行を行っていることを
目暮警部に話していた。博士が少年探偵団を連れ
帰ろうとすると灰原が止めた。

「あの家で何をしているか、調べてもいいんじゃ
ないの」と。コナンはミズタニを見つけていた。
それで北斗七星と北極星のことを尋ねていた。ミ
ズタニと恋人のナナコがよく見てたんだよねと。

目暮警部もミズタニを追い詰めていた。コナンは
「8人目の許せない人ってミズタニさんだよね。
だから、その毒の入ったワインを飲もうとしてる
んだよね」と言った。

コナンはミズタニに「自殺はいけないよ」と言う
と、「わかってる」とミズタニが答えた。「どうせ
俺は死刑だから」と言うと、コナンは「死刑には
ならない」と言った。

コナンは「実は殺したのはナナコさんのお兄さん
なんだよ」と。ナナコの兄、ほんじょうが現れた。
北斗七星と北極星になぞらえたのはミズタニに罪
をきせるためだった。

よく調べると、ナナコはエレベーターから自分か
ら出ていたのだった。優しいかったからからだ。
だから、7つの花束があったのだと、それはエレ
ベーターの7人が送ったものだった。

ホンジョウはナイフを持ってコナンを殺そうとし
た。そこへ松本警視がやってきて、ホンジョウを
取り押さえた。コナンが「やっぱりお前がアイリ
ッシュだったか」と言った。

松本警視はにやりと笑った。その通りだと言わん
ばかりに。佐藤刑事と高木刑事が本物の松本管理
官を見つけていた。アイリッシュはメモリーカー
ドを持っていた。

それからコナンと工藤新一の指紋のことを話して
「お前が工藤新一だと指紋を調べるまでわからな
かった」と話した。そして、ジンへの恨みも話し
始めた。

アイリッシュが慕っていた男を殺したことを話し
た。コナンはすぐに「ピスコか」と言った。驚い
た顔でアイリッシュはコナンを見た。突然、アイ
リッシュはコナンを蹴った。

アイリッシュは「あの方のところにボコボコにし
ないと信じてもらえないだろうからな」と言って。
そんな時蘭が来ていて、気を失った千葉刑事を見
つけた。その時コナンのうめき声が聞こえた。

蘭は慌てて、コナンを探しに行くと、倒れたコナ
ンが居た。そこへ松本警視が現れた。蘭が警視の
話しを聞くと、コナンが蘭に「逃げろ」と言うが
声が小さすぎて聞こえなかった。

蘭は「あなた、松本警視じゃないわね」と言って
蘭の目つきが変わった。そして、新一の言うこと
を思い出していた。「ライフル弾の速さは秒速約、
1,000mくらい。拳銃の速さは350mくら
い。約3分の1くらいなんだぜ」と言っていた。

「まさかお嬢ちゃん、拳銃の弾がよけられるのか」
というと蘭は「そうよ」と言ってアイリッシュの
撃った弾をよけた。しかし、アイリッシュは蘭に
攻撃をし始めた。

アイリッシュが変装をとって本当のアイリッシュ
の顔が現れた。コナンが突然逃げ出した。アイリ
ッシュはコナンを追いかけた。光の漏れる部屋が
あった。アイリッシュはにやりと笑った。

コナンはアイリッシュの背後をとって攻撃したが
アイリッシュには全く効かなかった。銃を撃って
コナンを殺そうとするアイリッシュ。そんな時コ
ナンはアイリッシュの銃を奪った。

「メモリーカードを渡せ」と言うと、アイリッシ
ュは「そろそろだな」と言った。ヘリコプターが
現れた。そのヘリコプターにはジンが乗っていた。
ジンとアイリッシュが電話した。

そんな時アイリッシュはジンに撃たれた。下を見
るとたくさんのパトカーが来ていた。だからアイ
リッシュは逃げ切れないから撃ったのだと。ジン
はアイリッシュの近くに人がいるのに気付いた。

それはコナンだった。ジンはコナンを殺そうとし
た。コナンは下へ上へと逃げた。そんな時キャン
ティが爆弾を投げてきた。コナンは逃げたがとう
とう逃げ場を失った。

コナンは近くに落ちていた大きなライトを見つけ
た。何か、考えが浮かんだようだ。ヘリコプター
がやってきた。コナンはライトにロープをつけて、
タワーから飛び降りた。

そして、下の階へ行き、そのライトはそのまま、
反動でジンのいるヘリコプターへ向かって行った。
命中したライト。一応、終わったが、蘭は怪我をし
て佐藤刑事に話していた。

コナンは蘭の元に行って、「新一兄ちゃんは無事、
事件は解決したから電話してきてもいい」と言う
と、「してきていい」と蘭は怒った。コナンはすか
さず、「してきてください」と言い直した。

博士と灰原とコナンは墜落したヘリコプターの話
しをしていた。「墜落したヘリからは何も見つから
なかったらしい」と。
スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。