movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
消えた名画の秘密 / 名探偵コナン
2009年5月30日放映分。元太が
ある誰も住んでいない大きな洋館をお
化け屋敷と呼んでその洋館の話しをし
ている。

それで「その洋館にいつの間にか誰か
見たことのないおっさんが居てる」と
話している。探偵団でその洋館を向か
うことにした。

元太とみつひこがあの怪しい洋館にわ
ざわざ引っ越してきたおっさんは怪し
いと言っている。灰原は新一の家に住
む沖の方が怪しいと言った。

探偵団がその屋敷に着くとそこの住人
と誰がもめている。その住人に「早く
出て行ってほしい」言っている。その
人は不動産屋だった。

少年探偵団はその住人に「どうして表
札がないの」と聞いた。表札の跡が残
って表札がかかってなかった。住人は
「表札はまだ出せないんだよ」と言った。

その次に日にその住人が病気で亡くな
った。少年探偵団はその住人のことを
調べることにした。そしたらここの住
人は庭の手入ればかりしていることが
わかった。

そこへ誰かがやってきた。「和田先生」
とその住人のことを呼んでいた。その
人は八神という画商だった。その住人
和田は絵を描くためにこの洋館を借り
ていたと言う。

その八神についてきた25歳の女、林
も居た。急いで和田が描いてた絵を確
保にしにきたようだった。少年探偵団
も洋館に入って行った。

あゆみちゃんが写真を見つけた。その
写真は和田の幼い頃の写真だった。和
田は「理想的な場所が見つかった」と
八神に言っていたようだった。

そこへ和田ともめていた不動産屋がや
ってきた。その不動産屋は獅子倉とい
う者だった。獅子倉は和田が亡くなっ
て「ラッキー」と言った。

どうやらこの洋館は獅子倉が次のお客
のために壊しにきたようだった。しか
し、和田の遺作があるからと言って、
八神が必死に探しだした。

少年探偵団も探していた。コナンが、
「ここには絵などないよ」と言ってい
た。散々探したが絵はなかった。それ
で獅子倉が「やっと家がつぶせる」と。

そこへ若い女性と老女がやってきた。二
人は「和田さんは」と尋ねてきた。それ
で和田は「今日当たり完成するから見に
きてくれ」と手紙で連絡してきたという。

若い女性を江口と言った。老女の方は高
藤さえ子と言う和田の叔母だった。その
老女は怪我してから自分が誰かわからな
くなっていたという。

生きている時に和田は「もうすぐ今作っ
ている作品が完成する」と言っていたと
言う。そんな時洋館の取り壊し作業が始
まった。八神が止めた。

八神が八日の中に作品を探し始めた。し
かし和田がどう考えても絵を描いている
ように思えなかった。突然少年探偵団が
走ってどこかへ行った。

それでみつひこが銀行の前へ来た。みつ
ひこは和田は洋館から穴を掘って銀行に
通じるトンネルを掘っていたのだと言い
出した。

コナンが何かを見つけた。それは写真に
書かれた、さえこ叔母さんの家というメ
モだった。コナンはこの家に高藤さえこ
がこの家に住んでいることがわかった。

和田は「さえこ叔母さんの家は凄く幸せ
な時だったと言っていた」と話していた
と、江口に話していた。コナンはその作
品は明日になれば完成すると話した。

次の洋館に来ると庭一面花でうずもれる
家だった。高藤が「ここ知ってる」と言
い出した。それで記憶をなくしてるはず
の高藤が話しだした。

それで記憶を思い出していた。表札を入
れてなかったのはサインのつもりだった。
絵とかには最後に自分のサインを入れる
ものだから。
スポンサーサイト

テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

闇の子供たち
勝手に点数90点

2008年、邦画、アジアのドキュメント
ドラマという感じです。江口洋介、妻夫木
聡、宮崎あおい、佐藤浩市など出演。邦画
のようですがタイ語の吹き替えがありません。

かなり衝撃的な作品でした。この作品は子
供、特に小学生は観ない方がいいと思える
ような作品。それは大人が子供を売春する
シーンがたくさん出てきます。

そういうことがメインの物語なので観るの
に避けて通れないくらいの作品です。そう
いうところがかなりショックでしたが、さ
らに生々しく描かれています。

「靖国」という映画の公開が規制されると
かされないとかという問題がありましたが、
その「靖国」の比ではないくらいの衝撃な
作品でした。

「靖国」がなぜ、国が絡んで規制したのか
よくわかりません。わりと日本人にとって
良い映画だったように思いますが、この作
品「闇の子供たち」は相当生々しく描いて
いています。

有名な原作みたいですのでリアリティとい
う言葉は似合わないかもしれませんが、と
てもリアルに描かれていました。しかも、
そのシーンがちょっと酷すぎるシーン。

そして、この物語の大きなテーマ、生きた
子供の内臓を日本人が買うという。しかも
その臓器を取られた子供はゴミ袋に入れら
れて捨てられてしまうというような・・・

本当にごみのように捨てられてしまう子供
たち・・・ちょっと目を背けたくなるシー
ンの連続でした。ここで出てくる臓器を買
う日本人が本当に居そうな日本人でした。

この映画でその日本人は「自分の子供がも
う死ぬのだから手術を受けさしたいの(そ
れでほかの子供は死んでもかまわない」と
いうような態度を取る母親。

今の母親たちに居そうな感じのする母親が
出てきて・・・お金でなんでも買えるし、
自分さえよければ・・・

そして、このことを知ってるタイ人は運動
をします。タイ人の方が良識人で日本人が
非常識になってる現実もここでは描かれて
いるように思います。

そして、結末は・・・実はよくわかりませ
ん。最後のシーンはサスペンスのようにな
っているのですが、その部分はちょっと、
よくわからないまま・・・

つまりはよく話しを観てないと結末がわか
らない最後も面白い作品。この作品でまさ
かそんな結末にするとは思わなかった作品
です。

【結末バレ】
主人公の新聞記者は子供を亡くしていた。
それはどうもここで出てくる売春してる人
たちにさらわれたのかもしれません。だか
らこの事件をずっと追っていたという感じ
でしょうか?

テーマ:アジア映画 - ジャンル:映画

MAIL①、②
勝手に点数55点

2004年、邦画ホラー。栗山千明など
出演。ドラマのような感じの作品でした。
山崎峰水原作。2巻完結の作品。

第一昇天、聖なる霊銃・迦冥土
第二昇天、一枚の絵
第三昇天、返して・・・私の・・・
第四昇天、学校
第五昇天、あけちゃ、ダメ!
第六昇天、ストーカー
第七昇天、カツミサン
第八昇天、見えない少年
最終昇天、約束

25分くらいのドラマのような作品です。
一話が短いのですぐに核心にせまる話しが
始まる。とてもチープな映像ですが、内容
はおもしろい作品でした。

かなり怖い感じの作品です。作者の才能を
感じます。主役のレイジを演じてるのが須
賀貴。いったい誰なのかわからないです。
美琴という助手の役を栗山千明が演じています。

霊の案件を受ける探偵、レイジ。その助手
美琴。いろんな霊をレイジの持つ霊銃で成
仏させるという物語。最後は意外な方向へ
進む物語。

不思議な力を持つレイジ。レイジは小さい
頃、目が見えなかったが、それは見ようと
しなかっただけそれで目が見えるようにな
ると・・・

霊が見え始めた。レイジはこのことを知っ
ていたのでわざと見なかったのだった。目
の見えない時に美琴と出会っていた。

レイジは美琴のことを思い出したくなく見
ようとしてなかった。また、小さくして白
血病でなくなった美琴もレイジと恋をして
レイジが恋しくてレイジの前に現れていた。

しかし、最後は美琴が病気でもうすでに亡
くなっていることを思い出す。そして、レ
イジの手、自らで美琴を成仏させた。最後
は切ない話しだった。

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

古き傷跡と刑事の魂 / 名探偵コナン
2009年5月23日放映分。時効を
3日前にひかえていた事件から犯人を
あおっていた平棟さんが殺害された。
高木刑事が聞き込みをしていた。

高木刑事は殺害者たちがやっていた麻
雀のお店へ行ってたいた。麻雀屋の店
主にいろいろ話しを聞いていた。殺害
者はよく事件の犯人を推理していたと。

そこである時みんな消えたことがわか
った。そこで殺害者達の推理にケチを
つける人がいたことを話していた。高
木刑事達は殺害者達が使っていた麻雀
牌を受け取った。

そこでそのケチをつけていた男の名前
は鬼保という男だった。目暮警部、松
本管理官が鬼保を追えと指示した。す
ぐに鬼保は確保された。

鍋井永貴に声を確認してもらおうこと
にしてもらった。コナンは殺害現場に
残されていた「E」、「S」、「W」の文
字のことがわからなかった。

さらに「CTRLキー」のこともよく
わからなかった。あゆみちゃんがPC
のマウスから猫を連想していた。コナ
ンは「この事件はもう終わっていた」
と思っていた。

コナンは佐藤刑事にそのことを話して
いた。「CTRLキー」と「マウス」を
持っていたことから「コピーキャット」
模倣犯の意味だった。

コナンは連続犯人は実は平棟だと言う。
そして、今起こってる事件は鍋井永貴の
模倣犯だと。高木刑事が鍋井永貴の家へ
行っていた。高木刑事は鍋井永貴に殴ら
れてた。佐藤刑事は高木刑事に電話した。

かかってきた電話を見た鍋井は佐藤刑事
を呼び出せと言ったが、高木刑事は携帯
電話をつぶして、佐藤刑事を呼ぶことを
阻止した。

間もなく鍋井永貴の家にたくさんの刑事
が来ていた。そのことに気づいた。鍋井
だった。高木刑事が鍋井の発砲を阻止し
ようとして撃たれてしまった。

すぐに外の刑事達に取り押さえられた。
撃たれた高木刑事のことを知って嘆い
た。高木刑事は実はポケットに入れて
いた麻雀牌に助けられていた。

弾が麻雀牌にささっていた。そのことを
知った佐藤刑事は安心していた。あの口
笛は「このままでいよう」という意味が
あった。

犯人の平棟は麻雀をしていた仲間とずっ
とこの推理大会をしたいという思いでそ
の口笛を吹いていたのだと言う松本管理
官が推理していた。

テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

ランドリー
勝手に点数60点

2001年、邦画のラブストーリー。窪塚
洋介、小雪など出演の映画。窪塚洋介演じ
るランドリーで働く青年とそこへ洗濯へ来
た女とのラブストーリー。

前にも観たことがあるのですが、その時か
ら小雪が出ているので期待をしてしまった
作品。最初に観た時は小雪のイメージをこ
の映画に求めてしまった作品。

小雪が出ているのできっと暖かい気持ちに
なれると思ってみると・・・「暗い映画」と
感じてしまいました。2回目は結末と映画
の雰囲気を知って観るとまた違った気分に。

一途な純愛を描いている映画です。そして、
映像が美しい系の映像。単におもしろい物
語を求めるとこの静かな雰囲気とちょっと
内容の暗さになれない作品。

しかし、窪塚洋介の演じる主人公のテルの
一途な愛と疲れていた女性を演じる小雪と
の純愛物語。最後はハッピーエンドなので
一応安心できる物語でした

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

ステラ
勝手に点数55点

1990年、アメリカのドラマ。さすがに
この古さだと知らない人ばかり出てる映画
でした。映像もかなり古い感じの映像でした。

ステラというタイトルからかわいいラブス
トーリーを想像してしまいましたが、実は
母と娘の愛の物語。

ここからネタバレあり。
ステラは酒場で働く人気の女性スタッフ。
ステラは性格はかなり大雑把で豪快な女性。
酒場ではお客にオーナーに大人気だった。

そんな酒場に一人の男が現れる。その男は
ステラを一生懸命誘うがなかなか誘いに乗
らない。いつしかステラとその男は恋人に
なっていた。

そんなステラに子供ができた。ステラはな
ぜかその恋人を振ってしまった。それから
ステラと娘との物語が始まる。ステラはそ
の娘を一生懸命育てた。

ステラの性格から娘が苛められる。そんな
時ステラは娘のことを想って、あっさり娘の
父親に渡してしまう。娘は納得いかなかっ
たわけでなかったが・・・

ずっと一緒に居たステラがいなくて寂しく
なる。娘も大人に、父親もステラを嫌って
たわけでもなく、単にステラがぶっきらぼ
うなだけだった。

最後は幸せな家族で終わる物語。でも、ず
っと好きだった娘の父親もステラのそんな
性格から再婚していたけれど。そういう強
い女性の物語という感じでした。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

アフタースクール
勝手に点数65点

2008年、邦画のサスペンス。大泉洋、
佐々木蔵之介、堺雅人、常盤貴子、田畑
智子など出演。初めはドラマなのか、ラ
ブストーリーなのかわからない作品でした。

アフタースクールは一体どう意味なんだろ
う。登場人物が学生時代にあった放課後の
出来事のこと?それとも卒業してからの学
校卒業後、その後みんなはみたいな意味?

学生時代の放課後ならラブストーリーのよ
うになるんですが、途中から友達を探して
事件に巻き込まれて、ヤクザが出てきたり
するところからサスペンスになった作品。

ここからネタバレあり。
この作品は最後の方に全部、種あかしをし
てしまう作品。それまでの物語はなんだっ
たんだろうとは感じないですが。

結末バレあり
結末は・・・大泉洋が演じる主人公の神野
が最初の方に同級生の島崎が偽者だって気
付いていたと結末で明かしたところで・・・

おもしろみのなくなってしまった作品。そ
れじゃ、主人公の神野は全部知っていた。
全部合わせてたという・・・

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

ねじ式
勝手に点数

55点

1998年、邦画のエロティックっぽい
映画です。ラブストーリーにもなりそう
です。浅野忠信、丹波哲郎、金山一彦、
藤谷美紀など出演。

丹波哲郎を久しぶりに見たのでちょっと、
懐かしく感じました。浅野忠信が若い時
の作品という感じでした。わりと有名に
なった人が出てました。

ここからネタバレあり
主人公は浅野忠信が演じています。どん
な人物かというとスケベな妄想ばかりし
てる若者。

それでいろんな人とSEXをするのです
が妄想の中なのか、映画の中の現実なの
かわからない作品でした。そういう世界
観をセピア色の映像で映している作品。

「ねじ式」タイトルから意味がわからな
い作品でしたが、結末で意味が出てきま
した。この映画ではとにかく、男は女を
求めて、いつも性のことばかり。

登場する女の人も男から男へ移って、
SEXをしまくるという。それで主人公
とやった人が今度は別の人とやって、そ
れを主人公が見てたり・・・

【結末バレ】
最後は主人公は女医さんとSEXをす
るのですが、その女医さんにねじ式の
レバーをつけられてしまう。

そのねじがついてからSEXしようと
すると体がシビレテしまうという物語。

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

モスクワゼロ
モスクワゼロ

勝手に点数65点

2008年、洋画のホラー。ヴィンセ
ント出演。ロシアが舞台の映画です。
ロシア映画にしたい作品ですが。ロシ
アの景色がとても良い作品でした。

ロシアの映画を少し観たいと思ってい
た時にこの映画がありました。地下に
古い建物があってそこは迷路になって
いた。

そこを確かめに行った一行だが、閉じ
込められしまった。そこに書き残され
た日記。それはシスターと呼ばれた女
性が書いたものだった。

その日記には悪魔が存在すると、そし
て、その悪魔と出くわしてしまった一行。
悪魔に寄って閉じ込められてしまい抜け
出せなくなってしまった。

仲間も次々に殺されていく。それで出口
を求めてその地下の建物を抜け出そうと。
地図があったので地図を見て建物の中を
見ていると。礼拝堂など大きな建物だった。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

TREE~死への扉~
勝手に点数69点

2002年、アジアのオムニバスの
ホラー。1話目「MEMORIES
(韓国)」、2話目「WHEEL(タ
イ)」、3話目「GOING・HOME
(香港)」で構成されたオムニバスの
ホラー。

どれも空気感が凄い作品でした。どれ
もストーリーがちゃんとあっておもし
ろい作品。個人的には好きな作品です。

ここからネタバレあり
1話目「MEMORIES」韓国作品。
韓国人の奇人的な発想はいつも驚かさ
れます。発想が怖い作品でした。

霊が何か知らせてくるのですが、霊を
見るという人の話し。簡単に言うと成
仏できてない幽霊の話しです。顔の怪
我した女性が出てくる・・・

一体何なのかわからない・・・
最後はこの女性が誰にどんな風に殺さ
れたのかという。幽霊の話しでした。

2話目「WHEEL」タイ作品。
この作品はタイの人形にかけられた呪
いの話し。それはまるで日本の雛人形
の呪いと良く似た話でした。

人形術師の師匠が死んでしまう・・・
その人形術師の師匠がかけた自分の人
形の呪い。その人形を持っていると死
んでしまうという話し。

この話しはタイの踊りや田舎町という
か、田舎の集落という感じの家など出
てきて、タイの違った町並みが出てき
たり、伝統的な衣装など、そういう面
でもとても良い作品でした。

物語は日本でもありそうな物語でした。
なんとなく懐かしい感じでシンプルな
わかりやすい物語でおもしろかった作
品です。この話単体なら60点です。

3話目「GOING・HOME」香港作。
この物語、凄い発想力でした。中国の人
は凄いことを考えるのでとても感心した
作品。とても新鮮な作品でした。

ただ、この物語は後半15分くらいにそ
の物語が描かれているので最後だけ観る
と良いんですが、最初の方はほとんど、
意味のない話しでした。

これだけ、最後の発想が凄かったので、
【ネタバレを】

とある夫婦が癌にかかる。夫は西洋医学
は行わないと自分で漢方で治療を始める。
ところが・・・

実はその夫は妻に漢方薬で助けられてい
た。そして、その夫は今度は妻を助ける
ため、漢方薬で治療を行っていた。その
様子を妻はビデオで残していた。

それでその時警察が見つけたその奥さん
は2年も経っているにもかかわるず、腐
敗してなく、髪が伸びた気配があったとか。
この発想力には驚きでした。

テーマ:アジア映画 - ジャンル:映画

パコと魔法の絵本
勝手に点数65点

2008年、邦画のSFファンタジー。
ジャンルに困る作品です。コメディーで
も良さそうな作品。中島哲也監督は「下
妻物語」の監督。

中島哲也監督の作品はアメリカにも引き
とらないSFファンタジーを作りだして
る監督です。凄い作品を作ったと思いま
す。個人的には凄い好きな作品です。

子供の観れるようになのかなんとなく観
てても観れる作品。映像がきれいのと、
子供っぽいけどおもしろい作品なので
大人でも観れそうだと個人的に思う。

出演者は役所広司、妻夫木聡、阿部サダ
オ、小池栄子、土屋アンナ、劇団ひとり
など数々の有名な人が出演しています。
その有名な人を惜しみもなくメイクでわ
からなくなるくらい顔が変わってます。

夢のあるテーマの話しをとても幻想的に
描いた作品。中島監督に次回も期待した
くなる作品。

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

新たな傷口と口笛の男 / 名探偵コナン
2009年5月16日放映分。20年前に
二人、15年前に一人殺人された事件。そ
の犯人は刀で松本管理官に目の上に傷を負
わせた。

一方、犯罪心理コメンテイター平棟は犯人
を挑発し続けた。コナンはあゆみちゃんの
住むマンションに来ていた。そのマンショ
ンには平棟も住んでいた。

コナンは高木刑事にすぐ電話していた。コ
ナンが口笛の男がこのマンションに来てい
ることを知って、平棟の部屋へ向かうと電
話していた。コナンは平棟の部屋へ着くと
平棟は死んでいた。

背中に「Z」の文字が書かれていた。それ
で高木刑事は例の連続殺人犯であると断定
していた。目暮警部も文字を刻んでいるの
でほぼ、例の犯人と推理していた。

佐藤刑事、白鳥刑事、千葉刑事もそれぞれ
報告していた。コナンは突然、コピー機を
仕事にしてる人が犯人だと推理していた。

それはPCの「CTRL」と「C」のキー
に血がついていたという。それで平棟の左
手に血が付いていなかったという。それは
犯人がコピーに関係する人だと言う。平棟
がわざわざ右手で残しているので死んだ平
棟のダイニングメッセージだと話す。

高木刑事が「コピーバンドしてる人とか」、
その時に「そんなバンドいっぱいあるぞ」
と松本管理官が入ってきた。それで森村と
いう刑事が殉職した時の話しをしだした。

その森村刑事が見たという。「犯人らしい男
が涙を流してその口笛を吹いていた」と言
う。その口笛の曲はその時一世風靡した曲
だと言う。

高木刑事が張り切って捜査にでかけた。そ
の張り切っている理由は佐藤刑事が「この
事件を時効前に解決したら温泉へ一緒に行
こう」と言ったことからだった。

これを知ったコナン達、少年探偵団。嫌味
を言う探偵団たち。そんな時車は被害者の
家についた。高木刑事とコナンが家で話し
を聞くことになった。

大きな病院の医者の大川さんだった。それ
で残された奥さんに平棟のことを聞いた。
知っていたがそれはTVのことを知っての
ことだった。

それで大川さんは殺される前に「くそ、泣
き虫。泣き虫って言いやがって」と酔って
ぼやいてたと話す。奥さんは「子供の頃の
友達と会っていたのでは」と言う。

次の被害者、理工学部、麦田さんの弟のと
ころへ行った。弟さんは「土曜の夜はよく
朝帰りしていた。それで奥さんが電話する
と怒って今医者行ってんだ」と話す。

その5年後に殺害された息子さんの家へ行
った。この事件がまだ、時効になってなか
った。その息子さんは犯行時に起きていて
知っていたと言う人だった。

その息子、鍋井永貴の家に着いた。会うと、
怒って高木たちを追い返した。高木刑事は
以前の目暮警部が話しを聞いてたことを話
しだした。

その時に話していたことは「ゆうべも親が
はねられて大変だったよ」と被害者の鍋井
弁護士が言っていたという。それでコナン
が気付いた。これらの言葉は麻雀用語だと。

それで麦田は本当はこう言ってたのに気付い
た「イーシャンテン」なんだと言っていたの
を麻雀の知らない人は聞き間違えただと。

残っていた資料で鍋井の息子もその時に「犯
人は麻雀用語を話していたこと」ことを思い
出していた高木。コナンは「待っていろ、口
笛の男俺がお前をつかまえてやるからな」と
つぶやいた。

テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

東京タワー
勝手に点数60点

~ オカンと、ボクと、時々、オトン ~

2007年、邦画のドラマ。リリー・
フランキー原作。オダギリ・ジョー、
樹木希林など出演の有名な作品。ドラ
マにもなった作品。

ドラマで作品を観ていただけに、結末
がわかっていて、なおかつ、ドラマと
比べてしまったのでこの点数に。ドラ
マの方がよかったと感じました。

まず、主役がオダギリ・ジョーの演技
が上手すぎて、かっこいい演技をして
いるのですが、ここの主役の息子はダ
メ息子。

だから、速水もこみちの弱い主役、演
技の方が合っていたと思います。それ
からそこぬけに明るい元気なオカンが
癌に侵されて、だんだんと元気がなく
なっていく役ですが、はじめは凄い感
情良く、明るく演技をし、病気になっ
ていくと体の悪い人を演じた倍賞千鶴
子の方がよかったと思います。

監督の意向なのか全体的にかっこいい
映画を意識したのか、登場人物をあん
まり表現しきれてなかったように思い
ます。もちろんドラマがあったので比
べれるのですが。

樹木希林はCMなどでおもしろい役を
演じているので倍賞千鶴子のようにで
きたと思うのですが、映画版では静か
な母親だったように思います。

最後はオカンが亡くなるというシーン。
どっちも素晴らしく悲しいシーン。でも、
いつかは別れなければいけないというみ
んなわかっていることですが、自分の母
親と、もしくは自分と重ねて観てしまい
ます。別れる瞬間は一体・・・と・・・

この映画のオカンは子供への愛情を深く
持っていて、すべては息子のために小さ
い時からささげてきたオカン。そして、
オカンのために尽くした息子。

凄い感動する映画です。東京タワーとい
うのは東京タワーがまだ、できるかでき
ていない頃に生まれた子供。ずっと、一
緒に東京タワーと生きてきたという感じ
の物語。

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

ヘル
勝手に点数55点

2003年、洋画のアクション。ジャン=
クロード・ヴァンダム主演の映画。サスペ
ンスのような作品。刑務所でアクション色
強い作品。

ここからネタバレあり
「ヘル」というタイトルを見てホラーを想
像した作品でしたが、刑務所での地獄さな
がらの生活という感じでした。

「ショーシャンクの空に」によく似た映画。
主役のカイルはロシアで働いていた。もう
すぐアメリカに帰れるというところで妻が
強姦され殺されていまう。

犯人を自力で捕まえたが犯人は富豪だった。
そのためお金で裁判官が買われて、犯人は
無罪に。カイルは納得いかなく犯人を自分
の手で殺してしまう。

それでロシアの刑務所送りに。刑務所では
毎日のように決闘が行われる。カイルはい
つしか刑務所で一番強くなっていた。しか
しこの刑務所では何人も殺されていた。

そのことを理不尽だと思っていたので、脱
走して、この事実を世間に公表しようと考
えていた。この物語の中で何回もカイルは
霊のようなものを見ていた。

これはカイルが刑務所での生活が厳しく、
苦しいから見たのか、カイルに霊感がある
のか、よくわからなかったですが、最後は
脱走することに成功。

アクションばかりだったのでほとんど決闘
を見てるような物語でした。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

過去を呼ぶ傷跡 / 名探偵コナン
2009年5月9日放映分。前回の続きで
お嬢様が宝くじで1億円当てた。それでそ
の宝くじを30年前に助けたもらった初恋
の人にあげたいという。

毛利小五郎にその人を探してほしいと依頼
に来たが、すでに候補の人が二人居た。一
方、目暮警部から一文字の傷のある連続殺
人犯がいることを聞いた。

そこにいる候補の人は胸に傷のある人、背
中に傷のある人。それともう一人執事の神
谷の背中にも一文字の傷があった。それで
3人の候補になったわけである。

また、容疑者も3人となった。神谷の背中
の傷は小さいものだった。その殺人犯は時
効まじかだった。その犯人はかなりの用心
深かったらしい。

乗り捨てられた車に指紋や、斬りつけられ
た傷の血痕すら出てこなかったという。そ
れでお嬢様を助けた少年は寿司と焼きそば
が好きであだなが「ガリ」だった。

コナンはここであることに気付いた。それ
はガリはしょうがのガリという意味。お嬢
様が「夜食の準備をした」と伝えに来た。
「それは寿司でない」とコナンが聞いた。

コナンは何やらお嬢様に話しをしていた。
そこへ執事も居た。執事の神谷の寿司も用
意されていた。ここで2人の候補は寿司の
タイが天然か養殖かで言い争いになった。

その時コナンが毛利小五郎を使って「天然
か養殖かはどうでもいい」と言った。候補
の二人は「これは重要なことじゃないか」
と言い返した。

「お嬢様の思い出の少年は間違えたおつり
を返しに行くくらい真っ正直な性格。それ
で今回の宝くじは人のもの、それを取ろう
している二人はその少年にあてはならない」
と毛利小五郎が言いはなった。

それから毛利小五郎は「疑問がある」と言
った。「小学生の時におった傷は15センチ
程度。傷は大人になっても成長しない」と
指摘した。

茶髪の男はガリガリだった。だからあだ名が
ガリだと。色黒はがり勉だったからガリだと。
毛利小五郎がこう言い出した。「実はその少年
は焼きそばにたくさんのしょうがを乗せて食べ
ていた。ジンジャーエールが好きで、パックの
寿司が好きだったと。それはしょうがが好きだ
ったのでガリというあだ名だ」と。

毛利小五郎は続いて、「その少年は神谷さんだ」
と言った。神谷も「宝くじの1億円も人のものな
ので受け取れないと言った。それでお嬢様は神谷
がその時の少年だと気付いていた。

お嬢様が神谷に毛利の背中を流さるのは毛利に
神谷を見つけるためだった。やっと神谷はお嬢
様に名乗り出ることになった。それで傷のある
二人は出て行こうとした。

すぐに目暮警部が入ってきた。「連続殺人の犯
人がここに居て、そいつには傷がある。そいつ
に興味がある」と。すぐに松本管理官も入って
きた。

それですぐに「今回毛利のメールで犯人がわか
った」と。「普通だったら傷を負うと人は傷を手
で抑えるはずだかこの犯人は抑えなかった。だ
からルミノール反応が出なかったのだ」と。

「それはその犯人は手が届かなかったのだ」と。
「つまり犯人は背中に傷のある茶髪の男、楠本
だった。背中にある傷は手が届かなかったからだ」
と。松本管理官が楠本を責めた。

「それでその犯人は口笛を吹いていた」と。楠本
は「その犯人に真似たのだ。口笛はその時に流行
ってた歌だから」と言った。取り調べたところ、
楠本はその事件があった時海外に居た。

楠本はサウナであった男の武勇伝を聞いて真似を
したと話した。その時にその犯人に警視が殺され
ていた。その人は目暮警部が刑事のいろはを教わ
った恩人だった。目暮警部はやっきになっていた。

その時その殺された森村警視が言っていた。「松
本、この事件には何かある」と。松本管理官は、
「何があると言うのだ、森村」と森村警視に問い
かけていた。

高木刑事と佐藤刑事がいちゃいちゃしていた。少
年探偵団に見つかった。佐藤刑事が「時効までに
その犯人を捕まえたら一緒に温泉へ行こう。わた
しを温泉へ連れて行って」と高木刑事に言っていた。

コナンはすぐにその時の様子を聞いていた。最初
の事件は20年前、被害者は医者の大川さん。凶
器は大川さんが所持していた日本刀。次に殺され
たのが帝都大学、理工学部の教授、麦田さん。凶
器は同じ日本刀。それからその事件を追っていた
刑事さん。そしてその5年後、ナベイさん。ナベ
イさんはスタンガンで失神させられた後包丁で殺
された。

5年後の事件がなぜ、同一犯だと思ったのか、高
木刑事と佐藤刑事に聞いていた。丁度そのことを
話しているTVがやっていた。TVで挑発してい
た。そのTVの人はあゆみちゃんと同じマンショ
ンだと言う。

灰原が「エントランスで妙な男とすれ違った」と
言った。それで口笛を吹いていたのだと。コナン
はTVのヒラムネさんの挑発に乗って犯人が出て
きたのだと思って焦って出ていったコナン。

テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

ドラゴンキングダム
勝手に点数80点

2008年、香港のSFファンタジーのような
アクション映画。出演はジャッキー・チェーン、
ジェット・リーと香港の2大スターがアクショ
ン映画を作った凄い作品。

厳密にはアメリカ映画のようです。香港の中国
返還で香港が中国になったためジャッキーはア
メリカへ移ったとか。それで厳密にはアメリカ
映画になります。

しかし、出演者のほとんどがアジア人。ですの
でかなり香港っぽい映画です。というか香港映
画そのものです。凄い良かったと感じたのは昔
に観たジャッキー・チェーンを思い出しました。

「酔拳」でジャッキー・チェーンがブームを呼
び、その時はジャッキー・チェーンが教わる方
でしたが今回は伝授する側になって、昔のジャ
ッキー・チェーンが帰ってました。

あの時のジャッキーが帰ってきたみたいでかな
りうれしいです。久々にあの時の感動を想い出
しました。

ここからネタバレあり。
主人公はアメリカの高校生のジェイソン。この
ジェイソンが西遊記の世界へ行き、ジャッキー
とジェット・リーが演じる二人の師匠の元でカ
ンフーを教えられる。

その昔孫悟空が石にされ如意棒がジェイソンの
手にある。しかし、この如意棒を狙うものが現
われ、孫悟空を生き返らせるために旅する。如
意棒を狙っているのは将軍だった。

ジャッキー・チェーンとジェット・リーのカン
フー満載のジャッキー好きにはたまらない作品
でした。個人的に大好きな作品です。久々のジ
ャッキー爆発という感じです。

テーマ:香港映画 - ジャンル:映画

スコーピオンキング2
勝手に点数70点

2008年、洋画のアクション映画。歴史
ドラマ色の強い映画です。ジャンルに凄い
困ってしまう作品。ハムナプトラシリーズ
の特別編という感じの作品です。

ハムナプトラの悪役だったスコーピオン・
キングがヒーローとして登場した物語。だ
からギリシャ神話を題材にしたストーリー
は歴史映画としても観れる作品。

ハムナプトラ3でなぜ、中国へ行ったので
しょう。けっこうなぞですが…4は南米の
遺跡が舞台とか。歴史に沿って作られては
いますが、けっこうフィクションのよう。

ハムナプトラ、スコーピオンキングは好き
なので意見はたくさん出てきます。凄くお
もしろい作品です。スコーピオン・キング
は特に歴史に入り込んだ物語に。

ネタバレあり
この物語ではスコーピオン・キングがまだ、
若い頃の物語のようです。神話のこともよ
く出てきます。

そのせいか神の世界の物語。神が現われ、
戦況を左右したり。主人公はマサイヤスと
言う若き日のブラックスコーピオンという
民族?戦士?に居た人の話しです。

古代ギリシャ、メソポタミア、エジプトと
古代の世界の物語。フィクションとは言え、
凄いおもしろい作品です。伝記の実在した
人の物語だと難しくなるのですが。

このスコーピオン・キングシリーズはおも
しろくつくられていて、観ててとても良い
作品です。今回も凄くおもしろかったです。
次回作もある終わり方になっています。
次も楽しみな作品。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

象の背中
勝手に点数70点

2008年、邦画のドラマ。役所広司、
今井美樹、井川遥など出演。最近多い
癌をテーマにした映画。凄い多いので
マンネリと感じつつ。

ネタバレあり
初めから癌が発病という。最初から闘
病という濃い話し。役所広司が演じる
父親は家族に話す必要があった。

しかし、役所広司演じる幸弘は家族に
なかなか話せないでいたが息子だけに
は話していた。そして、不倫の相手も
知っていた。

そんな幸弘は初恋の相手に会ったり、
学生の時の友達に会ったりしていた。
その度に癌の告白をしていた。

そんな時昔取り引きしていた会社の社
長と出会う。それで会社が取り引きを
止めその会社をつぶしてしまったこと。
それを全部知っていたことを告白した。

その元社長も癌だった。その社長は幸
弘を蹴り倒した。それは幸弘の気持ち
を助けることになった。

それから死を前にして人がすることを
描かれています。最後の妻と手紙を交
換するところは感動もんです。

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

絶叫編(下)ぎぃ / 怪談新耳袋
勝手に点数65点

2008年、邦画のホラーシリーズもの。
絶叫編上に続き、怖い物語でした。最後ま
で「ぎぃ」というのは一体…なんでしょう。
原作者のイマジネーションが飛んでる作品。

ここからネタバレあり
とある大学で心理学を学ぶ女の子の生徒。
ある時先生から家庭教師のアルバイトを持
ちかけられる。それで引き受けることに。

その家庭教師の生徒は幼稚園の子供。その
子供の母親に子供の生活のことについてい
ろいろと指示を受ける。その母親は仕事が
忙しくて子供のことを何も知らない人。

その子供はその大学生の先生のことを「お
姉ちゃん」と呼ぶ。それでいきなり「ぎぃ」
のことを話す。「ぎぃ」は壁の上の方にある
入り口から来るんだと言う。

ぎぃ…とは一体。化け物のたぐいのものだ
と言うことはわかるんだけど…ある時その
子供にケガさせられたと言う子供の親が怒
鳴り込んでくる。

それで子供のことを大学の先生に話すと大
学の先生が子供も連れてくるように言われ
て会わせると、先生は診断を始めた。先生
は正常な子供だと診断する。

子供は先生とそのお姉ちゃんの話す姿を見
て、お姉ちゃんが笑っていた姿を見て、先
生に嫉妬した。ある夜先生は火事でなくな
ってしまう。ぎぃに殺されたのだ。

子供は先生が火事で亡くなったことを知ら
ないのに火事で亡くなったことをお姉ちゃ
んに話す。お姉ちゃんは不思議に思い、子
供を問い詰めた…その後…ぎぃが現われる
ことに…

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

絶叫編(上)ぶぅん / 怪談新耳袋
勝手に点数65点

2008年、邦画のホラーシリーズもの。
このシリーズは前も観たことがある物語
です。その時から凄いホラーでした。今
回も期待して観ると。

期待通り凄い怖かったです。このシリー
ズ、前に観て次の作品かどうかはわかり
ません。その間他に作品が出てたかもし
れません。

最近ホラー映画もたくさん出てるのです
がなんとなくマンネリというよりゾンビ
系にいってしまうというストーリーの作
品がとても多い。

ゾンビ系はわかりやすいストーリーなん
ですか同じようなものが多くおもしろみ
を感じなかったので久々に観た「怪談新
耳袋」。やはり、凄かったです。

期待した通りの物語。言ってしまうと、
最後の最後の結末がちょっと貧弱でした。
しかし、怖さは凄い作品でした。怖くて
観れないくらい。

ここからネタバレあり
撮影に来てる集まり。どうやらホラー映
画を録ってる様子。それで田舎の寂しい
町へ来ていた。

それでそこで出会った不思議な出来事の
連続。その一行はと夜にとある廃墟で撮
影していた。そしたらスタッフが居なく
なっていく・・・

それで撮影を続けていると…電気が消え
た。ブレーカーが落ちたのだと思って、
ブレーカーを戻しに行くと…怪しい男が
現われて…電気が戻って点くと回りでは
男はみんな倒れていた…

女監督、主人公も女性だったので生きて
いたが、二人とも建物から逃げようとす
ると…結末までいくことに…

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

アヒルと鴨のコインロッカー
勝手に点数65点

2007年、邦画のサスペンス。浜田岳、
瑛太、大塚寧々など出演。初めはドラマ
のように感じた作品。よくあるドラマの
ように思ったのですが・・・

ここで出演している浜田岳が良い感じの
演技をしています。彼でなかったらこの
物語はつまらない作品になってかもしれ
ない作品。

浜田岳が明るい雰囲気にして、暗い物語
にやわらかさが出て良くしていました。
雰囲気でけでなく、演技もよかったので、
この物語に優しさが出た思う作品。

また、大塚寧々がペットショップのぶっ
きらぼう店主を演じていました。ぶっき
らぼうにしては人情のある人を演じてい
ました。

大塚寧々の経験ある演技もとてもよかっ
たと思います。瑛太のところは演じれる
人がむしろ多い感じる。かっこいい人よ
り周りがとても良いと思える作品。

ここからネタバレあり
ブータンから来たドルジ。ドルジは日本
語があまりできないまま日本に来て、大
学に通い始めた。

そんな時琴美という英語を話せる女性に
助けてもらう。ドルジは琴美が昔付き合
っていた河崎という男に日本語を教えて
もらった。琴美は良く思ってなかった。

そんなある時ドルジと琴美が公園を通っ
ていると動物を殺している若者3人に出
会う。それは以前にも動物殺しがあった
者達だった。

琴美はペットショップで働いていたので
そんな3人組が許せなく、思わず声を出
してしまった。その時は逃げれたが、そ
の後彼らから脅迫があった。

それで琴美とドルジが警察を呼んで彼ら
を追い詰めたが…琴美は彼らの乗った車
にひかれてしまう。ドルジはショックだ
った。

椎名を演じる浜田岳、椎名は河崎からこ
の話しを聞いたが・・・どんでん返しが。
作者はこの作品の映像化が難しいと。こ
のどんでん返しがあるから。

最後はボブディランの歌は神様と言う。
その歌をラジカセで再生さしたままコイン
ロッカーへ入れる。ドルジも椎名も好きな
ボブデュランの歌をロッカーへと言う意味。

アヒルは外国人、鴨は日本人、アヒルと鴨
のコインロッカーという意味なんですが。
アヒルも鴨も好きな歌はコインロッカーの
中という意味なんですが…この物語難しいです。

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

光州5・18 韓国国家が隠した真実
勝手に点数69点

2008年、韓国の歴史ドラマのような
感じの映画。出演者はあまり知らない人
ばかりです。韓国の俳優、女優をあまり
知らないです。

1980年に韓国で起こった学生運動。
壮絶は映画でした。1980年にこんこ
とが起こっていたのが衝撃的でした。意
外とつい最近の話しに驚かされました。

朝鮮半島での南北戦争後すぐくらいの出
来事かと思いました・・・とても壮絶な
話しです。軍が国を支配するとこんな結
末をむかえてしまう。

韓国映画お得意の最後は悲惨な話しにな
るのは始まってすぐ感じました。終わり
方はまた、悲しくなるんだろうと予期し
ているとその通りの結末に・・・

ここからネタバレあり。
キレイな容姿端麗な女性、シネ。そのシ
ネに恋をしたジヌ。ジヌはこの抗争で弟
を亡くした。

シネは看護師をしていた。シネの父は軍
幹部。しかし、その父がこの抗争の指揮
をとることに。民衆を助けていたシネ。
しかし抗争が激化してみんなと別れた。

シネの父とジヌは抗争の中心をしていた。
シネの父はジヌのシネへの想いを知ってい
たのでシネの幸せを願ってジヌに一度抜け
るように言ったが聞かなかった。

【結末バレあり】
軍が抗争者たちのいる建物を取り囲んだ。
シネの父はジヌをだまして建物から追い出
した。「武器を捨てて捕獲されない」と、
間もなく、シネの父は射殺される。ジヌも
軍に取り囲まれ、武器を捨てなかった

最後は仲間のみんなを想ったジヌも殺され
てしう・・・最後は一人残されたシネ。
韓国のお得意な凄い悲しい切ない物語でした。
韓国の社会派映画はおもしろいです。

テーマ:韓国映画 - ジャンル:映画

変身
勝手に点数50点

2005年、邦画のサスペンス。玉木宏、
蒼井優、釈由美子出演の作品。玉木宏、
蒼井優という今絶好調な女優、俳優が出
演していたので期待した作品。

玉木宏はこの作品ではアウトローな役を
演じていました。しかし玉木宏と言えば
ラブストーリーで主役をいつも演じるよ
うな俳優。

だから、こんな役はあまり似合わなかっ
た。それは台詞の言い方とかがどうして
も悪い人を演じれないという感じでした。
とにかく優しい役の似合う俳優だと。

ここからネタバレあり
この物語は銃で頭を撃たれた主人公。そ
の主人公は脳を移植してもらって一命を
とりとめる。

しかし、主人公は移植を受けた人の性格
が出てくる。それは凄く乱暴な性格だっ
た…実はその脳の持ち主は主人公、純を
撃った犯人だった。

ここからこの物語をつまらなくなった点
なんですが、もちろん、物語にこんなこ
とを思っては物語をみてはいけないとわ
かっているのですが…

主人公も撃った犯人もどっちも優しい性
格の持ち主。ここで主人公が悩む荒れた
性格にはならないはず。だから移植され
た脳の性格が出てきというのが変な感じ
がしました。

最後は自滅していく方向に進んでいく
のですが、撃った犯人も本当は前向き
な真面目で優しい人だった。ここが気
になってしまっておもしろく見れない
作品でした。

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

「喰らう家」「霊視」
勝手に点数65点

2005年、邦画のホラー。島邑みか出演。
正直誰かわからないです。この映画の情報
は全くありません。パッケージ頼みになり
ます。出演者は知らない人ばかりです。

観てみると案の定、チープな映像でした。
ハズしたって思いました。家庭用のカメラ
で録ったような凄いチープな映像、音楽、
でもせっかくなので観ることにしました。

確かに知らない出演者、安い撮影。しかし、
怖かったです。幽霊の映し方や物語がなか
なか良かったです。霊感のある人が実際に
見えるような映し方でした。

霊感のある人が霊を見た時の見え方もTV
で近い見え方というのでホラー映画を例に
した時に「こんな風です」というのを基準
にしてます。

それでその時話していた感じで出ていまし
た。しかし、この映画の怖いところは襲っ
て来るのです。怖い・・・

ここからネタバレあり
とある家に引越ししてきた夫婦。夫婦は良
い家だと気に入ってたのですが、引越しし
てきて一日目から何か異臭が。

それで水道屋に来てもらって水道を見ても
らうとパイプから髪の毛が・・・それは住
人の奥さんのものではないもの。それから
幽霊が出没。最後は・・・
それでまた新しい住人がやって来る。

2話目「霊視」
もう一つチャットで話しをしてる人たち、
その中でオダサンっていうサラリーマンは
会社をクビになって家族にバレれないよう
に朝スーツを着て出ていく。

しかし、このオダサンは自殺をしようとし
たことのある人。そしてある時みんな集ま
って自殺しようとした・・・集団自殺をし
ようとしたのだった。

なんとも恐ろしくリアルな2話目でした。
最後はみんな自殺しないで前向きに生きて
いくのですが・・・自殺はしないようにと
いうメッセージがあるように思えます。

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

ライラの冒険 黄金の羅針盤
勝手に点数65点

2008年、洋画のSFファンタジー。
ニコール・キッドマン出演。緒方拳が吹
き替えの声?かわいい動物たちがたくさ
ん出て来る作品。

CGの発展がこんなに凄い良くなったと
は思いませんでした。凄い躍動感ある動
物たち。しかもこの作品に出て来る動物
達は凄いかわいいのです。

ここで、ダイモンという守護神がいるの
ですが、そのダイモンは動物ばかり。そ
のダイモンがかわいい動物に。この作品
は子供向けの作品?

しかし、そんな子供のものだけと思えな
いおもしろい作品でした。二コール・キ
ッドマンが嫌な人の役をしていました。
一応主人公の母親という役。

驚いたのが吹き替えで観るとライラを助
ける強い白クマの声をどうやら緒方拳が
やっていたようです。亡くなる前にいろ
んな作品をやっていたみたいです。

この作品は3部作とか。これ以降の作品
でよろいクマの声が変わってしまうとい
うことに。また、この作品の続編は金融
危機で無期限延期になっているようです。

ここからネタバレあり
ライラはおてんばな女の子。大人の言う
ことを全く聞かない子。ライラにはかわ
いいカワウソのダイモンがついていた。

そんなおてんばなライラに学長が黄金の
羅針盤を渡された。その羅針盤は嘘を見
抜く力があるらしい。その羅針盤を見た
ライラの母、コールター夫人。

コールター夫人はライラのことを凄い気
にしているがよくないことを考えている。
ライラのもらった黄金の羅針盤を見て、
何か気にし始めた。

ライラは母の元も逃げ出して、北極に旅
へ出る。そこで出会ったヨロイクマ。ヨ
ロイクマはライラの勇敢さに心をうたれ、
ライラを助けることにした。

ライラは母親がたくらんでる。子供達を
監禁している建物に辿りついた。ライラ
はそこの子供達を助けた。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

蛇にピアス
勝手に点数49点

2008年、邦画のドラマ。吉高由里子、
高良健吾、ARATA出演、金原ひとみ
原作、蜷川幸雄監督の作品。原作は芥川
賞受賞作品。

以前にも蜷川幸雄の作品を観たのですが、
いまいちでした・・・1回目だったら普
通の評価をしてもいいように思ったので
すが、こう続けて駄作を作ると・・・

原作の「蛇にピアス」自体は凄い期待し
ていた作品だったのですが、蜷川幸雄が
描いたのがちょっとよくなかったように
思います。

この人が描くと退屈で暗くて、それで今
回、ちょっと考えてみました。おもしろ
い作品に比べ、無駄なカットが多すぎる
のでどうしても暇な時間が増えてしまう。

それでいて、全体的に暗く・・・映像を
観ているうちに次の展開がわかってしま
うのでまた、暇が生まれてしまう・・・
ほんとに鬼才?

ただ、この作品は蜷川幸雄しか映像化で
きないのも確かです。ヌードシーンがた
くさん出てきます。女優はなかなか引き
受けれない仕事だと思います。

有名な女優が出ていても脇役だったり、
蜷川幸雄といえばロマンポルノ時代の監
督さん?ちょっと年がその頃の録ってい
た監督にしては若いように思えますが。

SEXシーン、しかもSM・・・これは
なかなか録れないと思います。それとも
この監督がただ単にこんな作品を録りた
かっただけ。

ここからネタバレ
ギャルと呼ばれる娘がタトゥーを入れる
話し。それで付き合ってるパンクな彼氏
と刺青師と二股をかけてる娘の話し。

彼氏の名前、年齢など知らず付き合って
いた。そんな時彼から舌にピアスをつけ
るよう勧められる。その後その店主はタ
トゥーも入れていた。

ノーマルなSEXをする彼氏とアブノー
マルなSEXをする店主、二人と関係を
もってしまうギャル。いつしかアブノー
マルのSEXしかできなくなってしまう。

そんな若者の世界を描いた物語。監督を
変えてちゃんと観たい作品でした。

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

XXX エクスクロス 魔境伝説
勝手に点数51点

2007年、邦画のホラー。松下奈緒、
鈴木亜美、中川翔子、池内博之、小沢
真珠、岩尾望など出演。松下奈緒の出
演で期待した作品。

そこそこの女優が出ていたのでおもし
ろい作品かと思えば…いまいちの作品
でした。あえて、言うならゾンビ系の
作品。グロイシーン続出。

中川翔子が映画の世界に来てるのがな
ぜか期待してうれしく思う。ホラーと
中川翔子、とても合っているように思
います。

また、うれしい人が小沢真珠、凄いき
れいな顔をしているのに今回もロリ系
の姿にはさみを持って襲いに来るとい
うキャラクター。

最後に松下奈緒、正統派の女優と思え
ばここでこんな役を演じてしまいまし
た。とりあえずは主役だったので良か
ったということで。これからとても期
待してる女優。

わりと良い俳優、女優がそろっている
映画なのですが…ゾンビ系。小沢真珠
が演じる危ない人が襲ってくる。その
時の演技がまた凄い。

ここからネタバレあり
物語がはじめから露骨な霊が出ますよ
と言わんばかりの看板や変な人がいき
なりはじめから現われました。

その舞台になる村が阿鹿里村…あしか
りと読みます。あしを刈る伝説のある
村での出来事。松下奈緒演じるしおり
の足を狙われ襲ってきます。

しおりの持つ携帯電話にいろんな人か
ら電話が入る。なぞの大学講師ものの
べさん、友達のあいこなど。誰が見方
で誰が敵が全然わからないストーリに。

洋画でよくあるパターンの物語。出て
いる人がよくてぎりぎり観れた作品に
思います。

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

シャッター
勝手に点数69点

2008年、洋画のホラー。奥菜恵出演。
落合正幸とが監督をした映画。他ジョシュ
ア・ジャクソンなど出演。アメリカ製作の
映画ですが日本が舞台の映画。

この作品のおもしろいところはアメリカ人
に向けた凄く日本の香のする映画です。原
作はアメリカですが日本人が監督している
ので霊の映し方日本らしかったり。

英語でスピリットというと精神、ここで知
ったのですが、霊を意味する英語のようで
す。いつもスピリチュアルホラーとかを好
んで見てたのですが。

ここからネタバレあり
奥菜恵はめぐみという霊の役を演じていま
した。この映画でハリウッドデビューとか。
あまりピンとこないデビューですが。

主人公はジェーン、その夫、ベン。ベンは
仕事で日本でカメラマンをしている。その
ベンとジェーンは日本で生活をし始めた。
ジェーンはある時車で少女をひいてしまう。

しかし、その少女は居ない…ジェーンは確
かにひいたのにと…ベンは仕事で写真を撮
っていると写真に白い煙のようなものがた
くさん写りこんでいる。

ジェーンが知り合いの日本人に聞いてみる
と、それは心霊写真だと言う。ジェーンは
いろいろ調べてみる。やはり霊が近くに居
ることを知るジェーン。

調べていくとベンには昔日本人の恋人が居
たことがわかった。どうやらその恋人が現
われているようだった。それでベンの元恋
人の家へ行くともう死んでいた…

死体は家に置かれたままだった。ある時ベ
ンの友達、ブルートが自殺した。いよいよ
自分達の番だと思ったジェーン。そんな時
ベンはアメリカへ帰ろうと言った。

【結末バレ】
ジェーンが霊のめぐみを調べていく。そん
な時ジェーンはベンの撮った昔の写真を見
つけた。

その写真にはめぐみが強姦されてる写真だ
った。その中にブルートの姿があった。写
真を撮っていたのはベン。ベンとめぐみは
恋人だったのに…

それでブルートは呪い殺されたようだった。
そして、ジェーンはめぐみにベンが悪い男
だということを知らせにきていたことを知
った。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

初恋の傷跡 / 名探偵コナン
2009年5月2日放映分。毛利小五郎が
事務所で競馬を見ている。毛利小五郎は今
から結果の出る馬券を握っている。「毛利探
偵事務所の未来のために」と言って。

蘭が「どこかの名家のお嬢様が宝くじで1
億円が当たったとか。それでこの宝くじを
そのお嬢様が子供の頃に交通事故にあった
時に自分をかばって大ケガをした少年に宝
くじをあげたいと。でも、お嬢様はその事
故の時に目をケガをして視力を無くしてし
まった」と蘭が話す。

そんな時にそのお嬢様が毛利探偵事務所に
入ってきた。その時の少年はケガをしてT
シャツに血の一文字ができていたという。

二人の人が名乗り出てきたと言う。それで
毛利小五郎にどちらが本当の人か調べてほ
しいと言う。そのお嬢様の執事神谷がその
詳細を話した。

茶髪の男と色黒の男が名乗り出てきたと言
う。茶髪の男は背中に一文字、色黒の男は
胸に一文字があったと言う。お嬢様はその
少年の思い出を話した。

「浜辺に出会って毎日遊んでいた。その少
年は魚に詳しく、いつもジンジャーエール
を飲んでいた」と言う。その時にトラック
事故にあったと言う。

蘭はTVでこのことを知っていた。「ガリ
君と言うんだよね」と言う。すぐにその
人の屋敷へ行った。「みんなで食べる食事
は楽しい」と話したお嬢様。

そんな時その少年だったと言う楠本が「若
干一名場違いな人がいる」ともう一人のそ
の少年だったと言う伴場に向けて話した。
もちろん伴場は怒った。

「毛利小五郎が判断してくれるだろう」と
話したお嬢様。毛利小五郎は「後で面談し
ます」と話した。コナンが窓の外を見ていた。

コナンは「誰かに見られてる気がする」と。
毛利小五郎、30年前の話しを聞いていた。
しかし、どっちも同じことを話す。それは
TVで事細かく話していたという。

コナンは屋敷の外へ出て行って、「誰だ」と
言った。そしたら高木刑事と千葉刑事が居
た。「張り込みだよ」と言って、目暮警部が
現われた。

その後すぐに「わしの顔の傷をつけた星の
山が来ている」と話して松本警視が現われ
た。松本管理官は犯人は刀で目の上のとこ
ろに斬りつけてきたという。

しかし、その後刀を奪い取って体に一文字
に斬り返したと言う。それで松本管理官は
「TVで放映した時その時の犯人が来てい
ると思った」と言う。

毛利小五郎がすぐにこのことを蘭に告げる
と、「15年前の連続殺人犯が来ている!」
と蘭が焦った。「その犯人も脇から脇へ傷が
ある」と言う。

その犯人はその時いつも吹いてた口笛があ
ると言う。松本管理官はその口笛をことを
聞いてほしいと言う。執事の神谷さんが、
「お風呂が沸いた」と伝えてきた。

コナンは蘭にどんな人か聞いた。「お嬢様
は誰かわかっているような気がする」と言
っていた。毛利小五郎が風呂に入っていた。
そこへ二人の男がやってきた。

二人の男は「何かヒントを掴んだか」と毛
利小五郎に言った。毛利小五郎は口笛のこ
とを聞こうとしていた。

コナンはお嬢様に詳しくその少年のことを
聞いていた。お嬢様は「少年はお寿司が好
きで、やきそばに山盛りのたくさんの紅し
ょうがを乗せて、驚いた」と話していた。

毛利小五郎が風呂で「好きな曲はあります
か」と聞いていた。「茶髪の男はジャズ、
色黒の男はソウルミュージックが好き」と
言っていたと目暮警部にメールを送っていた。

そんな時着替える時に執事の神谷の背中に
も一文字の傷があることを知った。毛利小
五郎はこの家には一文字の傷の人が3人居
ることになることを知った。

テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

僕らはみんな生きている
勝手に点数60点

1993年、邦画のコメディドラマ
という感じの映画でした。真田広之、
岸辺一徳、山崎努など出演。滝田洋
二監督の作品。

ここからネタバレあり
タルキスタンという発展途上国にも
なっていない軍事国家での物語。こ
の国では下手すれば銃撃線が始まる。

そんな国で日本のサラリーマンがプ
レゼンのため派遣された。ライバル
会社も存在し、他のビジネスで来て
滞在していた日本人も居た。

この国では全く経済が発展していな
いのでこの国の国民は貧しい生活を
送っていた。そこでもう何年も暮ら
すという駐在員の上司。

その上司は「ここに住む人と自分達
は違うのだと線引きをせよ」と話し
た。そんな国で橋を作るために入札
が行われ、その入札に勝ちたいと。

その入札のライバル会社も日本の会
社。入札が決まり、ライバル社が入
札を落とした。ある時パーティがあ
った。

そのパーティでクーデターが起こっ
た。そのクーデターに巻き込まれた
日本人達。逃げようとしたが、そこ
の村人達も犠牲に。

そんな時駐在員がラジオで「自分は
Xだ」と言いだした。言うことを聞
いてくれと。そのXは政府軍のスパ
イだった。だから、捕まってしまった。

そんな壮絶な話しでした。その昔の日
本が勢いのあった頃の話しなので、時
代錯誤のように感じるところもある作
品でした。

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。