movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ストーン・カウンシル
勝手に点数55点

2006年、フランスのホラー。モニカ・
ベルリッチ、カトリーヌ・ドヌーヴなど出
演。ジャンルはサスペンス、スリラーとか。
予知をする子供が出てくるのでホラーで。

凄い面白いんですけど、フランス映画特有
の暗さがちょっと気になって観た後におも
しろかった?と疑問を感じる作品でした。
それでも結末の気になる作品でした。

ココからネタバレあり。
監視者だという子供を養子にとった主人
公。この子供はモンゴルの山奥の部族の
儀式に必要な子供だった。

それでこの子供をめぐって、誘拐された
り、襲われたり、モンゴルのその部族の
地域へ行ったりと結末は見えているので
すが、どんな儀式か気になりました。
スポンサーサイト

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

べオウルフ
勝手に点数55点

1998年、イギリスのホラー。クリスト
ファー・ランバード、ローナ・ミトラなど
出演。グラハム・ベーカー監督作品。過去
に有名な作品だと思って観た作品。

少し古い作品なので全然期待しないで観て
いました。そしたらこの制作年にわりと凄
いSFだったので驚きました。この後に日
本でこの技術がどんどん使われていたので
驚きました。

例えば、デビルマンなどのこれまでは実写
では難しい作品で使われていたような技術
でした。1990年代後半でこんなにリア
ル作られたいたことを知りました。

内容は妖怪系の戦士が妖怪と戦うという物
語でヨーロッパ人の独特な妖怪とか幽霊の
想像の物語でした。物語の内容はわりと想
像のつく作品でした。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

モスクワゼロ
モスクワゼロ

勝手に点数65点

2008年、洋画のホラー。ヴィンセ
ント出演。ロシアが舞台の映画です。
ロシア映画にしたい作品ですが。ロシ
アの景色がとても良い作品でした。

ロシアの映画を少し観たいと思ってい
た時にこの映画がありました。地下に
古い建物があってそこは迷路になって
いた。

そこを確かめに行った一行だが、閉じ
込められしまった。そこに書き残され
た日記。それはシスターと呼ばれた女
性が書いたものだった。

その日記には悪魔が存在すると、そし
て、その悪魔と出くわしてしまった一行。
悪魔に寄って閉じ込められてしまい抜け
出せなくなってしまった。

仲間も次々に殺されていく。それで出口
を求めてその地下の建物を抜け出そうと。
地図があったので地図を見て建物の中を
見ていると。礼拝堂など大きな建物だった。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

0:34
勝手に点数53点

2005年、イギリスのホラー。イギリスらしい
映画でイギリス人の妖怪とか幽霊の発想っていう
ものが気になってみました。しかし、ホラーアク
ションという感じの映画でした。

つまり、「13日の金曜日」と同じようなタイプ
の殺戮しまくるという感じの内容の映画でした。
ちょっとがっかりした瞬間でした。凄くイギリス
の人の描く幽霊を知りたかったのですが・・・

「ハリーポッタシリーズ」はイギリスの魔法使い
や悪魔とか出てくる物語。あんな感じが意外と、
イギリス人の幽霊のイメージなのかもしれません。

この物語で出てくる妖怪はフランケン・シュタイ
ンのような、エイリアンのような感じの妖怪でし
た。かなり気持ち悪い妖怪でした。そんな妖怪が
襲ってくる・・・

完全に結末をバラしてしまいましたが、この物語
は最終電車が終わるとこの妖怪が現れて、電車に
乗り遅れた人を襲う。イギリス人が発想すると、
相当気持ち悪い感じの妖怪でした。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

機械じかの小児病棟
勝手に点数70点

2006年、イギリスのホラー映画。監督は
スペインの監督らしいです。一応イギリスが
舞台のなでイギリス映画ということにしました。
大きくはヨーロッパ映画のホラーという感じ。

ホラー映画というと最近とても増えていて、
おもしろいホラー映画を選ぶのがとても大
変になってきました。ジェイソンやゾンビなど
あの手の映画はあまり好まないです。

それで内容のおもしろいものを探しますが
それでもあんまりおもしろいくない作品を
選んでしまうことが多いです。この作品は
パッケージを見た時に惹かれた作品。

ここからネタばれあり。
スピリチュアルホラーという言葉に惹かれ
たのですが、きっと内容は何か理由があ
って霊が現れる物語だと思いました。

古い病院で子供の幽霊が出るという。
もちろん、病院のオナーや先生達はそ
んなことはありえないと否定する。しかし、
やはりいろんな人が幽霊を見ている。

それで変なことも起こるこの病院。やが
て、子供の幽霊がいることに気づく、主
人公の看護師。それでなぜこの子供が
現れるのか調べはじめる。

そしたらこの病院で過去に起こったこと
を知った看護師。しかし、幽霊はそこに
入院する子供を襲ってくるという・・・
なかなかおもしろい作品でした。

この作品は最後の20分くらいに幽霊
が出てくるくらいなのでほとんど、サスペ
ンスのように見れる作品です。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

サイレントナイト
勝手に点数70点

2007年のオランダのホラー。観てすぐの時は
ワンパターンのホラーだと思いつつ観ていました。
案の定、とある建物で霊が襲ってくるみたいな
物語でした。

やっぱりワンパターンのホラーのように観ていると、
だんだんと、いつの間にか不思議な世界に引き
込まれていました。最初はやっぱりやたらと霊が
意味もなく追いかけてくる。

ここからネタバレあり。
この登場人物はだんだんと、なぜ、この地域
は呪われているのかと、考え出した。最後は
その理由をつきとめようと調べだす。

そしたら、ある死んだ女性が自分の子供を
蘇生させる儀式をして、生き返していたこと
を知った。それを知ったメンバーの元にその
女性が現れた・・・

凄いのはここから、その女性はなんとも人間
っぽいことを話し始めた。「一人では嫌だった」
と話し始めて、子供をあの世から呼び寄せた
と話した。

どこか、「リング」のような感じの話しの展開で
したが、この映画はまた、違った話しの展開だ
ったのでとてもおもしろい話しでした。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

28日後
勝手に点数65点

2002年のイギリスのホラー映画。
思ったよりおもしろかった映画。確かに
ホラー色が強いですが、ゾンビのみたい
な怪物が思ったらより出てこない物語。

バイオハザードのようなゾンビのような感
染した人間が襲ってくるという内容の映
画ですが、これが作られているのがイギ
リス。

ヨーロッパの雰囲気がかなり出ている映
画。そのせいか結末がわかっていても、お
もしろかった映画。イギリスのオシャレな
建物や綺麗な景色もかなり良い。

ここからネタバレあり。
主人公のジム、そして、セレーナ、ハンナ、
ハンナの父、フランクが感染した人間から
逃げる物語。

ラジオから入ってきたマンチェスターにいる
軍からの呼びかけ。それでマンチェスター
へ行くことになったが、お城のようなところに
いる軍も先の見通しがつかない状況。。

それどこか、セレーナとハンナを強姦しよう
とする軍人。「軍と強姦」、現実でも切り
離せない問題。そんな中、ジムは今度は
軍と戦うことになってしまったという。

極限状態での人間の心理とか、欲望と
かむきだしになっている物語。微妙な心理
が凄く良い物語。この物語の場合途中か
ら現実にありそうに感じてしまう・・・

テーマ:ヨーロッパ映画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。