movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
隣之怪 四談 「ダレカイル」
勝手に点数60点

2007年、邦画のホラーシリーズ物。
夏川純主演。この監督はバラエティー
アイドルを使うのが好きなでしょうか。
それとも予算の関係とか?

この作品はかなり怖さを強調して作って
いる作品。この監督はどうすればこんなに
怖さを表現できるかというのを凄くわかっ
ているようです。

そして、幽霊を描くのがかなり上手い。
といっても本当に怖いのです。嘘っぽく
なく霊を表現しています。だから、もし
見えたらならこんなだろうと思ってしま
います。

この物語は怖く、怖く、描かれた感じで
した。夏川純演じる主人公は大学院を目
指す学生。そして、その姉は社会人。そ
の姉妹の家に誰かいるという物語です。

とにかく、このシリーズは結末で原因が
わかるという物語展開になっています。
今回も最後でその原因がわかります。さ
らに最後に怖さを上塗りするかのように
表現してきます。

この回はやりすぎではないかというぐら
い怖さをみせてきます。ネタバレという
よりサブタイトルになっていますが、今
回は「ダレカイル」につきると思います。

四談を見終えて、このシリーズは昔にTV
であった「あなたの知らない世界」のちゃ
んとした形で作られた感じで、「世にも奇妙
な物語」をさらに暗くしたような作品。
スポンサーサイト

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

隣之怪 参談「ツイテナイ」
勝手に点数60点

2007年、邦画のホラーシリーズ。
安田美沙子主演。安田美沙子という有
名な女優が出ていて、期待してしまっ
た作品。

しかし・・・安田美紗子の演技の下手
さに驚いてしまった。とは言え、原作
がよかったのでかなりおもしろかった
作品。けど・・・怖かった。

このシリーズを作っている監督。「新耳
袋」もそうですが、ホラーを作るのが
凄く上手い監督です。誰でも作れそう
な感じなのですが、なかなかない作品。

ここからネタバレあり
最後の方でサブタイトルの「ツイテナイ」
という言葉の意味がわかった時はもう怖
くてたまらなく作品。

安田美沙子が演じるやり手OLがいつも
がんばって遅くまで働いていてた。家に
戻って落ち着くと変な音が聞こえたり、
そのうち見たりするようになった。

疲れだと思っていたが、やっぱり見てい
る・・・そんな時事故のあった場所で瓶
に入れられた花を見る。よくある光景で
ある。ここで霊にとり憑かれてしまう。

こんなシュツエーションを選んだ監督は
天才。しかし、そんな場面に出くわした
ら怖いじゃないと言いたくなる。そんな
を物語にしないでほしい!

実は他多数霊がたくさん出てくる作品。

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

隣之怪 弐談 「バック物件」
勝手に点数65点

2006年、邦画のシリーズ物ホラー。
東原亜希出演。シリーズの2話目。かな
り怖かった作品。本格ホラー。正直、背
筋がぞくぞくとする作品でした。

ですので、個人的にはかなり楽しめた作品。
60分くらいの作品を1話。1話で完結し
た作品。ホラー作品はオムニバスが多い中、
これは60分で1話と内容の濃い作品。

ここからネタバレあり。
かなり安い物件を見つけてきた兄。不動産屋
はわけあり物件だから止めとくようにと言っ
たにもかかわらず、お金のなかった兄は安い
その物件に決めた。

間もなくしてやっぱりおかしな現象が起きた。
誰かが風呂へ行ったり、女の子の霊が出てき
たり、しばらくして信じていなかった兄もとう
とう霊を見てしまう。

そして、妹は二人、霊がいるのだと言う。女
の子の霊と、女性の霊。女性がどうやら風呂
に入っていた様子だった。霊はだんだん、エス
カレートしていく。

この時の霊の現れ方が霊能者の話す幽霊の出方
をリアルに表現した物語。これは怖かった。そ
して、霊能者はこんな風に見えるだと思った作品。

最後の結末が、とても意味がある作品。途中で、
3人兄弟の妹がこんなことを言う。「引越しして
も家に原因があるんじゃなくて、自分達に原因が
あったら引っ越しても意味がない」と。

それでこの入院していた母がふと、こんなことを
言う。「引越しするの楽しみだわ。でも気をつけ
なさいよ。家は怖いんだから、お父さんと引っ越
した家で2週間持たなかった家なんかもあるんだ
から。

それでサブタイトルの「バック物件」の意味です
が、わけあり物件だからお金をバックしないとい
けないという意味だそうです。

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

隣之怪 壱談 「フレーム」
勝手に点数63点

2006年、シリーズ物の邦画ホラー。
吉岡美穂など出演。「新耳袋」の原作、
監督、木原浩勝氏の新しい作品。注目す
るべきところはワーナーブロスから出て
いるところです。

なのでちょっと期待して観ました。シリー
ズ物と言えば、大体当たらなく、当たり外
れの大きい作品。「新耳袋」はオムニバス作
品とは言え、わりとおもしろい作品でした。

それで次回作でコケル監督も数知れず。し
かし、この監督のこのシリーズの最初はイ
ケてました。おもしろかったです。日本的
な描写で怖かったです。

ここからネタバレあり
日本らしい作品と言えば作品ですが、怪談
というよりホラー色の強い作品だったよう
に思います。

全般的には洋画のホラーのように意味もわ
からなく霊が憑きまとうのですが、最後へ
行くにつれて、この霊がどんなものかわか
ってくるように思います。

その瞬間、これはジャパニーズホラーの怪
談だと感じる物語。霊能者でないのでどう
いう霊か全くわかりません。しかし、日本
的な霊の物語でした。

結末バレ
この主人公、というよりは家族には子供が
お腹にいる時から何かの霊にとり憑かれて
いることがわかった。

しかし、霊が段々と現れるのではなく、始
まっていきなり霊に悩まされる家族の話し。
怖さではそんなに怖くないかもしれませんが
わりと面白いシリーズ最初の作品でした。

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。