movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
青いパパイヤの香り
勝手に点数65点

1993年、ベトナムのドラマ。トラン・
アン・ユン監督作品。リュ・マン・サン、
トラン・ヌー・イェン・ケー、トルゥオ
ン・チー・ロックなど出演。

ラブストーリーのような感じもあるこの
物語。少女時代からお手伝いに入ったム
イの物語。ベトナムではお手伝いさんの
ことをおしんと言うらしいです。

おしんは日本の物語のおしんから来たら
しいです。ベトナムのお手伝いさんの物
語その間その家のお婆さんの恋の物語や
ムイの恋の物語などもありました。

この作品で気になったことがあります。
効果音です。不思議な効果音が多くて、
なんか違和感を感じました。飛行機の
ような音とか、木魚の音とか。

ちょっと古いのでこんな効果音になっ
たんでしょうか。それともベトナム人
の感覚?凄いおもしろいことでもあり、
違和感の感じる音でした。

ここからネタバレあり
商いをやっている家にお手伝いに入るム
イ。ムイはそこで家事の全てを学ぶ。そ
こでは二人の男の兄弟が居た。

その下の子供はムイに仕事を増やすよう
なことばかりする。ある時竿に蛙をつる
してムイの目の前にやったり、骨董のツ
ボにおしっこをしたり・・・

どうやらその少年はムイのことが好きだ
ったようだ。奥さんもムイのことを娘の
ように思っていたようだ。ムイは奥さん
からもかわいがられた。

しかし、長男が結婚して、その嫁がムイ
を他にお手伝いに行かせようとして、ム
イは音楽家の家へお手伝いへ行かないと
いけなくなってしまった。

ムイが幼少の時に居た奥さんは嘆いた。
ムイは音楽家の家へお手伝いへ行った。
その家は前居た家よりお金持ちだった。
その主には彼女が居た。

ムイはその家で一生懸命仕事をしていた。
主の上着が落ちていればすぐに片付け。
おいしい料理を作り、ムイは一生懸命仕
事をやっていた。

ある時ムイは前居た奥さんからもらった
衣装と宝石を身にまとった。その姿を見
た主はムイに恋をした。彼女とは別れ。
字の読めないムイに勉強を教えた。

ムイはそこの女主人となった。このドラ
マでは真面目にやっていると報われると
いうことを伝えたかったのでしょうか。
わりとシンプルな内容のドラマでした。
スポンサーサイト

テーマ:アジア映画 - ジャンル:映画

スラムドッグ$ミリオネア
勝手に点数69点

2008年、インドのドラマ。本当は
イギリス映画とか。デーヴ・パテール、
マドゥル・ミッタルなど出演。みんな
の評判かなり良い作品。

それでかなり期待してしまった作品。
良い作品だと思いますが、それ以上に
期待をしてしまいました。だから、思
ったよりはおもしろくなかった作品。

インドの生活の様子が描かれていて、
インドに行かないでも少しインドのこ
とがわかるという意味ではおもしろい
作品。

ココからネタバレあり
幼少の頃に恋をしたジャマールはその
女の子、サリームは幾度となく、さら
われていってしまう。

でも、あきらめないで探すジャマール
は有名なTV番組、「クイズミリオネ
ア」に出演する。それは賞金をもらう
ためではなく彼女を探すため。

テーマ:アジア映画 - ジャンル:映画

闇の子供たち
勝手に点数90点

2008年、邦画、アジアのドキュメント
ドラマという感じです。江口洋介、妻夫木
聡、宮崎あおい、佐藤浩市など出演。邦画
のようですがタイ語の吹き替えがありません。

かなり衝撃的な作品でした。この作品は子
供、特に小学生は観ない方がいいと思える
ような作品。それは大人が子供を売春する
シーンがたくさん出てきます。

そういうことがメインの物語なので観るの
に避けて通れないくらいの作品です。そう
いうところがかなりショックでしたが、さ
らに生々しく描かれています。

「靖国」という映画の公開が規制されると
かされないとかという問題がありましたが、
その「靖国」の比ではないくらいの衝撃な
作品でした。

「靖国」がなぜ、国が絡んで規制したのか
よくわかりません。わりと日本人にとって
良い映画だったように思いますが、この作
品「闇の子供たち」は相当生々しく描いて
いています。

有名な原作みたいですのでリアリティとい
う言葉は似合わないかもしれませんが、と
てもリアルに描かれていました。しかも、
そのシーンがちょっと酷すぎるシーン。

そして、この物語の大きなテーマ、生きた
子供の内臓を日本人が買うという。しかも
その臓器を取られた子供はゴミ袋に入れら
れて捨てられてしまうというような・・・

本当にごみのように捨てられてしまう子供
たち・・・ちょっと目を背けたくなるシー
ンの連続でした。ここで出てくる臓器を買
う日本人が本当に居そうな日本人でした。

この映画でその日本人は「自分の子供がも
う死ぬのだから手術を受けさしたいの(そ
れでほかの子供は死んでもかまわない」と
いうような態度を取る母親。

今の母親たちに居そうな感じのする母親が
出てきて・・・お金でなんでも買えるし、
自分さえよければ・・・

そして、このことを知ってるタイ人は運動
をします。タイ人の方が良識人で日本人が
非常識になってる現実もここでは描かれて
いるように思います。

そして、結末は・・・実はよくわかりませ
ん。最後のシーンはサスペンスのようにな
っているのですが、その部分はちょっと、
よくわからないまま・・・

つまりはよく話しを観てないと結末がわか
らない最後も面白い作品。この作品でまさ
かそんな結末にするとは思わなかった作品
です。

【結末バレ】
主人公の新聞記者は子供を亡くしていた。
それはどうもここで出てくる売春してる人
たちにさらわれたのかもしれません。だか
らこの事件をずっと追っていたという感じ
でしょうか?

テーマ:アジア映画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。