movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジェヴォーダンの獣
勝手に点数60点

2001年、仏のアクション。ヴァンサン・
カッセル、エミリエ・デュケンヌ、サミュエル・
ル・ビアン、モニカ・ベルッチ出演。
クリストフ・ガンズ監督。

けっこう話題になったフランス映画。観ると、
実は何回か観ているのですがはじめに観たとき
はあまりおもしろいと感じなかったのですが・・・
今回観るとわりと観れた作品。

この頃はヴィドッグなど、フランス映画がブーム
になっていた時代。その頃の映画のひとつ。
パッケージから凄い期待をして観ました。その時
は期待はずれと感じたのですが・・・

ここからネタバレあり
ジェヴォーダンの獣、一体何?妖怪?おばけ?
と思って観ていました。最初に観た時は気付かな
かったのですが男と女の物語も描いています。

男は女を求め、女も目当ての男を求めという
物語も描かれていました。それでジェヴォー
ダンの獣とはもしかしたら男なのかも。そういう
性の欲望を描いている映画だったり。

最終的にはジェヴォーダンの獣が殺されるの
ですが、ここでの獣は一体、何だったのでしょう。
大筋では狼でもない、獣のようですが。
スポンサーサイト

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

ゴースト・ドッグ
ジム・ジャームッシュ監督の作品。最初はどんな映画をつくる監督だろうと思って、見ていたのですが、物語の最初の始まりから「これはおもしろい」と感じさせるくらいのセンスの良い映画。その後、物語は日本の文化がいろいろと出てくる。このタイトルになってるゴースト・ドッグは人の愛称、名前で、そのゴースト・ドッグは殺し屋。凄く強い。そして、目にもとまらない速さで銃を扱う殺し屋。この殺し屋はあの「羅生門」を愛読している殺し屋。日本の武士を手本に殺し屋の腕を磨いて、誰にも負けない銃さばき、とにかく殺しが鮮やかな主人公の物語。どこか、リュック・ベッスン監督作の「レオン」のような作品。また、この監督の作品を見たいと感じる作品でした。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

小さな目撃者
けっこう有名な作品。わりと年配の方が好んでみる映画のようです。内容は声の出ない子供が旅行先のオランダで殺人を見てしまって、殺し屋に追われるという話しです。映像がキレかったです。内容の説明をするともう終わってしまいました、という感じなのですが、やっぱりなかなかおもしろかったです。主人公の女の子がすごく頭の良い子でした。そして、とても勇敢で、ごつい殺し屋に何度も蹴りを入れたりして、危機を逃れたり。寝てるところを狙われたりして、アクション映画ド真ん中なんですが、アクションをするのが子供だから、あまり派手さは感じなかったけど、ハラハラドキドキがたくさんある映画でした。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。