movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
忘れえぬ想い
勝手に点数65点

2003年、香港映画でラブストーリー。調べると、
日本では2006年に公開されてる作品。香港
映画と言うととても激しい感じの映画多いですが、
これはとても感傷的で静かな映画。

でも、主人公の婚約者を事故で亡くしてしまって、
その婚約者が残すバスを経営するという女性の
話し。そこで、ずっとバスの運転をやっているという
ファイとのラブストーリー。

そして、婚約者が離婚して引き取った残した子
供も育てるという話しで、ファインはどんどん、その
子供に惹かれていき、いつの間にか面倒もみる。
ファイとシウワイとのラブストーリー。

そんなヒューマンドラマとラブストーリーのかなり純
度の高いドラマ系のラブストーリー。ファイとシウワ
イのお互いの気持ちを確かめてキスするシーンは
かなり感動のシーンです。

ハリウッドにない空気感のあるラブストーリーの映
画でした。感情が表現されるシーンは香港の人
らしく、かなり激しい演技でした。日本人とは全
然違う感情出し方。

とても内容の濃い話しで、観ているとどこか落ち
着いた気持ちになれる映画でした。けっこう、良
い映画。癒される感じでした。
スポンサーサイト

テーマ:香港映画 - ジャンル:映画

運転手の恋
勝手に点数55点

宮沢りえ出演の作品。宮沢りえはほぼ、
ヒロインの役でした。台湾映画のようです。
おもしろい作品と言えばおもしろい作品でした。

普通と言えば普通の作品でした。
ここで登場する家族がおもしろい設定でした。
みんなマニアックな人達ばかりの家族。

母親は好き好んで法医学医師になり、
父はタクシー会社の社長。いたって普通の父。

妹は実験オタクでいろんな実験をしている。
車で使うエンジンオイルだったり。
時には部屋を煙だらけにしたり。

そして、主人公はタクシー会社で
慣れ親しんでるだけあって車が凄く好きな人。
結婚もしたくないという。車の運転はかなりうまい。
そんな家族の物語。

ここで、宮沢りえは美人な警察官。
そんな警察官に違反で捕まってしまった。
主人公はそんな美人な警察官に恋をした。
そして、会いたいために何回も違反をする。

退屈はしなかったけど、先が読めてしまった作品。

テーマ:香港映画 - ジャンル:映画

花様年華
勝手に点数 60点

ウォンカー・ウァイ監督の作品。この監督の作品は
初期の作品を除いてラブストーリーがほとんどです。

オーソドックスなスタイリッシュなラブストーリーで
「恋する惑星」で有名になり、その後ちょっと変わった
ラブストーリーの作品を創出する監督。

そして、映画の映像美が凄い監督。
「恋する惑星」や「天使の涙」くらいまではそんなに
普通の映画と映像が変わらなかったのですが、
その後の作品は独特な映像美が創り出されてました。

そして、この作品もそんな映像美がすばらしい作品です。
だからセリフの無いシーンがけっこう多い作品です。
それでなんとなく綺麗な映像だと感じて見とれていました。

内容はダブル不倫のラブストーリー。とある男の妻も不倫中。
そして、とある女の夫も不倫中。その不倫相手は
どうやらお互いの妻と夫らしい。
それで、不倫された男と女は急接近しました。
二人とも不安からかお互い会うようになった。
その間の恋愛を描いています。

この作品はウォンカー・ウァイ監督の作品で
「恋する惑星」の次くらいに好きな作品です。

テーマ:香港映画 - ジャンル:映画

初恋のきた道
勝手に点数90点

2000年に現地で公開とかの中国映画かな?
かなり若いチャン・ツィイーの主演の映画。
この頃のチャン・ツィイはかなりかわいい
今は凄くわがままとか。

映画はフランス映画のような感じで、
モノクロのような、セピア色の多い作品。
そして、カラーの映像もたぶん、中国の凄い
綺麗な景色が映ってて見とれてしまう映像です。

そして、内容は単純明快な初恋の相手と結婚した
お母さんとお父さんの物語で、お母さんは初恋の人と
結婚した話し。そして、最後までお父さんのことを
想っていたこと、一途の愛が描かれています。

もうこんな純粋な恋愛は少なくとも日本にはない
気がします。こんな女の人はいてなぁ~い!
って、僕も汚れていまぁ~す♪
映像と内容がとてもピュアな物語でした。

今回見るが2回目。そして、また、
見ると思います。いいえ、必ず見ます。
この映画を見た後、なんとも良い気分になります。
良い映画でした。凄く好きな映画です。

テーマ:香港映画 - ジャンル:映画

ランチ・ウィズ・チャールズ
香港とカナダの合作映画。凄く良い作品でした。主にはラブストーリーなんですが、ところどころほんの少しだけコメディーのようなところもある映画でした。英語がほとんどの映画ですが、主人公が香港人で、その彼女も香港人だったので香港の中国語のような言葉がけっこうある映画です。転勤でカナダ勤務になった妻、エイプリルとトンのラブストーリーなんですが、トンがエイプリルに会いに行く時トンは乗っていたバスに乗り損なってナターシャと出会う。ナターシャはマシューという恋人がいる。このマシューは何をやらせても失敗ばかりの人。そして、ナターシャの気持ちもわからず、別れそうになっている。ナターシャは別れを言ってマシューの元を飛び出す。喧嘩の原因になったナターシャは歌手で歌うという。しかし、マシューは許してくれない。なぜかナターシャとトンが旅することになった。そして、エイプリルもトンと会うために待ち合わせの街へ行こうとするとマシューも付いていくというそして、ナターシャと会うのだと。そんなカナダの広大な景色の中で旅するとなった二組。ところがところどころでエイプリルとトンは近くに居たが、出会わないという、なんとももどかしいラブストーリーでした。ナターシャは歌手なのですが、その役を演じる女優が歌ってるシーンが何度となくあったのですが、凄く歌が上手い。そんなところも楽しめる作品。この作品はとてもおもしろい作品でした。

テーマ:香港映画 - ジャンル:映画

ティラミス
2002年の香港映画。凄く良いラブストーリーのように思えたのですが、ここで出てくる女優はとてもかわいい娘。おそらく、日本でいう松浦あやみたいな感じなんだろうか。凄く美少女な女優。ジェーンというヒロイン役で出演していました。そして、ファンという男側の恋人役との恋愛の話し。ここで出てくるファンはとてもかっこいい美男子。これはジェーンが事故で亡くなるところから始まるのですが、そして、亡くなった彼女と恋愛をするというストーリー。おそらく、別に死ななくてもおもしろい映画だったと思うのですが。そして、亡くなっても親友とダンスのオーディションに受かる夢があるという物語り。また、その後その亡くなったジェーンを捕まえようと黄泉から番人が追いかけてくる。こういう設定が無ければ本当におもしろい作品だったと思います。20歳くらいの人はこれはハマるかもしれないと感じた作品。

テーマ:香港映画 - ジャンル:映画

南京の基督
芥川龍之介原作、富田靖子主演のラブスト-リ-。そして、香港映画でしょうか。中国映画でしょうか。どっちかなのです。そして、芥川龍之介がこんな良いラブスト-リ-を書いてるとは思いませんでした。富田靖子が演じる中国の少女がとても純粋に描かれていて、なんともかわいい感じの主人公でした。内容は日本人の小説家が中国で恋に落ちるという話しで。富田靖子が演じるその少女との恋愛の話しですが。その小説家は日本に妻が居て、子供が生まれる前だったという話です。そして、その少女は幸せになれるようにキリストに祈る話しです。病気になった時もキリストに助けをこいます。天国にいけますようにと。そして、小説家が日本に戻って会えなくなったときもキリストに祈り、中国に戻ってくるのをひたすらに待ちます。待ちながら病気がどんどん悪化していく。そのことを小説家は手紙で知っている。ある時に日本に連れてきて、少女、金花を治せばいいと思いだす。妻のことや子供のことはあとで考えればいいと、南京に戻って金花を連れて帰ろうとするが、金花は小説家の幸せを望んで拒み出す。最後の結末は・・・

テーマ:香港映画 - ジャンル:映画

2046
ウォン・カーウァイ監督の話題作。トニー・レオン、チャン・ツィイ、木村拓也などが出演。木村拓也が出演したことで有名なった作品。ウォン・カーウァイ監督の映像って凄く、不思議な世界観。ウォン・カーウァイ監督の過去の作品ではよく見たのですが、古き良き時代の映像の美しさ。今回は今のデジタルの鮮やかな美しさなどが加わった感じでした。トニー・レオンが演じる主役の作家が2047という作品を作るという話しで、それまでに隣に住んでる美しい女性(チャン・ツィイ)や昔の女性。そして、大家の娘との友情など、ラブストーリーが展開される。それに加えて、先に述べたウォン・カーウァイ監督の映像美がよりラブストーリーを優美なものにしてるようにしています。「2046」というタイトルは未来的な物を想像してしまいますが、どこか古き良き時代の映像美などもあり、デジタルな映像も使われてるわりには機械的な無機質な物には感じなかった。感傷的に、幸せになり、淡い過去に…大人の恋の話しでした。

テーマ:香港映画 - ジャンル:映画

星願
これは日本でも映画になった竹内結子主演の「星に願いを」の元の作品なんでしょうか。星に願いをの方はなんか、もう一つだったのですが。「星願」の方はヒローインの女優の感情表現が凄くうまかった。そして、映画の空気感というか風景みたいなものもラブストーリーの良い雰囲気が出てました。最後のクライマックスのところが映画に入り込めて凄く夢中になりました。

テーマ:香港映画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。