movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラストブラッド
勝手に点数70点

2008年、香港フランス合作のアク
ション。チョン・ジヒョン、小雪、ア
リソン・ミラーなど出演。舞台は日本
のアメリカ軍基地。

最初は邦画のように思いました。何せ
出演者がチョン・ジヒョンと小雪なの
で、少なくても韓国映画か、邦画かと
思ってしまう作品。

そして、日本のアメリカ軍基地が部隊
なのでハリウッド映画とも思わせる作
品。準主役のアリソン・ミラーという
軍の将軍の娘という設定。

また、ジャン・レノにそっくりな人も
出ていました。そんなところにフラン
ス映画っぽいところも感じる作品。フ
ランス人が日本のことをよく調べてます。

主役が韓国人、悪役が日本人。ここの
ところには少し疑問を感じながら主役
を演じたチョン・ジヒョンは確かに主
役でしか見たことのない女優。

一方、小雪は「ランドリー」では万引
きする彼女を、「笑う伊衛門」ではお
岩の役を演じていました。確かによく
変な役で見ます。

この映画でおもしろいところは「おに」
が出てきます。それは日本版のゾンビ
として描いていました。おもしろい。
だから、ゾンビ系の映画だと思います。

ホラーとしても良いのですが、この手
をアクションとかSFとか言ってもい
い映画です。雑魚おにがこうもりのよ
うな描かれ方をされていました。

日本人にするとちょっと違うような。
ところどころ、やっぱり日本とは違う
ところあ出てきます。剣道…確実に変
でした。構えが変で…キックもあり?

そんな感じで香港お得意のわいアー
アクションあり。そして、アクション
シーンでは日本刀で刺して、キックを
するという…

日本の剣道は一撃必殺の武道、だから
一打で致命的な一撃にしないといけま
せん。そうするとあのキックはおかし
いです。

また、ここで出てくる主人公、サヤの
師匠?の加藤のあの衣装も日本ではな
く確実に中国とか韓国の衣装で、日本
のものではありませんでした。

ここでおもしろかったのは日本の歴史
を取り出してきて、それを物語にアテ
ハメ、また、鬼という日本の悪魔を新
しく創造したのがおもしろいと思います。

外人から見る日本のイメージがどんど
ん、良くなる中日本の文化がまた、曲
がってとらえられてしまい。いつしか
また、間違った認識を世界に与えてし
まうように思います。

物語としてはチョン・ジヒョンが演じ
る鬼=ヴァンパイア=悪魔がその鬼の
頂点のオニゲンの戦いの物語。とりわ
けサヤの父を殺したオニゲンへの敵討
ちの物語。
スポンサーサイト

テーマ:アジア映画 - ジャンル:映画

猟奇的な彼女
チョン・ジヒョンの日本では凄い話題になった作品。日本ではあまり強い女性は好まないではと思い、また、個人的にもあまり見たくない作品だと思ってみました。見ようと思ったきっかけは「僕の彼女を紹介します」がおもしろい作品だったのでちょっとチェックしてみようかなという感じで見ました。そしたら、確かにありえない女主人公の彼女が現れました。しかし、最後は凄く理想的な恋愛映画の展開になり、最後は良い結末になった作品。強い彼女だけど、ところどころ見せるロマンチストな一面があっちこっちにちりばめられてラブストーリーだけど、キョヌが殴られたり、何をしても失敗してるキョヌはコメディーのような作品。ジャンルはコメディーにしたい作品でした。かなりおもしろい作品です。

テーマ:韓国映画 - ジャンル:映画

イルマ-レ
チョン・ジヒョン主演のラブスト-リ-。2年前に送られてくる手紙がチョン・ジヒョン演じるウンジュに送られてくる。その相手はまだ、ウンジュの生活している年代にも生きてる人のようです。しかし、2年前の相手から送られてくる手紙。2年前のウンジュは彼のことを知らない。そして、2年先のウンジュはその2年前の相手へ恋人の相談をしたりする。そして、相手の男、ソンヒョンはウンジュにこっそり会いに行くが、ソンヒョンのいる時はウンジュにとって2年前、存在も知らない人。いくら、近くに行って自分の存在をアピ-ルしても気付いてくれいない。その後もウンジュから手紙が送られてくる。最後はソンヒョンが交通事故で亡くなることを知る…それを手紙で知らせようとするウンジュ。実はこの映画は韓国映画には珍しくハッピ-エンドで終わる作品。それから出てくる海の家(イルマ-レ)の海の町はとても美しく、映像全体がとてもきれいなものでした。韓国映画のほとんどは最後はほんと、悲し過ぎる結末がほとんどの中でこれは最後は心温まる映画でした。

テーマ:韓国映画 - ジャンル:映画

4人の食卓
韓国のホラ-です。チョン・ジヒョン出演の作品です。この「4人の食卓」、「箪笥」、「狐怪談」、これらは美少女シリ-ズのホラ-とCMされています。一応、全部見ました。「こっくりさん」も入ってたような。チョン・ジヒョンが少女がどうかと感じるところですが、気にしないでおきましょう。チョン・ジヒョンは韓国の国民的女優。そのチョン・ジヒョンが出てる映画だったので美少女なのでしょう。内容はある日、彼女が食卓を買ってくるのですが、その食卓に二人の少女の幽霊が座っている。そして、ある時、幽霊を見る女性と出会う。その女性もその少女の幽霊が見えていた。そして、その女性は昔からそういう現象を見るという。

テーマ:韓国映画 - ジャンル:映画

僕の彼女を紹介します
この作品、去年のDVD店の関係者が選ぶ映画の上位の映画だったので見ました。確かにコレはよかった。純愛だけど、やっぱり韓国映画の定番、悲しい結末だったりする。これは悲しいストーリーになってた。そして、主人公役のヨ巡査、女性の警察官のドラマなんだけど、アクションを思わせるように拳銃を撃ちまくる。そして、たばこを吸ってる高校生も殴って指導する。とにかく強い女性。ある時恋人と山へドライブへ、帰りに車が崖から落ちてしまうけど、水に沈んでしまった車から恋人を助けたりする。韓国人ってこんな強い女性への憧れがあるんだろうか。最後は脱獄犯を捕まえるようと追うことに…なんとも最後の方は切ない感じになった。今年入っていきなり良い映画に出会いました。

テーマ:韓国映画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。