movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
THE・KISEI 寄生
勝手に点数55点

2002年、韓国のホラー。イ・ウン
ジュ、チョン・ジュノ出演。韓国映画
がとても良かった時の映画。この頃、
ホラーも量産された時くらい。

「寄生」というタイトルから一瞬SF
っぽくも感じる映画でしたが、日本語
を無理やり使ったような映画。わりと
スピリチュアルホラーという感じ。

霊にとりつかれた物語でした。なんと
なく観ていたせいかあんまりおもしろ
く感じなかったのですが、思ったより
はおもしろいかもしれません。

ココからネタバレあり。
女性が突如妊娠して倒れるという変な
事件が立て続けに起こり始める。原因
を探しだす。

そしたら昔に良い絵を描く女性画家が
妊娠をして、何かで死んでしまったこ
とがわかった。その女性の怨念で突如
妊娠をさせ、殺してしまっていた。

という内容のホラー映画。別に悪くな
い内容の映画でしたが、なんとなくダ
ラダラと続いている感じのがおもしろ
くないように感じる映画でした。
スポンサーサイト

テーマ:韓国映画 - ジャンル:映画

霊~リョン~
勝手に点数65点

2005年、韓国のホラー映画。久々に
韓国作品で良かった作品に出会えた気が
しました。最近、韓国映画は良いのに出
会わない感じがしていました。

最初はそんな感じであまり期待しないで
観てました。やっぱり韓国の安っぽい感
じの映画のように観てたのですが・・・
「これ、ちょっと怖いかな」って感じて。

そして、観ていくと、ストーリーがおも
しろくなっていく。これは何かに呪われ
てると思う。「おっと、主人公の過去に
何かあるんですね」って見せてくる。

最後は霊の現れる理由がはっきりしてき
た。どころろが、最後の最後にひっくり
返されるような。結末がやってきた。あ
りえないと思った。

ここからネタバレあり。
ホラー映画でありがちな高校生とか学生
が呪われるというパターンの映画でした。
主人公は大学生。

呪いの原因は高校時代にあった。主人公は
いつも一緒にいる友達をイジメていた。主
人公は大学へ行ってなぜか、その記憶がな
い。事件と同時に忘れてしまったようです。

忘れているので、変なことが起こっても理
由がわからない。その記憶がどんどん返っ
てくる主人公。それであの時どういうこと
が起こったのか。記憶が返ってくる。

最後のシーンはアメリカのゴシックホラー
とでも言うんでしょうか。変な動きをする
気持ち悪い動きのする幽霊が現れる。原作
は日本のもの。幽霊はアメリカ寄り?とい
う感じのホラー。

このホラーは韓国ホラーの美少女ホラーシ
リーズとか。以前にもこの美少女ホラーシ
リーズを観てました。その時もおもしろい
作品でした。今回もなかなか良い作品でした。

テーマ:韓国映画 - ジャンル:映画

銀杏のベッド
勝手に点数65点

1996年の韓国の作品。「シュリ」を作ったカン・ジェジュ監督の作った作品です。おそらく「シュリ」を作る前の作品のはずです。この作品はいろんな作品を模写した感じのある作品でした。チャイニーズ・ゴースト・ストーリーやクロウなど、そして、この作品だけでなく、演技もどこか、昔の洋画の影響をすごく受けてる感じがします。韓国がまだ、独自性を確立してないせいだと思います。そして、韓国政府が娯楽事業に力を入れだしてから韓国映画が発展するのですが、でも、まだ、古さを感じてしまうのはそういうせいではないだろうかと考えていました。そんな政策をされる前の作品のはずです。しかし、この作品、「銀杏のベッド」は韓国映画の特徴の純愛が描かれてる作品でした。けっこうおもしろい作品でした。内容は大昔に愛し合ってた同士のふたりがいたのですが、将軍に男側の方が殺されてしまった。それから、死んでも好きでいた女。想いが残ったまま、さまよい続ける。そんな時に好きだった男に似た、生きてる人に出会う。しかし、死んでからも将軍が追い続けてくる。そんな純愛の話しですが、今と、昔の内容があって、そんなラブストーリーにホラーとSFの要素がさらに入ってきます。凄く内容の濃い作品だったので、凄くおもしろかったです。

さらに書くと韓国の昔の衣装とか建物なんかも描かれていて凄く興味深い作品でした。そして、その昔のラブストーリー。二人は幼馴染だった様子。韓国の作品は小さい時から知り合いという設定が凄く多いです。そんなところが感情移入してしまうのです。そして、その頃の様子も描いています。一方、今の方の主人公(スヒョン)は画家。付き合ってる彼女は医者です。そんな二人のラブストーリーも描かれています。この時の彼女は気の強い女性が描かれています。「やっぱり韓国の女の人って強いのかな」って感じてしまう女性でした。そして、将軍が今の男を襲ってくる。それは昔の男にそっくりな男を昔の幽霊の女が追っかけている。それで将軍は今の男が邪魔だから。そんな内容の濃い作品でした。

テーマ:韓国映画 - ジャンル:映画

友引忌
韓国のホラ-作品です。この作品を作った監督は以前、「ボイス」という凄い駄作を作った監督。今回の作品「友引忌」を見てました。今回はアメリカの臭いがする作品。例えば、登場人物がアメリカから帰国したとか、ハリウッドのホラ-の定番で、メタルロックの音楽が使われてたり。この作品は「スクリ-ムシリ-ズ」の影がとてもある作品でした。「スクリ-ムシリ-ズ」はホラ-の代表作と言って実は必ず犯人がいるサスペンスだったりしました。話しは一貫してました。が、しかし、この作品は過去にその少女がいると人が死んでしまう。その少女がみんなの身近に居たギョンア。そんなギョンアはみんなに昔、バスを事故に会わせて、バスの乗客をみんな死なせてしまい。そして、自分の父までも不幸な目に会わせてしまったというギョンア。そのことを知っていたソナが話してしまう。それで、ギョンアは自殺してしまい。その後、みんなを呪って殺しに来る。これがタイトルの由来だろうか、きっと、韓国タイトルもあるはずですが。しかし、この話し後半はちょっとつじつまが合わなくなる。実はこのギョンアは先輩が殺したことになる。その先輩は狂気の殺人者だったという。この辺は「スクリ-ム」そのものなのですが、でも、そうするとこれまで描かれてきたギョンアが殺してきたことが嘘になる。また、駄作を作ってしまったこの監督。「ボイス」よりはまだ、ましにはなりましたが…

テーマ:韓国映画 - ジャンル:映画

こっくりさん
韓国の話題になった映画でした。日本の真似のように思ったのですが、凄く怖い感じでした。とある学校で行われてたいじめから呪いが・・・という話。常識はあるけどどこか冷たい大人たち、霊能者、主人公、キーになる女の先生など、ベタな登場人物。だけど、怨念とか、怖さが凄く出てた。そして、ストーリーの展開が速いからおもしろかった。

テーマ:韓国映画 - ジャンル:映画

少女達の遺言
韓国のホラ-。パッケ-ジの感じが怖そうだったので気になってみました。物語の最 初の方は明るい高校生の明るい学校のドラマのような感じでした。そして、どうや ら、高校生のレズのラブスト-リ-も描かれています。それだけでも、とてもおもし ろいかったのですが、後半に突然、ホラ-映画に変化します。幽霊が殺しにやってく る。お決まりと言えばお決まりですが。その幽霊はどうやら、物語の中で亡くなった 生徒の幽霊の怨念のようです。理由は…もし観たいと思う人がいるといけないので話 せません。幽霊がところどころ出てくるのですが、どうやらシウンとミナを監視して る様子。主役はどっちかというとシウンのようです。最後の方はホラ-色の強い映画 でしたが、学園ドラマっぽく観てもおもしろいと思います。

テーマ:韓国映画 - ジャンル:映画

狐怪談
韓国のホラ-映画です。タイトルからするとなんとなく日本の影響があるんだろうかと感じる。そして、韓国のホラ-はまだ、いまいちのような感じがするのですが、わりと良く出来た作品でした。まぁ~高校生くらいの人が見るとハマりそうな作品。でも、それ以上の年の人が見ても怖くておもしろい作品でした。韓国美少女ホラ-と書いてあります。その通り、美少女達が作品を演じています。内容は高校生のイジメなどで怨恨が大きくなってしまう話し。きつねの階段で望みをお願いすると望みが叶うという。それで、バレエのコンク-ルで優勝するように願をかけ、優勝してしまう話しです。そして、バレエ団に入団することになったのですが、うらやむ人というか…霊が襲いに来る話しです。この監督はホラ-をよく見てます。最後の終わり方はハリウッドっぽい終わり方、そして、アジアのホラ-映画の怖い感じが出ていて、うなずける作品でした。

テーマ:韓国映画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。