movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年映画ランキング
2009年に観た映画のランキングです。
新作というわけではありません。

1位  「闇の子供たち」
     なんともかわいそうな話しでした。
     舞台になってるタイでは公開されませんでした。

2位  「キングコング」
     リメイク作品ですが、前半と後半で話しが違っていて、とても濃縮された作品でした。

3位  「ジェネラルルージュの凱旋」
     病院内でのサスペンス。しかし、また違った物語もある作品。これもおもしろかったです。

4位  「SAYURI」
     外人が見た日本のギャップの声をよく聞きましたが、物語はけっこうよかったです。

5位  「チェンジリング」
     アンジェリーナ・ジョリーの演じる母の姿に感動。アメリカの警察も隠蔽に必死。

6位  「サヨナラCOLOR」
     知る人ぞ、知る名作。スーパーバタードッグの歌でも有名な作品。

7位  「クライマーズ・ハイ」
     社会派サスペンス。日航墜落事故のドキュメント映画。新聞社の裏も表も描かれています。

8位  「シルク」
     実はこれは台湾のホラー映画。でも内容はとても斬新な内容でした。江口洋介が出演。

9位  「チェ28歳の革命」
     チェ・ゲバラの革命の物語。この前編はチェの正当性と革命の成功が描かれています。

10位 「カンダハール」
     アフガン戦争の悲惨な状況が描かれています。ドキュメントのようで考えさせられます。

11位 「グラントリノ」
     クリントン・イーストウッド監督はまたもや名作を作ってしまいました。

12位 「レッドダスト」
     少し真面目な映画ですが、アパルトヘイトの物語。レッドダストとは黒人のこと。

13位 「ドラゴン・キングダム」
     久々にジャッキー・チェーンの熱い作品。酔拳を彷彿させるなかなか良い作品でした。

14位 「ワルキューレ」
     トム・クルーズ主演の作品。ナチスドイツのヒットラーとは違うもうひとつの物語。

15位 「インストール」
     上戸彩を主役において流行りの映画を作ったかと思ったのですが今を風刺した映画。
スポンサーサイト

テーマ:映画 - ジャンル:映画

2008年ランキング
2008年に見た映画のランキング。
新作というわけではありません。

1位  「地雷を踏んだらサヨウナラ」
     改めて戦争の悲惨さを知りました。
     ベトナム戦争を始めた国は罪だと。

2位  「クローズドノート」
     一途な愛。とても展開の早い感じがよかったです。

3位  「星になった少年」
     良いドキュメントドラマでした。

4位  「ハンニバル・ライジング」
     このシリーズは名作です。また、伝説に。

5位  「アンフェア・ザ・ムービー」
     警察の闇。あってはならない物語。

6位  「ゾディアック」
     実際にあった信じられない未解決事件。

7位  「ホテル・ルワンダ」
     やはり戦争は悲しい。無関係の人が犠牲に・・・

8位  「パッチギ・LOVE&PEACE」
     やっぱり筒井監督はすばらしい!

9位  「グッドシェパード」
     あのアンジェリーナが脇役でした。

10位 「ITバブルと寝た女たち」
     欲にくらんだ女のようなリアルなものを見ました。

11位 「虹の女神」
     桜井亜美、上野樹里、市原隼人、
     これから期待できる人たちの作品。 

12位 「奇跡の動物園~旭山動物園物語~」
     人の力を感じました。やればできる!

13位 「ホーンティング」
     観ると凄い良い作品でした。

14位 「雨樽の川」
     幼馴染の恋愛の純愛物語。

15位 「隣之怪」シリーズ
     2008年に1~4話まで観ました。
     どれも怖いけどおもしろかったです。

テーマ:映画 - ジャンル:映画

2007年映画のランキング
2007年に見た映画のランキング。
これは2007年の新作というわけではないです。

 1位 「名も無きアフリカの地で」
    やっぱりユダヤ人の苦労は感動します。
    戦火とはまた、違った苦労を描かれています。

 2位 「ワールドトレードセンター」
    9.11の出来事は忘れることのない事件です。
    その中でのドラマは感動でした。

 3位 「ウェイク・アップ・ネッド」
    ずっと前の映画ですが、ヨーロッパ映画の美しい
    映像とか、コメディーですけど、ドラマのような
    描写がとてもよかった映画です。

 4位 「地下鉄(メトロ)に乗って」
    戦後の日本の動乱期をドラマにした映画です。
    ノスタルジーな雰囲気がとてもよかったです。

 5位 「クラッシュ」
    アカデミー賞受賞作品。アメリカの問題を描いた
    難しいテーマを観やすくした映画。

 6位 「ゴーストドッグ」
    アクション映画ですけど、映像のきれいな映画。
    この監督は日本がとても好きなことが伺えます。
    ちなみに凄く有名な映画監督です。

 7位 「パンチ・ドランク・ラブ」
    王道を行くラブストーリーとは違うラブストーリー
    主人公のドラマのような雰囲気もあっておもしろい映画です。

 8位 「ヴィゴ」
    ヨーロッパ映画。実在した映画監督のドラマ。歴史的なことと
    ラブストーリー、ドキュメントドラマを一緒にしたとても
    よかった映画。

 9位 「ランチ・ウィズ・チャールズ」
    正統派のラブストーリー。香港、カナダ合作映画。
    純粋な恋愛がとてもわかりやすい映画が凄くよかった作品。

10位 「宗家の三姉妹」
    これもまた、歴史ドラマ。実在したセレブな女性が戦争の
    動乱期に生きる映画。3人の姉妹は性格が少し違う。
    そんな姉妹の生き方の話し。人気のある映画です。

11位 「花田少年史」
    どちらかというと子供向けホラーコメディーと言った
    感じの映画。とても日本っぽくてよかった映画。

12位 「僕の彼女を紹介します。」
    日本でもとても話題になった韓国映画。強い女性を描いた
    ラブストーリー。



■ 今年は映画の見るペースが落ちそうです。でも、頑張って見ます。

テーマ:映画 - ジャンル:映画

2006年映画ランキング
2006年に劇場公開やDVDが発売というわけではないです。





1位

「 海猿 リミット・オブ・ラブ 」

命を懸けての人を、仲間を助けるのは感動です。





2位

「 ミリオンダラー・ベイビー 」

重病の人の感情と、その重病を取り巻く人の感情は考えさせられます。





3位

「 機関車先生 」

声の出ない先生のヒューマンドラマ。この手の物語は感動します。




4位

「 FLY,DADDY,FLY 」

単なるコメディーと思ったら子供のためにという父の感動ドラマです。




5位

「 スターリングラード 」

戦争中での男と男の勝負。
名手のスナイパー同士の戦いは夢中に見てしまいます。





6位

「 僕の彼女を紹介します 」

チョン・ジヒョンの代表作。警察のドラマと恋愛がみどころの映画。
最後は感動します。

テーマ:2006年Best10 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。