movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
神から授かりし子 / エンジェルハート
キャッツアイの前でシンフォンを待つシャイン。
そこへシンフォンが帰ってきた。それで、朝帰り
だったので、香のようにシンフォンをハンマーで
殴ろうとすると、シンフォンの元気がない。

シンフォンが元気がないのはパイランが命を
かけて任務を行ってることだった。それで
シャインがシンフォンの代わりにパイランを
助けると言い出した。

それで、シャインはハヤカワを狙うと、パイランが
ガードに現れた。それで、射撃で狙っている
ことに気付いているかのようなそぶりをした。
シャインはその後すぐにハヤカワの元へ行った。

それで、実は狙って2回は殺していると、
ハヤカワにシャインは伝えた。そして、シャインを
シティーハンターとして雇わないかと、ハヤカワに
言うと、「君はシティーハンターでない」と答えた。

それから続いて、ハヤカワはシティーハンターの
ことを話すと、シャインは冴羽僚の親だと話した。
それからハヤカワはパイランとの出会いをシャイン
に話した。

そしてハヤカワはパイランを本当の娘のように
思っているとシャインに話した。その話しを
ドア越しに聞いてたパイラン。ハヤカワは
シャインに出て行くように言った。

「冴羽の娘にボディーガードにさせれない」と
言ったが、続けてハヤカワはシャインに「パイランの
友達になってくれないか」と頼んだ。
それで部屋を出るとパイランが居た。

パイランとシャインが一緒に歩く。それで素性を
聞く、パイラン。シャインはパイランの目的を推測で
話して、当ててしまう。パイランに「あなたは百虎の
仲間で、今は任務を遂行中でしょ」と聞く。

シャインは「元は同じ組織でグラスハートという」
名前で居たことを話した。その時、「シンフォンを
失って生きる望みをなくしていた」ことを話した。
そんな時パイランもハヤカワに助けられたことを話した。
スポンサーサイト

テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

組織からきた女 / エンジェルハート
シンフォンを見て気付いた女がいた。
その女がシンフォンのいる喫茶店、
キャッツアイに現れた。そして、シンフォンが
昔の好きな女の人のことを話し始めた。

その女が珈琲を飲んだ後帰り際に
中国語で話した。昔の思い出を
それでパイランだと、シンフォンは
気付いた。

そのあと二人は別れ際にシンフォンが
渡した指輪が残されていた。
シンフォンとパイランと二人はデートを
始じめた。

二人はいろいろと思い出話しを始めた。
パイランはシンフォンが変わっていたことを
感じていた。昔みたいに緊張感がなく
なっていたことを。

そして、シンフォンに尊敬できる人、冴羽
僚のことを話し始めた時、僚が現れた。
ところが僚はパイランを抱きかかえて逃げ
出した。

いつものモッコリと言って、追いかける
シンフォン。僚は尾行されていることを
見抜いていた。それで僚は逃げたと言う。

パイランとシンフォンは尾行をまいたと
思っていたのに尾行がいた。
まいた尾行はオトリの尾行だったと、
僚は言う。

下手な尾行をつけて、実はもう一人
尾行をつけるという。基本的な方法だと、
僚がシンフォンとパイランに教えた。
その後、僚はその尾行の相手を捕まえた。

パイランは僚が凄いことを見抜いていた。
その後シンフォンがパイランに尾行の者が
誰なのか聞くと、任務だから言えないという。
それで走ってパイランは去った。

その時にパイランはシンフォンに最も危険な
部隊のボタンを渡した。それで、シンフォンは
パイランのしている任務が死んでしまうことを
心配した。

一方、尾行していた奴らのボスのところへ
行ってたら、それは僚の知り合いのところだった。
ハヤカワという裏社会のボス。それでパイランは
ハヤカワの元で働いていることを知った。

パイランとハヤカワは信頼していると、感じた僚。
そして、別れ際にハヤカワがパイランの会って
いたシンフォンのことを聞いたが、僚が「家族」と
言っていたので、納得した。

僚はその姿は親、そのものと感じた。

テーマ:TV - ジャンル:テレビ・ラジオ

最後に見た奇跡 / エンジェルハート
僚が香との昔の回想シーンから始まる。
それはサユリの夢の中の様子。
その夢の中はまだ、槙村も生きていて、
二人のシティーハンターの活動の回想。

その槙村との出来事はシティーハンターが
麻薬を奪った話し。それでその麻薬のこと
を知った香。香は驚くそぶりも無く、香も僚
と槙村が何かをやっていることは薄々知っていた。

話しはまた、一転して、香と僚が海坊主の
喫茶店、キャッツアイでのこと。僚が香に
プロポーズをしようとしていた。しかし、僚は
なかなか言い出せずにいた。

それで、香が自分の気持ちを言い出した時、
やっと僚がプロポーズした。そのやりとりを知った
サユリは涙した。

また、一転して、チェンダーという裏社会の
有力者が僚を誘っている。僚の腕を見込んで。
その話しを海坊主がサユリにしている。そしたら
キャッツアイに僚が入ってきた。

それで、僚が一緒にニューヨークへ行こうと
言うがすぐにシャインに見つかって、香のように
ハンマーで殴った。空港へ行く途中で僚の
車が壊れたらしい。

その壊れた車で助けを待つ間に僚と香の
関係を理解したことを話しているサユリ。
それで「妹の香は幸せだった」と、僚に話した
サユリ。サユリはアメリカへ戻って行った。

テーマ:TV - ジャンル:テレビ・ラジオ

私の妹・・・香 / エンジェルハート
槙村香に会わせてほしいという人が
現れた。それで、亡くなったと伝えた。
その人はタチキサユリという香の実の
姉だった。

香の両親は離婚したので香とサユリは
別れ別れになったという。しかし、香の
両親はタチキに妹は居ないと言っていた。
しかし、タチキには香との記憶があった。

香との思い出を思い出すとそれは夢だと、
タチキの母はタチキに言っていた。しかし、
タチキの母親が死ぬ前に実は妹が居る
のだと、言って亡くなった。

それでタチキは「XYZ」で僚に妹を
探してほしいと依頼したが、タチキは
TV局の編集長なので、香は僚と
一緒にいることを知っていた。

僚の部屋へ行った。そこで僚は香の
部屋を見せた。そこへシャインが帰って
きた。そして、シャインが香の心臓を
移殖れたことを伝えた。

シャインはすぐに仕事の時間になった
から出かけなくてはいけなくなった。
それにタチキはついていくと言い出した。
僚は連れて行くことを許した。

その現場でシャインが暗殺者をして
いることを知ったタチキ。シャインはずっと
暗殺者をしていることをなんでもなく
タチキに告げた。

それを見たタチキは信じられない表情を
して、僚に「香も無理矢理させたのでは」
と言い出した。そしたら、シャインに香の
姿を見たタチキ。

僚はシティーハンターをしているのは
「香の幸せのためだ」と、答えた。
その僚の姿はとても穏やかだったと
感じたタチキ。

タチキはこれから確かめてほしいと、僚に
言った。次の日、タチキは僚に取材を
させよと言った。僚は今は急がしいと言った。
夕方か夜なら取材できると僚が答えた。

しかし、僚はなかなか現れなかった。
シャインが寝てから、僚はタチキの前に
現れた。僚はアポが取れたから取材へ
行こうと、とあるバーへ連れていった。

そのバーのマスターがタチキを見て、香に
そっくりと言い出した。それで、香の特等席
へ座らせた。そこは香以外に誰も座らせ
なかったとタチキに伝えた。

それで、香がいつも飲んでいた酒を渡すと、
その酒を飲んだタチキは酒が強す過ぎて、
飲めなかった。タチキは酒に弱いが、香は
酒が強かったと、マスターが話した。

それでマスターは香との思い出を語りだした。
マスターもヤクザで香に助けられたことを
話し出した。そして、香に助けられたのは
そのマスターだけでないことも話したマスター。

しかし、タチキは香のやっていたことがまだ、
理解できなかった。酔いつぶれてしまった
タチキは僚に背負われて、僚が連れて
帰っていた。

テーマ:TV - ジャンル:テレビ・ラジオ

約束 / エンジェルハート
シャインは夏目のことを見てる。それに気付いた
夏目。それでシャインは夏目に恋してることを告
白した。夏目はシャインを呼び出した。その時、
香との淡い思い出を思い出している。

それで、夏目は香との高校の時の思い出がず
っと、回想されている。その時、香も夏目に恋
心を描いていて、夏目がフランスへ旅立った日
のこと。

今回もシャインと会ったけど、また、フランスへ
飛び立つことをシャインの中の香に告げた。
そして、僚も夏目の前に現れて、自画像を
書いてほしいと夏目に頼んだ僚。

夏目は香の絵を泣いてたいた人だと気付いた。
僚はシャインへ夏目が飛び立つ、飛行機の
時間をシャインに伝えた。シャインは夏目に会
いに行った。

珈琲を飲んでる時にシャインの夏目への気持
ちは香の心の影響じゃないかなと気付く。それ
で香の声が聞こえてきた。今なら恋の気持ちが
わかるだろうと言ってきた。

テーマ:TV - ジャンル:テレビ・ラジオ

私、恋してる!? / エンジェルハート
シャインはシンフォンと映画を見に行ってる。
それで歩いてる時に公園で一人の絵描きと
出会う。それで、なぜか、シャインは懐かしい
気分になる。

それで、歩いていると、絵の展覧会で香の
絵を見た。そしたらその公園で出会った
絵描きと再会した。それでその絵のことを
シャインがたずねると昔の香だと言う。

そして、シャインはその男は香の初恋の人
だと思った。そして、「香に会いたい」って
言ってきたその人は、シャインが「香は亡く
なった」と告げると涙した。

その人の名は夏目芳樹と言った。夏目は
画廊を開いて、人気が出ていた。
その画廊に僚が来ていた。そこで香の絵を
目にした僚も涙した。

その絵は表情豊かな香の姿だった。
その表情は僚の前でしかしなかったという。
そこで香の絵を見て、号泣している僚を
シャインは見た。

シャインのときめきは高まっていた。その想い
は僚と同じものだと思った。そして、さらに
シャインは香の夏目への想いはもっと深い
ものだと思っている。

テーマ:TV - ジャンル:テレビ・ラジオ

もう一度あの頃に / エンジェルハート
この前の続きで兄弟のヤクザの弟が
大きな組織に狙われている。陳大人
によれば、裕福興業だと言う。それは
アジア系のマフィア、かなり危ないと言う。

兄弟のためにシャインが動きだす。
弟に接触をする。それで弟にあいかわず、
イブに弟が家族のために貯めていた貯金
を渡すようにシャインが言う。

弟がクリスマスイブの約束の場所にいる。
そこへまた、シャインが現れて、貯金を
兄へ渡せという。それはただ単に渡すのでは
なく、兄弟の絆を戻してほしいというシャインの思い。

そして、シャインが後押しして、兄弟が再開した。
せっかく再開したけど、今回の依頼は兄の
兄弟を殺してほしいという依頼。だから、僚は
二人を撃った。

そして、マフィアの見てる中僚は撃った。
二人が救急車に運ばれて、マフィアが追ってる
兄は殺されたとマフィア達思った。でも、実は
催眠弾だった。シャインを騙してまで。

それで、二人は陳大人のはからいで、有名な
中華料理の店で働いている。そして、兄の恋人
へは僚が兄のいる場所を伝えた。
それで、兄弟の絆は戻った。

テーマ:TV - ジャンル:テレビ・ラジオ

死にたがる依頼者 / エンジェルハート
暴走する車から子供のところへ
突っ込みそうになっているのをシャインを
助ける。しかし、僚はシャインに
もう少し銃を使わないように言う。

そして、一緒に歩いている時に
殺してほしいという人がやってくる。
それはどうやらヤクザの双子の兄弟とか、
僚もそのヤクザの弟の方は知っていた。

そして、ヤクザになった弟は親に勘当されて
以来あんまり会っていないという。
その依頼主の兄も普段は会わないが、
誕生日だけは会っているという。

一方、シンフォンとシャインがそのヤクザの弟
のところへ行った。そしたら、その事務所には
その弟が貯めた兄への貯金を見つけた。
やっぱり兄弟だと感じた瞬間だった。

それからシャインはヤクザの弟を呼び出す。
その弟を殺すというシャイン。兄への貯めた
貯金通帳をちらつけながら。それから遺言
だけは聞いてやると言う。

それでシャインは弟の家族への想いを
聞き出した。それでその通帳を返した。
メモを残して。

また、兄の方は死ぬことを前にして、
店の常連に感謝セールとして、店の特売を
始めた。それはこれまでのみんなへの感謝の
気持ちだった。

僚はヤクザの弟が麻薬の密売組織に狙われ
いる情報を手に入れる。

テーマ:TV - ジャンル:テレビ・ラジオ

鼓動と共に・・・ / エンジェルハート
シャインが自殺して、僚に助けられた記憶を
辿っているところから始められる。
そして、シャインの周りにいる人が紹介されて
いる。僚の友達の紹介と言っても良い。

これまでの出来事を回想している。
そして、過去の27番というミッションをこなす
だけの兵隊は無くなり、今はシティーハンター
のシャインになったことを話している。

シャインはいつも、香の顔を見ている。
顔は実際に見ていなかったけど、
そして、夢の中とかでいろいろ教えられている。
仲間も出来たことを実感していた。

テーマ:TV - ジャンル:テレビ・ラジオ

出発(たびだち)のメロディー / エンジェルハート
続きでシャインがユメの持つ銃を
自分につきつけて、撃てと態度で
示している。
そこへ僚が入ってきた。

僚はこの責任は僚にあるとユメに
告げた。その時ユメはシャインの
心臓の鼓動を感じて、香りを
感じたユメだった。

銃を手から離したユメだった。
そして、シャインが友達であることを
再認識したユメだった。その後、
ユメはバイオリンの留学へ飛び立った。

そして、シャインはユメの前には
現れなかったけど、遠くからユメを
見ていたシャイン。ユメはシャインへ
バイオリンを弾いた。

そんなシャインを見つけ、僚はシャインを
説得して、ユメと会うように伝えた。
最後の最後にユメとシャインは
会うことができた。

シャインと僚が山の手線の電車へ
一緒に乗っている。シャインは
僚にいろいろ聞いている。
そして、電車の中で寝だしたシャイン。

そして、海坊主の喫茶店でシャインが
ユメの本当の依頼を思い出した
ユメの父の本当の想いは殺し屋から
逃れたかったのだろうと・・・

テーマ:TV - ジャンル:テレビ・ラジオ

不公平な幸せ / エンジェルハート
ユメがシャインを銃で撃とうと
してるところから始まる。
しかし、思い留まったユメ。

それはユメが父を殺した人のは
シャインだったことを知ったから。
そして、僚はユメのボディーガードを
首になったという。

そして、ユメの元にマッドウォーカー
から電話がかかってきた。
ユメに再び、シャインを殺せと言う。

僚はユメの手伝いをしてる女の人の
フェアンセ、カザマのところへ行った。
それはマッドウォーカーがカザマだという
ことを疑っている。

カザマはユメに自分がマッドウォーカー
だということを告げて、ユメの前に
現れた。そして、シャインを殺し損ねた
こと、責めだした。

そして、マッドウォーカーはユメの父が
本当のユメの両親を殺したことも
告げてしまう。

しかし、それはユメの育ての親、
マッドドッグがすでにユメに話していた。
そして、マッドウォーカーにユメたちが
殺される手前でシャインがやってきた。

シャインはギリギリのところで助けた。
それでシャインとユメが鉢合わせに。
それでシャインはユメに
今の気持ちを告げた。

テーマ:TV - ジャンル:テレビ・ラジオ

哀しき愛護者(ガーディアン) / エンジェルハート
ユメがシャインに自分のコンサートを誘うところから始まる。
マッドドッグが手がけた暗殺で一人だけ、
遺体がなかった事件があると陳老人が話した。
その娘がきっとユメだという。

ユメを警護中、シャインはわざと殺気を出して
マッドウォーカーへ居場所を知らせた。
それでもマッドウォーカーは会場を爆破した。
そして、シャインはユメを助けるために走った。

そして、気を失ってしまったシャイン。
病院で寝ているシャイン。
医者は怪我はなんでもないと言う。
そんな気を失っている中、香の夢を見ているシャイン。

マッドウォーカーはユメにユメの父は殺し屋で
ユメの父を殺した人はシャインであることを告げた。
それでマッドウォーカーはユメに父の仇をとろうと言ってきた。
それでシャインの近くで銃を持ってたつユメ。途中で終わる。

テーマ:アニメ - ジャンル:映画

宿命のプレリュード / エンジェルハート
シャインが一枚の新聞の記事を見つける。
それはシャインが昔に殺した男の娘、ユメ。
そして、その娘が掲示板に「XYZ」
の文字を書いた。

それはシャインの殺した男の娘の依頼。
その娘の話しは殺した人を探して復讐する
のではなく、その父のやっていたことがわからない
という。そして、父のことを調べてほしいという。

陳老人にその父のことを聞くと、どうやらら
名の通った殺し屋だったらしい。
その名は「マッドドッグ」。それは僚も知っていた。
そして、他に仲間がいると陳老人は言う・・・

シャインはこの依頼を受けることにした。
僚は断ってもいいと言っていたが・・・
そして、その娘の側にいる女性が誰かに
狙われた。シャインはもちろん助けた。

どうやら、その仲間が狙ったらしい。
その仲間は「マッドウォーカー」という。
そのマッドウォーカーがユメとその側にいる
女性、ハルカを狙いはじめた。

それで、僚と海坊主の側に置くことにした。
一方、シンフォンはシャインのことを気にしている。
シャインが殺した父親の娘の依頼を受けて、
罪悪感で悩まないかと。次に続く。

テーマ:アニメ - ジャンル:テレビ・ラジオ

陳老人の店 / エンジェルハート
シャインとシンフォンがゆっくりと食事を取らないので、
海坊主も僚も困っている様子。
なんでも、戦士として、慣れていたので
食事はすぐに食べるという癖になっているらしい。

そんな時、リー大人の店が海坊主の店の隣にできた。
それでシンフォンとシャインはそこで働くことになった。
シャインは未経験だったので信じれない行動の連続。
そんな失敗に陳老人とシンフォンは謝ったり。

そんな時シャインはそこで食べるお客がご飯を
食べる姿を見てシャインは何が楽しいかわからなかった。
そんな時、ヤクザがお店へやってきた。
そして、もちろん暴れだしたが・・・

シャインとシンフォンがいる店だからすぐに、
暴れるのを止めた。最後のダメ押しで
陳老人がやってきた。リー大人は裏社会の有力者。
それで、帰ったヤクザ達。

そんな出来事の後に、
シャインは僚と朝ご飯を一緒に食べた。

テーマ:アニメ - ジャンル:テレビ・ラジオ

夢の中の出会い / エンジェルハート
シャインがなぜか、小さい時の夢を見るところから始まる。そして、シャインは病院へ行くと懐かしい気持ちになるとか。それは香が昔、看護士をしてたからだろうという病院の先生。病院で寝てしまったシャインは僚が死にそうなってる夢を見ている。それでシャインが助けを求めて走ると一人の女性の手を掴んだ。そして、その掴んだ女の人は僚に「死ぬ場所はピッタリ」と話している。シャインは夢の中でその女の人の顔が見えると、それは香だった。夢の中で今度は香と香の兄との会話がされている。夢の中のシャインはなぜか子供。そして、病院で寝ている僚を看護をしてる香だけど、その香を殺そうとしている僚。シャインは必死に止めようとしているが、夢の中ではシャインはみんなから見えない幽霊のような状態・・・次に続く。

テーマ:TV - ジャンル:テレビ・ラジオ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。