movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
水槽のある家 / 名探偵コナン
2010年10月16日放映分。水族館を見に
行ってる少年探偵団と博士。博士の友達の水族
館をデザインする知り合いの紹介で水族館のあ
る家へ向かっている。

チャイムを鳴らす博士。しかし誰も出てこない。
そこへそこの住人、西田のアシスタントをして
いる井村という男がやってきた。井村はグアム
からの帰りだと言う。

井村の持つ合鍵で西田宅へ入った。井村は子供
たちに魚を案内して回った。灰原は「この家に
は水槽の電気代だけでどれだけかかってるか、
まるで活きる宝石ね」とコナンに話した。

元太とミツヒコが手を洗いに風呂場兼手洗い場
へ行くと西田が浴槽で倒れていた。どうやら死
んでいるようだ。すぐに救急車と警察を呼んだ。
そこへ目暮警部がやってきた。

検視の結果溺死で金曜日になくなった様子だと、
話された。コナンは「金曜の夜に風呂に入った
なら電気がついてないよ。この人の手に接着剤
がついてるよ」と指摘した。

木刑事は「確かに酔って細かい作業はしない」
と話した。目暮警部は井村に金曜日とか土曜日
はどこへ居たのか聞くと井村はグアムだと答え
て、パスポートを見せた。

あゆみがエビの死んでる水槽を見つけた。今度
はくらげがいると元太とあゆみが言ってその水
槽みてみると小さいくらげに見えるコンタクト
レンズが浮遊していた。コナンは殺人だと思った。

西田さんの検視の結果血中からアルコールが確
認された。木はこれで溺死だと言うと、コナ
ンが博士を使って推理を始めた。犯人は西田さ
んがミニチュア製作中に殺害したのだと。

それで西田さんの首筋から注射でアルコールを
直接入れたのだと話した。それでコナンは犯人
は井村だと言った。それで殺されたのも木曜だ
と言った。

遺体を冷やして死亡推定時刻をずらしたのだと。
それは接着剤が固まっていないことから体が低
い温度にあったことを示しているとコナンが説明した。

水槽で使う冷却機を使って浴槽の水を冷やした
という。冷却機を浴槽へ入れて冷やしていたけ
どコナンたちが来る前に井村がやってきてその
冷却機を水槽に戻したのだと話す。

だから冷たい水で生息しているエビが死んでい
たのだと。井村はグアムで射撃をやっていた。
冷却機を持ったので冷却機に硝煙反応が出た。
それで井村の服からも硝煙反応が出て、井村の
犯行が確実となった。

井村は動機を5年前から西田は設計ができなく
なっていて、井村が代わりに設計をやっていたと。
でも、それでもよかっただと井村は話した。し
かし、ある時西田が若い設計士を連れてきて、
井村を使い捨てにしたと話した。
スポンサーサイト

テーマ:TV - ジャンル:テレビ・ラジオ

プロサッカー選手脅迫事件 / 名探偵コナン
2010年10月9日放映分。コナンが脅迫の
説明と脅迫の罪の重さを話している。元太がコ
ナンにサッカーの決勝戦の行方を話している。
コナンが事務所へ帰ると少女が待っていた。

コナンが「どうして入らないのか」と言って、事
情を聞くとその少女は「探してほしい人がいる」
と言って、探してほしい人は新一だった。蘭と毛
利小五郎が新一に怒りだした。

その少女は新一とキスまで済ましたと話して、
小五郎と蘭はさらに激怒した。そんな時事務所
に博士から電話が入ってきてコナンが電話をと
って新一からかかってきたフリをした。

そして、少女の部屋行くことになった。コナン
はこの部屋に女性が住んでないことをすぐに見
破った。 コナンは探る必要があると「マモル」
と書かれた部屋を見つけた。

入ってみると部屋は荒れていたがコナンはそこ
で写真を見つけた。そこに写っているふたりで
知っている人がいるようだった。コナンはサッ
カーの放映で東京スピリッツのヒデだと思い出した。

コナンは気付いた。それで博士の新開発の弁当
型ファックスで電話した。コナンは新一の声で
その少女に「誘拐ですね」と伝え、もう全てを
見抜いていた。

詳しくはファックスで送ってくれと頼んだ。蘭
が受話器を取り上げ、叫ぶと蘭の声がハモった
のでコナンがここにいると考えた。ファックス
を見たコナンはみんなのいるところへ戻った。

ファックスが流れてきた。それは誘拐犯のもの
で「契約違反だ。もう弟と会えないと思え」と
書かれていた。コナンはしまったと思った。少
女は泣き崩れてしまった。

コナンは誘拐された少年の部屋荒らされている
ことが不自然だと思っていた。コナンはそこで
マモル君がゲームをしていたことがわかった。
ゲームを見てみるとナオキという名前が出てきた。

コナンはその少女に「ナオキ兄ちゃんにマモル
を生き返らせてもらってくるよ」とかかれてい
たことに気付いた。コナンは犯人はウエムラナ
オキだと気付いた。

そのウエムラナオキの家へ行った。蘭は取り乱
していた。ウエムラナオキはなかなか家へ入れ
てくれそうになかったが、ドアを蹴り開けた。
マモル君を見つけて確保した。

アカギヒデオに「マモルは大丈夫だった」と連
絡した。そしたらアカギヒデオは生き返るよう
なプレイをし出した。ウエムラナオキは誘拐の
動機を話し始めた。

それはウエムラナオキはアカギヒデオ、傷つけ
られた足について怒った犯行だった。この事件
は解決した。それで少女は新一の電話番号を知
っていたので蘭に知らせた。

蘭はすぐに電話しようとするとコナンが焦って
いた。電話はランドセルの中だった。電話が鳴
ってコナンが焦っていた。コナンは土壇場蘭に
言い訳した。

そんな時コナンを向かえに博士がやってきてい
た。すぐに博士の車に乗ってその場を去った。
蘭はずっと疑っていた。

テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

屋上農園の罠 / 名探偵コナン
2010年9月18日放映分。コナンと蘭、
毛利小五郎が屋上に来ていた。そこでは家庭
菜園が行われていた。目白さんというOLで
蘭たちの知り合いがいるようだ。

そこで田口というサラリーマンが「ああ、防
虫ビニールをひっぺ返してるのは」と声をあ
げていた。その前の中村という爺さんの仕業
のようだった。

次は井上というOLの畑にその爺さんが雑草
を捨てていたようだった。その井上が爺さん
に文句を言うと、その爺さんは井上にバケツ
一杯の水を掛けた。

次に毛利小五郎が来ると屋上ではその中村と
いう爺さんが倒れていた。額に傷があった。
すぐに目暮警部がやってきた。事情を毛利小
五郎から聞いていた。

「なんだね」と目暮警部が毛利小五郎を見て
言った。毛利小五郎は畑仕事のかっこうして
いた。現場検証をすると畑の側に手すりの塗
料と同じ塗料のついたタオルと携帯電話が落
ちていた。

次はエレベーターの防犯カメラで調べること
にした。毛利小五郎は被害者の中村の爺さん
が変なかっこうをしていることに気付いた。
中村の爺さは自分を指差していた。

「これは誰か殺害者を指差しているのでは」
と推理した。そこへ目白、田口、井上が事情
聴取していた。目白は事務仕事していた。田
口はホームセンターに居たと。井上は家に居たと。

現場検証でみんな、殺害現場へ行った。落ち
ていた携帯電話は中村の物だった、報告が入
ってきた。中村が屋上に上がったのが午前9
時だった。

毛利小五郎は今度は事故だと言い出した。コ
ナンは額の傷と2枚落ちていたタオルが謎だ
と思っていた。蘭が畑の支柱を立てようとし
ていた。コナンが勝手に触らないように注意した。

コナンが割れたレンガを見つけた。コナンは
犯人がわかった。毛利小五郎を使って推理を
始めた。コナンが寝かせるのに失敗して毛利
小五郎は案山子にもたれかかってしまった。

犯人は穴の開けたレンガにロープを通して、
タオルをしいて、レンガを吊るしていた。そ
のレンガを見た中村さんがタオルとレンガに
近づき触った時にロープを引いて中村の爺さ
んをこかして、頭をぶつけさせて殺したのだと。

井上は証拠を見せろと言った。井上は事情聴
取の時に「勝手に頭を打って死んだのでしょ」
と言っていたが警察はその時はまだ死因を話
していなかった。

警察が部屋を調べようとすると井上が自供し
た。中村は井上の親から受け継いだ種の野菜
を枯らしていた・・・それが動機だったようだ。
毛利小五郎は忘れられていた。

案山子のかっこうをしたまま、毛利小五郎は
寝ていた。コナンは置き忘れたと・・・

テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

闇に消えた麒麟の角 / 名探偵コナン
2010年9月4日放映分。コナンが麒麟の角
の説明をしています。鈴木相談役がその麒麟の
像を所有してるとかで、また怪盗キッドが狙って
いた。そこへコナンたちも呼ばれた。

相談役は他にテレビクルーも呼んでいた。怪盗
キッドを捕まえようとしている。そのキリンの
像は台座にある四隅の鍵穴に鍵を入れて同時に
回さないといけなくなっていた。

麒麟の像を大きな柱の仕掛けの中にしまってい
た。その像のしまっている柱は三水吉右衛門が
作っていた。三水吉右衛門が作ったからくりに
相談役は自信を持っていた。

灰原は「この像はすぐに盗られそうだ」と言っ
てた。そこへ来ていた中森警部も疑っていた。
灰原、ミツヒコ、あゆみ、元太も一緒に怪盗キ
ッドは簡単に盗んでしまうと話していた。

この麒麟の像のテレビが放映されていた。そこへ
部屋の電気が落ちた。みんな焦っていた。何か変
な小さな音が聞えていた。そしたら柱が動く音も
していた。そんな時コナンが倒れた。

暗い中気付いたら麒麟の角がいとも簡単に盗られ
ていた。明かりがついて、麒麟の角が盗まれてい
るのが確実となった。キッドは盗んだ印のカード
が置かれていた。

いよいよキッドが進入していたようだ。「キッド
は窓を壊して、雨などを入れて混乱させた」と中
森警部が説明をしていた。コナンはスタンガンで
気絶させられていた。

相談役はある程度キッドの策略は読んでいたが、
盗まれてしまった。相談役は盗まれてから準備周
到だった。鈴木相談役は「柱を無理やり開こうと
するとけたたましい音が鳴るように仕掛けをして
いた。だからキッドはまだ、ここにいる」と言い
出した。みんな、緊張が走った。

「中森警部、うぬの出番じゃ」と相談役が言った。
中森警部はあの暗闇の中でどうやって鍵穴に鍵を
入れたか、質問した。鍵穴を見ると蛍光塗料が塗
られていた。

中森警部は突然「怪盗キッドさんよ」と相談役に
向かって言った。相談役はもちろん、焦った。相
談役は「わしの体を調べればいい」と言った。灰
原は「調べる役は少年探偵団にさせて」と言った。

調べたが・・・麒麟の角は誰からもどこからも出てこ
なかった。中森警部は「キッドはもう逃げちまった
んだよ」と言った。灰原は工藤君を気絶させたのは
腑に落ちないと思っていた。

また、三水吉右衛門の言葉を気にしていた。灰原は
正しい方向と流れという言葉に着目した。正しい方
向は鍵で流れとは・・・と思うと風が流れてきた。灰原
は「風?」と思った。

ミツヒコが「すずめ」と言いだした。このトリックに
すずめが関係していると言い出した。それは赤い台座
に「雀」と書かれていた。灰原は朱雀に気付いた。台
座の赤と雀で朱雀だと。

「この三水吉右衛門の言葉は鍵を失くした時のための
アフターケアだ」と灰原が言い出した。コナンは気絶
したままだった。みんなコナンに助けを求めたかった。
灰原はコナン抜きで説かないといけないと思い、テレ
ビクルーが撮影していた映像に気付いた。

テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

園子のアブない夏物語(後半) / 名探偵コナン
2010年8月7日放映分。コナンが「犯人」
について説明している。犯人は犯罪を隠蔽す
ることを話す。そして、園子のアブない夏の
後編が始まることを言う。

伊豆に海水浴へ来ていた園子、蘭、コナン。
なぜか園子がナンパされた。コナンは誰かに
見張られてる気になっていて、なんか変な感
じを感じていた。

園子をナンパした道脇の誘いでレストランに
やってきていた。蘭とコナンはレストランへ
行ったが園子は車で寝ていた。蘭、コナン、
道脇でレストランでフルコースを食べ始めた。

そんな時園子のいる車に誰かが近づいていた。
コナンはフルコースを食べ終えて、満足して
いた。そんな時旅館の息子がそのレストラン
へやってきた。

その息子は「このレストランへ来るのは始め
てだ」と言う。明らかにあやしい。園子の居
る車を見ると走りだしていた。車が走りだし
崖へ向かっていた。

蘭が急いで車を追いかけ、窓を蹴り、ドアを
開けて、園子を助けた。サイドブレーキがお
りていた。車の持ち主道脇はサイドブレーキ
をかけたと言う。

すぐに横溝刑事がやってきて、車を調べると
サイドブレーキがかかっていなかったと。園
子は「あやしい人がひとり居る」と園子が旅
館の息子に目をやった。

コナンは旅館の息子は犯人ではないと思って
いた。それで道脇も白だと思っていて、あや
しいのはコナンたちを尾行している男があや
しいと思っていた。

横溝刑事は「詳しい話しは署で聞かせてもら
おう」と言った。園子は「さっきあんなこと
があったから車に乗りたくない」と言うと、
道脇が「一緒に歩いて署へ行こう」と言った。

横溝は「園子は茶髪だし、危ない」と言った
が、歩いて署まで行くことになった。蘭とコ
ナン、道脇が一緒に歩いていっている。道脇
が写真の話しを切り出してきた。

園子は「全部盗まれたけど、蘭のあのはずか
しい一枚の写真を除いてね」と言った。コナ
ンはやっぱりあの写真に犯人に見られたくな
い何かが写っていると気付いた。

そんな時後ろからあやしい男が追いかけてく
る。それで逃げることにした。コナンは「あ
の写真は車ごとなくなったのになぜ、追いか
けてくるんだ」と思った。

コナンは電車を見た。それでやっぱりあの写
真に何かが写っていたのだと思った。あやし
い男が追いかけてくる。蘭はその男を捕まえ
て目的を聞くと、その男は刑事だと言った。

蘭はその男の腕を見た。昨夜園子が犯人の腕
を噛んだから歯型があるはずと思って見たが、
歯型がなかった。蘭は手帳の表だけじゃなく、
見開きを見せるように言ったらこの男は刑事だった。

コナンがサンダルなのに靴下をはいていた道
脇が犯人だと思った。園子と道脇が二人だけ
だった。園子は道脇の靴下の下にある歯型を
見つけた。道脇は犯人だと打ち明けた。

園子は後ずさりした。コナンはまた気付いた。
犯人は殺害した時電車のライトがカメラのフ
ラッシュの光だと勘違いしてるんだと。コナ
ンは園子を探して走った。

道脇は園子に「写真を出せ」と言い、今殺そ
うとしていた。コナン、蘭、その刑事が園子
たちを探していた。なぜ車が動いたか考えて
いた。コナンは氷をストッパーにして時間が
たつと、車が動き出すようにしていた。

コナンたちは園子と今にも殺害しそうになっ
ている道脇を見つけた。園子の元へ旅館の息
子が居た。蘭が思い出していた旅館の息子は
京極真という空手の全国大会で優勝した人だ
った。蘭はそれで見ていた。

京極は蘭の試合についてきていた園子を見て
一目ぼれしたようだった。

テーマ:TV - ジャンル:テレビ・ラジオ

ゾンビの死んだ夜 / 名探偵コナン
2010年7月24日放映分。コナン、蘭、
毛利小五郎が夕焼けが出ている公園を歩いて
いる。お笑いコンビ、今岡次郎、藤森朝子に
招待されて、その藤森の家に向かっている。

家につくと叫んでいた。叫び声の人、藤森朝
子が現れた。家の奥に入ると人が殺されてい
た。沼田ケイスケという男からずっと電話が
あったと藤森朝子は毛利に話していた。

その沼田ケイスケがストーカーをしていると
毛利が依頼を受けた。藤森朝子の腕には犯人
につかまれたあざがついていた。そこへ藤森
のマネージャー、久松実が現れた。

久松は「いったいどうして」と言った。藤森
の家で殺された人にはマスクを被っていたの
でとると、その人は藤森のコンビの相方の今
岡次郎だった。藤森は「次郎、次郎」と叫んだ。

蘭が藤森にあざのついた腕を冷やした方が良
いですよと冷やしたタオルを渡した。コナン
はその姿にあやしいものを感じていた。

マネージャー、久松が「今岡がコンビを解消
したい」と言っていたことを話した。今岡は
アイドルとかに手を出して、私生活は派手だ
ったことを久松は話した。

コナンは今岡次郎がゴムマスクで一人でコン
トをするために何個も持っていたようだった。
コナンは今岡のズボンのすそにオナモミとい
う植物がついているのを見つけた。

毛利小五郎が突然「この事件のことは全てわ
かりました」とそこに居た目暮警部に宣言した。
毛利小五郎は「今岡が藤森を脅かし心臓に負
担をかけ、芸人を引退させようとした」と推理した。

コナンは何か違うことを感じていた。今岡が電
話した公衆電話を見つけ、そのわきにはオナモ
ミが生えていた。コナンは何かを見つけて、何
かに気付いたようだった。

コナンは藤森の部屋に戻り、フルーツがキッチ
ンのテーブルにあった。コナンは確信した。毛
利小五郎を使って真実を話し始めた。この事件
は藤森朝子が正当防衛を装い今岡を殺したのだと。

藤森は沼田という架空の人物を作りだし、この
事件を仕組んだのだと。藤森朝子は午後6時頃
に今岡と会っていたのだと言う。コナンは蘭に
キッチンにあるフルーツを食べてもらった。

蘭は「ちょっと甘すぎるかな」と言った。「そ
う、それはシロップに漬けすぎた証拠」と。だ
から、フルーツポンチを作ってる時に今岡が来
て外へ出ていたのでフルーツポンチが漬かり過
ぎたのだと。

それでオナモミのあるところへ朝子は今岡と行
き、朝子はそこで心臓発作したかように演じ、
今岡に部屋へ薬を取りにいかせた。先回りした
朝子は今岡を待ち伏せして、殺したのだと。

朝子の腕のあざも自分で右腕で左手につけたの
だと。殺した今岡にゴムマスクを被せていたと。
その後作りかけていたフルーツポンチとハンバー
グを出したのだと。

朝子は「次郎が許せなかった」と動機を話し始
めた。朝子は「二人でがんばってきたのにと・・・
それで売れて、その後甘い実は次郎が一人で摘ん
で行ってしまうそれが許せなかった」と話した。

そのすぐ後に今岡次郎からプレゼントが届いた。
そのプレゼントには「結婚してくれ」と次郎から
の手紙も入っていた。

テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

赤く揺れる照準 / 名探偵コナン
2010年7月17日放映分。沖屋が百貨店の爆弾犯の
事件に巻き込まれていたというより自分から入っていた。
そこにはキールを撃とうとするジン。赤井を狙う黒い組織
の仲間。沖屋は微笑を浮かべて見ていた。

コナンは体に爆弾を巻いた男が起こした事件を解決する
ところだった。犯人は爆弾を巻かれたその男だった。
コナンは「百貨店のレジ係りの瀬田が赤いTシャツの
送り主だ」と話した。

瀬田は「この爆弾の男に殺された丸岡だいさくの娘よ」
と言った。この爆弾の男は落としいれられたと思って
いた。この男は性悪だった。そこで脅迫状を見せた。
爆弾男は「息子が誘拐されたのだ」と言う。

この脅迫状はその爆弾男が作ったものだと、コナンは
見抜いた。この瀬田はこの爆弾男が自分の父を殺した
決定的な証拠を知ってた。遺体を埋めたとこを見たの
だと、赤いTシャツを手旗信号で暗示していた。

「この爆弾男が埋めた遺体はまだその場所に残っている」
とコナンは言った。爆弾男は本当に息子が誘拐されていた
みたいだった。毛利小五郎への依頼はこの瀬田だった。
瀬田は毛利小五郎が見抜いていたことを驚いた。

毛利小五郎が雪山の事件のことを説明しはじめた。目を
丸くしたコナン。その内容は毛利小五郎の携帯電話に
メールで送られていた。それを見たコナンは驚いていた。
誰だと探して、コナンはこのメールを送ってきた人は
このフロアに居たと思っていた。

瀬田はその父が遭難した時一緒に居たのだった。遭難
事故のことをインターネットで調べたら瀬田の小さい
時の姿が写っていた。毛利小五郎の携帯電話で返信を
打つと、電話がなった。

そこに居たお客だった。「黒い帽子を被って頬に傷の
ある男に携帯電話を拾っていたのだ」。コナンは赤井
の影を感じた。探しにコナンが走っていくとジョディ
に出会った。赤井は今百貨店から出ようとしていた。

ジョディが追いかけようとするとジョディが沖屋と
ぶつかった 。百貨店の外へ出ると黒い組織の仲間が
撃とうと支持を待っていた。仲間は「早く撃たせろ」
といらだっていた。

そしたら狙撃師の方を見て、赤井は笑った。それで
大騒ぎになった百貨店。赤井を見失ってしまった狙撃
師。狙撃師はそこの人たちに見つかってしまった。
ジンはボスの支持で赤井の狙撃を中止した。

沖屋がコナンに声をかけてきた。「すばるさん」と
驚いて沖屋を見た。沖屋はこの事件のことを話した。
沖屋は「赤井のことを昔から知った顔だ」と言った。

テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

迫る黒の刻限 / 名探偵コナン
2010年7月11日放映分。ジンとキールが
話している。ジンがキールを脅しながら。キールは
ジンに「亡霊よ」と言い放っている。「全部ジンの
命令だったのじゃない」と言った。

赤井が生きているのか、死んだのかで二人は
もめている。コナンたちは米花百貨店で爆弾
事件で騒乱していた。ジンは赤井がこの百貨店
にいると思って張っていた。

百貨店の中にいる仲間に連絡すると何か問題
があると言っていた。ジンは中で何が起こって
いるかまではわかっていなかった。毛利小五郎
が店員にまた何か言っている。

どうやら残っているレシートのことでいつも
来てる客をどうして覚えてないのか、という
ことでもめていた。店員はさらに「このレシート
になったのは今年からだ」と言う。

毛利小五郎が「爆弾男」と言った。その男は
「爆弾をつけられた男なんですから」と犯人で
ないことを毛利に強調した。蘭とコナンが赤い
シャツを並べて「暗号じゃないかな」って言っていた。

百貨店の事件のあるスポーツコーナーの階以外
では機動隊が待機していた。外にはジョディたち
もいる。携帯電話で中の人と話す人もいた。TV
電話で話す人が居た。そこに赤井が写っていた。

毛利は突然踊りだした。ウェアーの形通りに動い
ていた。コナンが店員に何か聞いていた。コナンは
レジの部屋へ行ってパソコンで調べだした。それは
10年以上前の雪山の遭難事故の事件を調べた。

コナンは「送り主の狙いはわかった」と心の中で
思っていた。コナンは小五郎のところへ戻った。
犯人がコナンの行動に焦っていた。犯人は「わかる
はずがない」と思っていた。

百貨店には沖屋も居た。沖屋も何か気づいたよう
だった。もしくはジョディたちFBIの動きを探っ
ているのか、コナンと灰原のことを探っているのか。
ジンは赤井を殺害しようと張っていた。

ジンは中で騒いでいるがこの方が赤井を殺しやすいと
前向きに考えていた。キールが「バーボンはどこに
いるの」と聞いた。ジンは「さぁな」と返事していた。

中では毛利小五郎に百貨店の中にいる客たちが怒り
だした。そこへ毛利に電話が入る。毛利小五郎は
睡眠銃を撃たれた。コナンはいつも通り毛利小五郎
を使って「この事件がわかった」と言った。

「この事件は妙だと思いませんか」と言う。毛利は
「この爆弾犯は爆弾をまいたんじゃない。始めから
まいてきていたのだ」と言った。「だからこの置かれ
てる爆弾は実は爆発しない」と。

「犯人は爆弾男だからだ」と。

テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

ホタルが灯す真実 / 名探偵コナン
2010年6月19日放映分。コナンたちが蛍を見に
川へ来ていた。そこには宮司の小和田道武、47才が
居た。小和田携帯電話がなった。電話の向こうから変
わった曲が流れていた。それが気になったコナン。

その電話の相手の一人は村長の息子、中峰、27才だ
った。小和田は中峰に「安全運転に、くれぐれもな」
と言って電話を切った。中峰は電話を切ったあと、鼻
で笑った。何かたくらんでる様子だった。

小和田は博士に「あと15分で着くそうだ」と言った。
小和田は近頃は神社の参拝者がいないと話した。それ
でホタルの養殖をはじめて、参拝者を増やそうとした。
その協力者が中峰だった。中峰は資金集めに協力した。

その中峰は協力するかわりに小和田の娘、葵を嫁にく
れと条件に出したという・・・その中峰と言えばあんまり
良い噂がなく、村長の息子をいいことに暴力を振るう
し、女癖も悪いので有名だった。

そのホタルの見せるところに柏達馬、26才が居た。
どうやら葵と恋人のようだった。中峰と一緒にホタル
を持ってきているのは垂水、26才だった。その中峰
と垂水が到着した。

ホタルを放すと光を持ったホタルがいっせいに飛び出
した。元太が追いかけた。灰原が「ホタルは口がない
から水を吸うだけなのよ。ホタルになる前にとった養
分が終わると死んじゃうの」と言った。

そこへ宮司の知り合いの鳴滝という刑事が来ていた。
「きれいなホタルだ」と感激していたようだった。鳴
滝は「マユに見せたかった」とつぶやいた。ホタルが
灰原の前を通って灰原の顔が見えた時鳴滝の表情が変わった。

鳴滝の孫は去年の洪水の時に土石流で死んでしまった
と・・・垂水が中峰に電話をすると中峰が「助けて、烏
帽子岩」と言って電話が切れた。すぐに烏帽子岩へ向
かうコナンたち。烏帽子岩で中峰が死んでいた。

中峰からアーモンド臭がしていた。青酸系の毒で殺さ
れたようだった。鳴滝が話しをまとめた。中峰は誰か
の運転で烏帽子岩へ行ったということだった。

そこへ「少年探偵団だ」と元太が入ってきた。すぐに
鳴滝に怒られた。後ろから来た灰原に鳴滝は孫のこと
を思い出していた。灰原は葵に鳴滝の孫のことを聞い
た。土石流で亡くしたのだと。

葵も灰原がそっくりで驚いていた。小和田が娘の葵を
呼んで「お前が中峰を連れていったんじゃないだろう
な。あいつは何をするかわからん。知ってるか柏君は
相当いじめられたらしい」と話した。

続けてその時の様子を話し始めた。中峰は柏に「村一
番の名門が寄付を惜しむとは死んだお父上が聞いたら
嘆くような。」と大きな声で言っていた。そこへ柏の母
が現れた。それで柏は母に叱られたとか。

しかし、母親は会社の破綻寸前を知らないとか。葵の
父、小和田は柏との仲も「あの母親では」と心配して
いた。コナンは小和田と中峰の電話の時になっていた
音楽が気になっていた。

「中峰さんの飲んだドリンクは中峰さんのお気に入り
だったらしい」と博士が言った。「葵」とスピーカー
から小和田の声が聞こえた。「スピーカーで呼べるよ
うになっている」と葵が説明した。

葵が宮司の小和田のところへ行くと垂水と柏が居た。
鳴滝刑事が事件の話しをし始めた。スピーカーから鳴
滝刑事の話しが聞こえてきた。灰原が「宮司さん、マ
イクを切るのを忘れてるのよ」と言った。

鳴滝刑事は「聞き込みをしてるうちに残念な結果とな
りました。ホタルを放たれた後の30分、葵さんを見
た人がいませんでした。葵さんの姿が確認されてませ
ん。と、もう一人」と説明した。

「僕だったそうです」と柏が自分から言った。「僕は
安全圏だったんですね」と垂水が言った。コナンが
突然元太の持っていた懐中電灯が気になった。元太
はホタルが飛ばされた時中峰の乗っていた車から持
ってきていたのだった。コナンは気付いた。

「葵さん、何か言うことはありますか」と鳴滝が言
った。そこへ博士が入ってきた。鳴滝が「素人は入
ってこないでください」と言ったが博士の声でコナ
ンが「すぐに済みますよ。そこにいる垂水さんの犯
罪を暴いたらな」と言った。

「君なんじゃろ。中峰さんを毒入りドリンクで殺し
たのは」とコナンが言った。「小和田さんに電話が
かかってきた時にホタルの歌が流れていただろ、あ
の時は烏帽子岩へ行く途中に駄菓子屋で流れていた
ものだった」と話した。

博士は元太がたまたま、持っていた懐中電灯つきの
ボイスレコーダーでホタルを放す時の中峰の声は垂
水が中峰の声を流したのだと言う。そのボイスレコ
ーダーには中峰の声が録音されていた。

だからあの時小和田さんの声には反応できなかった
のだと。垂水は葵さんが烏帽子岩で待っていると中
峰に言って、毒入りの栄養剤を渡して殺したのだと。

逃げれなくなった垂水は鳴滝をナイフで切りつけた。
次に葵を切りつけようとして襲いかかる時柏が身代わ
りになった。垂水は今度は灰原の方へ走った。鳴滝が
「まゆ」と叫んで・・・その時土石流が流れ出した。

混乱したコナンたち。垂水は灰原を人質にとった。ホ
タルが飛んでいた。「ホタルなど、どうでもいい」と垂
水が言った。「コナンはそんなことないよ。ホタルがい
るということは外に通じる道があるいうことでしょ」と。

コナンはこれは水溜りに写ってるんだと思った。その
時灰原が垂水を蹴って逃げようとした。態勢を崩した
時コナンはボールを蹴って助けた。「まゆ」と言って
鳴滝が灰原のところへ寄っていった。

「わたし、まゆちゃんじゃないわよ」と鳴滝に言った。
垂水の犯行の動機は中峰のホタルの資金の使い込みと
中峰の会社のお金も使いこんでいたことだった。

テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

6月の花嫁殺人事件 / 名探偵コナン
2010年6月12日放映分。コナンがジューン・ブライドに
ついて説明している。6月の英語名、ジューンがローマ神話の
結婚生活の守護神、ジューノーに由来することから6月に結婚
する花嫁は幸せになれると言われている。

蘭と新一の恩師の結婚式だと、蘭と園子が先生の想い出を話し
ていた。コナンは新一として、その先生を想い出していた。松
本小百合、27才だった。コナンは音痴だったので「あのせん
こー、俺ばっかり3年間も目の仇にしやがって」と怒っていた。

蘭と園子は先生を見て、あまりの綺麗さに驚いていた。コナン
もその綺麗さは認めた。竹中一美と先生の音大の友達がレモン
ティーを買ってやってきた。コナンは先生がいつもレモンティー
を飲んでいること思い出していた。

松本先生はその友達に謝りだした。どうやら先生の旦那さんは
その竹中一美の元恋人だったようだ。そこへなぜか目暮警部が
入ってきた。松本先生は松本警視の娘だった。その松本警視を
見た園子が蘭にこの人「やっちゃって」と言ってしまった。

松本警視は松本先生に「本当にいいのか」と聞いていた。蘭と
園子の同級生の梅宮が先生に挨拶へ来ていた。蘭と園子は先生
にビデオ係りを引き受けていた。蘭は先生をビデオに撮ってい
ると、電池が切れそうになっていた。蘭達は急いで充電しに行った。

松本先生がコナンに「あなた、工藤新一君にそっくりなのよね。
工藤君ってあたしの初恋の相手にそっくりだったもの。その子
は駄菓子屋の子供で先生がイジメっ子にいじめられている時、
いつもレモンティーをくれたんだ」と話した。

コナンはそれでいつもいつもいじめられたことを知った。先生
の結婚相手、高杉俊彦が入ってきた。そこへ園子が入ってくる
と、園子は「ああ、あなた、高杉グループのあととり息子」と
叫んだ。先生は「今のことは内緒ね」とコナンに言った。

コナンたちが出て行って、すぐに先生の控え室でなんか音がし
た。急いで入ってみると先生が倒れていた。レモンティーの中
から苛性ソーダが検出された。その会場に居た目暮警部が見識
を始めた。その容疑者の中には松本警視も入っていた。

蘭たちが撮っていたビデオを見ていた。ここにいる人たちが容
疑者だった。結婚相手の高杉がコナンに「小百合を見ていると
昔いつもレモンティーをあげていた女の子を思い出すんだ」と
話した。どうやら松本先生の初恋の相手はこの高杉のようだった。

レモンティーと苛性ソーダの調査の結果が出て、報告された。
カプセルをレモンティーに入れて、カプセルが溶けるのに15
分から16分かかると、それで計算すると1時間半前にカプセ
ルを入れられたことになった。

その1時間半前は松本警視がレモンティーに触れているのがビ
デオからわかった。続いて報告がされ、「しかし、松本警視の
指紋がレモンティーについてない・・・」。コナンは焦った。しか
も松本警視が「俺が触っていた」指摘した。

コナンはビデオをもう一回見返して、犯人の目当てがわかった
と心でつぶやいた。そして、犯人がわかったようだった。コナ
ンは園子を眠らせ、推理を始めた。「犯人は先生がレモンティー
を飲む15分前に入れらたと言ったわよね」と。

「レモンティーにカプセルはたまたま混入したのだ」と。「レ
モンティーの缶が園子のと、先生のと、園子によって入れ替え
られていた」。「犯人は高杉さん、あなたよ」と言った。高杉は
「過去の事故で高杉は母親を亡くしていた。その時に来た警察
が松本警視だった。あなたが母親を見殺しにした」と言った。

その恨みで自分の気持ちをわかってもらうために殺したのだと・・・
しかし、どうやら松本先生は毒が入っているのがわかってその
レモンティーを飲んだようだった。それから友達の竹中一美が
先生がそのことも知っていたことを告げた。

先生はいつも「どうやったら許してもらえるかな」と話していたと。
先生は初恋の相手だったことも知っていた。
その後先生は高杉と結婚した。20年の恋が実ったのだった。

テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

黒きドレスのアリバイ(後編) / 名探偵コナン
2010年6月5日放映分。蘭、園子、小五郎の
おっちゃんとコナンは街へゴスロリの服を買いに
やってきていた。その近くの公園でゴスロリの女
性が殺されていた。

目暮警部が喫茶店でゴスロリの服を着た被害者の
ことを店員に聞いていた。目暮警部がゴスロリの
服の女性がメニュに触ったと聞いて、参考物証と
して借りよう店員に話すと、一緒に現場検証に来
ていた庄堂唯佳が指紋はないと言った。庄堂唯佳
が水に濡らして指紋は落ちてなくなっていると言いだした。

庄堂は自分が犯人にされてしまうのではと心配そ
うにしていた。さらに被害者が飲んだ水のグラス
も割れてしまっていた。次に目暮警部はゴスロリ
の服屋さんに行った。

その服屋で被害者の未紘は来て、服を買ったと言
う。その服屋に蘭が試着していた。園子も蘭と同
じ服を試着していた。未紘が服を買っているとき
は庄堂は仕事していたという。

庄堂が「そろそろ帰してくれます」と目暮警部に
話して、腕時計を見ようとしたが、なぜか携帯電
話の時計に見るのを変えた。そのことを見逃さな
かったコナン。変だと思った。

コナンは木刑事に電話して、トイレに妙にキレ
イな場所がないかと聞いて、木刑事が探すと、
殺害現場の隣のトイレのトイレットペーパーホル
ダーがキレイなことに気付いた。

庄堂は強気に早く帰してくれと言っていた。毛利
小五郎は庄堂唯佳は白だと言っていた。コナンは
未紘さんが飲んだコップに口紅がついてないと言
っていた。

そしたら唯佳は「口紅を拭き取るのが身だしなみ
よ」と言った。続けてコナンは「唯佳さんはなぜ、
未紘さんと座ったところに座ったのかと聞いた。
それから普通ならコップのない方に座るのが普通
ですよね」と言った。そしたら毛利小五郎が怒り出した。

コナンは面倒くさそうに、毛利小五郎を眠らせこの
事件のトリックを話しはじめた。疑っていなかった
毛利小五郎が一転、疑い始めたことに不思議がった
目暮警部。

毛利小五郎はゴスロリの服の女性とその後のOL風
の女性が同一人物だと言うことを言った。さらに庄
堂はその喫茶店にあらかじめくすねていたグラスに
未紘の指紋をつけていたのだと。

庄堂が未紘に何度も電話していたのは未紘のことを
誰かに気付かせるためだった。庄堂は「わたしが未
紘に化けて服を着ていたのだと言うならとはわたし
は仕事で服を買うことができなかったわよ」と言うと。

毛利小五郎は「未紘さんは服を2着買ったのだよ」
と言った。服屋の店員は「はい、2着買いました」
と答えた。庄堂は「未紘が気に入って2着買った
のじゃないの」と言うと。

「それは蘭と園子が立証してくれますよ」と言うと
同じゴスロリの服を着た二人が現れた。同じドレス
を来ることを双子ファッションと言うらしい。「証拠
を出しなさい」と庄堂が言うと、「ありますよ」と
毛利小五郎が言った。

毛利小五郎は「あなたの腕に未紘さんにひっかかれ
た傷があるはずです」と言うと目暮警部がすぐに調
べた。その傷があった。すぐに木刑事からきれい
なトイレットロールホルダーに血液のルミノール反
応が出たと言った。

目暮警部は庄堂に「血液検査をしてください」と言
うと、庄堂は開き直って、殺害動機を話し出した。
庄堂が会社を首になって、その後未紘が自分の家の
会社を紹介して、住むマンションまで用意してくれ
たが、会社を首にしたのは未紘の仕業だった。その
上彼氏まで取られて恨んでいたのだと。

テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

黒きドレスのアリバイ(前編) / 名探偵コナン
2010年5月29日放映分。 久保未紘、26歳
と唯佳、26歳と話していた。未紘の方が彼氏のこ
とで謝っていた。唯佳は「友達に手を出す男なんて」
と話していた。

未紘が「わたしたち友達だよね」と話して、唯佳は
快く「ええ」と答えていた。唯佳は「未紘、明日の
服、決めた」と聞いていた。未紘は「良いゴスロリ
に決めた」と話して、その服を着ていた。

毛利小五郎が蘭と園子の買い物に付き合っていた。
毛利小五郎はぼやいていたが、蘭と園子が毛利小五
郎に「暇してるじゃない」と言っていた。そんな時
黒いドレスを着た人が現れた。

毛利小五郎は「あの魔女みたいな服はなんだ」と言
っていた。コナンが「怪奇映画で出てくるような女
性もののドレスのこと」と説明した。毛利小五郎は
大きな声で「あんな仮装行列のような格好」と言う
と、その女性はにらんで出て行った。

その女性はすぐに店を出ていったその後にそのゴ
スロリのドレスを着た女性の友達と言う女が現れ
た。ウェイトレスは「トイレに行かれましたよ」と
言っていた。蘭たちは店を出て服を買いに行った。

そんな時蘭が外人にアイスクリームをつけられた。
その外人は蘭の買ったばかりの服を盗もうとした
がそのことにコナンがすぐ気付いて盗まれる前に
この事件を防いだ。

蘭はアイスクリームをつけられたので新しい服に
着替えようとトイレへ行った。そしたら着替えよ
うとしてる人でいっぱいだった。そのうちの一人
が「ここの人30分も着替えてるのよ」と怒って
いた。園子がトイレを強引に見るとあのドレスの
女が殺されていた。

コナンがすぐ見るとその頃された女に吉川線が着
いてることに気付いた。コナンは吉川線とは吉川
という人が見つけた線で紐で首を絞められた時被
害者が紐の内側に手を入れた時にできる引掻き傷
と紐の跡だと説明した。

すぐに目暮警部と高木刑事がやってきた。免許書
から久保未紘さんだと高木刑事が目暮警部に報告
していた。毛利小五郎は目暮警部に「喫茶店に居
た時この女性を見た」と言っていた。

園子は「ゴスロリの人は1時ちょっと前に現れて、
待ち合わせのOL風の人はその10分後くらいに
現れた」と目暮警部たちに証言していた。高木刑
事はこのトイレはこの時間だけ混むと言っていた。

そんな時ゴスロリの人の携帯電話に電話がかかっ
てきた。電話で目暮警部がその人に説明をした。
目暮警部たちはその女性に話しを聞いた。その女
性は「未紘とはまだ会っていない」と言った。

それは園子たちが見ていた。高木刑事はそのトイ
レに残って目暮警部はその喫茶店へ向かった。園
子が死んだ女性の指に違和感を感じていた。ゴス
ロリなのにマニキュアがないと。

目暮警部が調べたところゴスロリの友達の唯佳の
アリバイが確かめられたがコナンが突然「そした
らこの人は魔法にかけられたんだね。凄い怖い顔
してたもん」と言い出した。

そこで目暮警部たちが「喫茶店に来たはじめに来
たゴスロリを着た女性が久保未紘さんだったか調
べるのが必要となった」と言った。

テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

恥ずかしいお守りの行方(後編) / 名探偵コナン
2010年5月22日放映分。服部が間違えて
渡してしまった和葉のお守りを探しに東京にや
ってきていた。そのお守りを持っていた国末が
殴られた。それで犯人は3人に絞られていた。

51歳の薩摩、44歳の春藤、26歳の久間の
3人だった。高木刑事は犯人はここからさっぱ
りわからなかった。「国末さんがなんのゲーム
を見に行ったかわからないと」と言っていた。

和葉、蘭たちも悩んでいる時久間が突然店の店
員に怒りだした。どうやら店員が後かたづけし
だして、まだ入っている久間のポップコーンを
持って行きそうになったからだった。

薩摩と春藤も長い時間拘束されていらいらして
いた。それで春藤も「ホットドッグを温めなお
してくれ」と、薩摩は「ビールを持ってきてく
れ」と言い出した。

服部は国末の言葉を思い出して国末はデイゲー
ムを観ていたことに気付いていた。蘭が「誰が
国末が殴ったかわからないじゃい」と言うと、
コナンと服部は「犯人はもうわかってるよ」と。

「誰なの」と和葉が言うと、コナンは「まだ証
拠が・・・」と言い出した。国末は同居人に「証
拠を見せたい」と言っていた。コナンと服部は
「そうかそれでこのスポーツクラブに呼び出し
たのか」と思った。

春藤と薩摩が「もうそろそろ帰らせてくれ」と
言うと、服部が「犯人以外は帰ってええで」と
返事した。コナンと服部は「おかしなことを言
ってる人が一人いてる」と言った。

薩摩は「いい勝負だったけど私は負けた朝青潮
のファンだったからね」。春藤は「ビーチバレー
でポロリを期待しちまったけどな」。久間は「僕
はビジターのビック大阪ファンだったからかつて
グランドで抱き合うビッグの姿を見て片身のせま
い思いをして拍手してましたけどね」と。

和葉と蘭はポロリという言葉で薩摩を疑った。そ
んな時サッカーの試合がTVから流れていた。高
木刑事が気付いた。「アウェイ、待てよ。敵地で試
合する時アウェイだよな」。コナンが「グランドは
ピッチでファンのことはサポーターだよ」。

「だから嘘をついてる人はこの久間さん以外に考
えられない」とコナンが言った。久間、「最近なん
だサッカーファンになったのは」と言った。そし
たら服部が「ビッグ大阪の肥後選手のゼッケンの
番号言ってみ」と言った。

服部が「ビジターもグラウンドも野球の言葉やも
んな。あんた野球を見にいってたんやろ」と言っ
た。その試合は10対1で良い試合でなかった。
だから国末の言う最高の試合にはならなかった。

服部が「おみやげもらえたら最高の試合ちゃうか」
と言い出した。和葉が「国末さんがなんでホーム
ランボールをもらったの、わかったの」と聞くと。
コナンが「国末のポケットに財布と携帯電話とた
ばこが入っていたのはそこにホームランボールを
入れていたからGパンがビロビロに伸びていたか
ら疑われないように犯人が財布と携帯電話とたば
こを入れたのだ」と。

服部が「例えばこれホームランボールだと言って
も信じへんやろ。でも、ホームランボールを取っ
た映像が残ってたらどうやろ」と言うと、TVか
ら国末がホームランボールを取った姿が流れた。

そこには国末と久間が映っていた。高木刑事が、
「それでその映像が流れた時に久間さんは大声を
出して気を散らしたんですね」と言った。

そしたらコナンが「それだけじゃないよ。」ポッ
プコーンをこかして「これをうめて隠していたか
らだよ」とポップコーンの中から野球ボールが出
てきた。

久間が国末を殴ったいきさつを話した。なんでも
このホームランボールは昨日亡くなった彼女の好
き選手が打ったホームランボールだったとか。そ
れで絶対にそのホームランボールがほしかったとか。

その後久間は「事情を話して国末にホームランボ
ールを譲ってくれ」と言うと。「彼女のボールか何
か知らんけどな、しつこいねん。ボケ。」と言った
言葉に久間はカッと来て殴ってしまったとか。

久間は「すみません」と謝ったら「それは本人に
言ってください。病院で意識が回復した国末さん
にね」と言った。国末は「振られたばっかりだっ
たから彼女のためにという言葉に拒絶反応をおこ
した」と話した。

高木刑事に和葉が「お守りは」と聞いた。高木刑
事は「服部君に渡したよ」と言うと、和葉は「あ
ほ」と言って病院から出ていった。

コナンは「国末さんの好きな人は数葉姉ちゃんの
ことじゃない」と聞くと。国末は「お守りの中に
色黒の男の写真が入ってんだよ。高木刑事さん、
あのボールは久間さんに渡しといて。いじわるし
てわるかったなって言って、それから和葉ちゃん
にもいじわるしてごめんなって言っといて。」と
言った。

和葉が「平次何してるの。」と言って服部の元に
やってきていた。「和葉、お前の気持ちがわかっ
た」と言った。お守りには落書きされた服部の顔
の写真が入っていた。国末のいたずらとは服部の
顔へのらくがきだったようだ。

テーマ:TV - ジャンル:テレビ・ラジオ

恥ずかしいお守りの行方(前編) / 名探偵コナン
2010年5月15日放映分。もののけ倉で
の事件を解決したコナン達。今回は服部平次
が用事で毛利探偵事務所にやってきていて、
ミツヒコたちに入知恵していた。

服部はどうやら人探しで東京に来ていたみた
いだった。国末照明という和葉の近所に住ん
でる大学生だった。和葉のお母さんがその国
末に間違えてお守りを渡したとか。

和葉のそのお守りを追いかけてやってきたよ
うだった。そのお守りは和葉にとって凄い大
切なお守りだったようだ。だから和葉は「お
守りのご利益で」と何回も言っていた。

次の日コナン達は国末の通っていた帝丹大学
へやってきていた。国末の居たテニス部へや
ってきた。今行方不明中で国末の下宿先へ行
ってみた。

そしたら居候していたみたいで、そこの住人
は気晴らしでどこか行くように言ったらしい。
その後国末から電話がかかってきて「つきが
回ってきた」と言っていたらしい。

和葉は蘭にお守りを探す理由を話した。その
お守りには平次の写真が入っていたらしい。
ちょっとして下宿先の住人と一緒に国末のい
るスポーツカフェへやって来た。

やって来ると、パトカーがたくさんあった。
そこには高木刑事が居た。殺人があったと言
う。その殺された人はどうやら国末だった。
それで平次は国末の写真を見せて「関係者だ
から殺害現場を見せてくれ」と言ってスポー
ツクラブへ入った。殺害現場はトイレだった。

スポーツクラブでは殺害時刻にクラッカーを
鳴らしていたらしい。その時にトイレからう
めき声も聞こえてきたとか。コナンは「もし
かしたら犯人が一発でわかるかもしれないよ」
と言った。

それで高木刑事が事件の説明をして、「簡単な
質問をしますので立って、目を閉じてほしい。
それで速やかにお祝いの証拠を持ってきてほし
い」と言うと。会場の人がしゃがみだした。

それで3人の人が立っていた。その理由はうめ
き声を聞いた店員がトイレを見に行ったと、そ
れが8時頃。その時にクラッカーを鳴らして、
証拠として鳴らしたクラッカーの紙くずを拾い
出したからしゃがんだのが証拠だと言う。

和葉は高木刑事に「国末からお守りがなかった
か」と言った。高木刑事は「ポケットに入って
たよ」と言った。和葉は「お守りはわたしのだ
から返して」と言うと。高木刑事は焦っていた。

服部がすかさず「国末さんは殴られて生死の境
をさ迷ってるのだからそんなのどうでもええや
ろ」と怒った。高木刑事が「同じポケットに財
布、携帯電話、お守りを入れてて、パンパンだ
ったんだよね」と言って不思議がっていた。

さっきの3人はクラッカーを鳴らしていなかっ
たので8時頃に会場に居なかった人だった。そ
の容疑者の一人、薩摩和雄、51才から事情聴
取が始まった。

薩摩は「8時にはまだ店に居てなかった」と言
った。薩摩はスポーツが好きだとも言った。薩
摩は相撲好きだった。蘭が和葉に「国末さんっ
て相撲<好きだったの」と聞いていた。「さあ」
と和葉は知らなかった。

次は春藤健吾、44歳の事情聴取が始まった。
春藤は「電話がかかってきて、クラッカーを鳴
らしそうで電話がちゃんとできるように外の電
話のできるところへ行った」と言う。服部は履
歴が残ってるいるかどうか聞いた。

3人目の久間拓哉、26歳だった。久間は「た
ばこを買いに行っていた」と言う。「いつも吸っ
てるたばこがなかったから外に探しに行ってい
た」と言う。久間はビック大阪のファンだった。

服部とコナンが事情聴取から何かに気付いていた。

テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

もののけ倉でお宝バトル(後編) / 名探偵コナン
2010年5月8日放映分。中に納めた
お宝を喰らうという倉で、不思議な出来
事に遭遇した少年探偵団。コナンたちは
調べていくとカラクリがあった。

三水吉衛門が作ったこともわかった。コ
ナンは神棚がおかしく思った。そして、
大きなそろばんもおかしいと思った。そ
ろばんの玉はなぜか上の方で止まってい
た。動かしてみると何か音がした。

灰原はすかさず、「このそろばんは何か
のスウィッチになっているのね」と言っ
た。ミツヒコが誰かにメールを打ってい
た。コナンがそれに気付いた。

怪しいと思ってコナンは小林先生に「入
れ知恵しただろ」と電話をしたが、先生
は仕事で忙しかった。今度は博士に電話
をしてみたが入れ知恵はしてなかった。

コナンは誰が助言してるいのか、謎だっ
た。コナンは再び倉の窓から倉の床を見
た。コナンは「若干倉が遠くなった」と
言った。灰原は「そんなわけないわよ」と。

そしたらなくなっていたミツヒコの探偵
団バッチが落ちてきた。天井に何かある
のではと思った探偵団。コナンは天井を
見た。何かに気付いた。

コナンは家主に「この建物を建てたのは
三水吉衛門じゃない」と聞くと、家主は
「そうじゃよ」と言った。コナンは続け
て「捜査三課を呼んだ方がいいよ」と。

なんでもこの辺で流行っている盗難犯が
隠れているという。建物のなぞを解きを
はじめた。まずは倉の外の階段と中の階
段段数と高さが違っているいうこと。

倉は思ったより深いところに床があると
いうこと。次に窓のトリック。倉の中か
ら見える窓はダミーで本物の窓はまだ、
その上にあった。

外から窓の位置と中からの窓の位置を同
じに見せて、倉の高さを同じに見せるト
リックだった。元太が外から窓を開ける
と中の窓の上に顔を出した。

中の窓は壁に切り込みを入れて、光が窓
の形み見えるようにしていた。それで上
の窓を開けると下の窓の光をさえぎるよ
うに仕掛けがしてあると。

この倉は天井が動くようにできていると。
ミツヒコとあゆみが刑事に説明をした。動
かすには誰かがこの倉の中から操作しなけ
ればいけなかった。

「つまり、窃盗犯が隠れているということ
だ」とミツヒコが推理した。コナンが「そ
れじゃ、この床をどうやって動かすかわかる
な」と言うと、ミツヒコは・・・

「実際に見てみないと、よう、、わからん」
と片言を話すように言い出した。コナンは
違和感を感じたがすぐに服部の影を感じた。
コナンは「一緒に来た他の刑事さんを倉の外
で待機させて」と刑事に言った。

コナンはそろばんを動かし始めた。そろばん
の玉は何かを表すといいんじゃないだろうか
と推理して、コナンは何かそろばんの玉で漢
字を描き始めた。

まず、「水」という漢字を作った。灰原は「三
水吉衛門ね」と言った。水の漢字が完成すると
倉が動き出した。コナンと刑事は宝のある場所
にたどりついた。

刑事は「盗難届けの出ているものばかりじゃな
いか」と言った。コナンはすぐに犯人も見つけ
てしまった。その犯人は以前この屋敷の庭師と
して来ていた男だった。

解決した後にコナンが「服部の推理にしてはよ
くできたよ」と言うと服部が現れて「用事で毛
利事務所に来ていて、元太たちがコナンをギャ
フンと言わしたいと言ったから助言した」と明
かした。そして、服部はコナンがギャフンとし
た姿の写真を探偵団に見せていた。それは服部
がコナンを騙して撮った写真だった。

それで服部はさらにコナンは弟子だと言っていた。

テーマ:TV - ジャンル:テレビ・ラジオ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。