movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キングダム・ホスピタル1話
「封印の王国(キングダム)」、あのスティ-ブン・キングがおもしろい原作だったので監督になって、作った連続ドラマ。原作はスティ-ブン・キングではないのでよほど気にいったのでしょう。さて、一話目の内容はまず、昔、火事になった病院あったことから始まる。そして、逃げれたのは大人たち。子供たちは逃げ遅れてしまったのでほとんど、犠牲なった。そんな病院があったというところから始まります。そして、時は流れ、やがて同じ土地に病院が建ったのですが、その病院の名が「キングダム・ホスピタル」。病院では不思議な現象がよく起こる。警備員が見ている防犯カメラに少女の姿が映ったり、ところどころで少女が見ている。話しは変わって、画家のピ-タ-がいつものようにジョギングに出かける。ファンテイズ・オブ・ウェインを聞きながら。その走っている時に車に跳ねられ、重症に、跳ねた人は助けずに立ち去る。その時にピ-タ-はカラスの声を聞く、カラスの話していることがわかるのだ。そして、カラスがピ-タ-を食べようとした、その時、大アリクイが現れ、会話をする。その後通りかかりの車に救急車を呼んでもらい、キングダム・ホスピタルに運ばれる。すぐに手術が始まる。手術していると、ピ-タ-のケガがどんどん、回復していく、医者も看護師も驚きをかくせない。そして、この手術は成功に終わる。次に骨折などの手術を明日、行うという。この日、もうひとり病人が運ばれる。腕がしびれるという、半ば医者達は仮病と言う。とりあえず、検査することになった。この病人は霊能者で老婆だという。変わって、ピ-タ-の意識が回復する。ピ-タ-にしか聴こえない声がする。その声はあの大アリクイの声、「手術中(メアリとフック)のことをあの婆さんに話せ」と聴こえたところで、1話目が終わる。
スポンサーサイト

テーマ:海外ドラマ(欧米) - ジャンル:テレビ・ラジオ

キングダム・ホスピタル2話
「王国(キングダム)の屍達」、話しはピ-タ-を跳ねた犯人が家の屋根から落ちて、脳に重症を負うところから始まる。そして、キングホスピタルに運ばれる。偶然か、ピ-タ-の病室、個室のはずだったのですが、病室がないので隣に少しの間、置かれることになった。ピ-タ-はもちろん、気付いている。そして、犯人も気付いている。犯人はその病室にいる間、ピ-タ-に追いかけられる夢を見る。どこからか大アリクイが現れ、犯人に取り付けられいてる医療装置の管を食いちぎる。一方、お婆さんは末期患者とお祈りをする。病院の部長は仮病だから追い出せと言い、追い出すことに。病院から出る時、フックが付き添い、エレベ-タに乗る。エレベータは降りて行く、その途中の出来事だった、子供の泣き声がする。小児病棟は遠いはずなのに、エレベ-タを止めて聞いてみる。やっぱり子供の泣き声がする。どうやら、エレベ-タの天井からする様子だったので天井を確かめるフック。そしたら、人形が見つかる。ちょっとした不注意で人形エレベ-タから落としてしまい下の階へ。

テーマ:海外ドラマ(欧米) - ジャンル:テレビ・ラジオ

キングダム・ホスピタル3話
「悪霊の接吻」、刑務所に収監されてる犯人が手紙を読んでいるところから始まる。恋人からの手紙ですぐに会えるという。話しは変わって、前の続きで、見つけた人形をフックと、霊能師のお婆さんが拾い上げるところから始まる。その時に厨房の職員が見て、言う。「女の子の持っている人形」だと。ピ-タ-の前にまた、大アリクイが現れる。そして、「恩を返すように」といピ-タ-に伝える。ピ-タ-も恩を返したいと意思を伝えると、大アリクイは魂も救ったと重ねて、恩をきせてくる。「新しく来る相部屋のもんに気をつけろ」と言って去っていく。一方、部長のステグマンがした手術の患者が植物人間になってしまっている。この母親は医療ミスだと、ステグマンを責める。この少女、モナは幽霊の少女と一緒に揺れている。どうやら見えているのか…幽霊の少女はピ-タ-の前に現れて「助けてくれ、人形を見つけてくれ」と伝えて、他の幽霊に連れ去れる。お婆さんは少女の幽霊を探していると、怖い幽霊に出くわしてしまい、お婆さんの存在を知られることになる。

テーマ:海外ドラマ(欧米) - ジャンル:テレビ・ラジオ

キングダム・ホスピタル4話
「真夜中の邂逅」、霊能者のお婆さんの友達、レニ-の容態が悪くなるところから始まる。そのレニ-の死を目前に看護師が看護にあたる、この看護師、レニ-の危篤をいいことに、お金を盗もうとする。ところが、レニ-が気がついた、そのショックで倒れる看護師。医師の手術の努力もむ虚しく心臓発作で亡くなる。この看護師を手術をした医師は院長、ロルフ。その看護士は院長、ロルフの妻という。話しは一転して、レニ-の危篤の時に霊能者のお婆さん、サリ-の元へやってくる。息を引き取る瞬間に居合わせることに。そして、死んで間もない、まだ、死後の世界に行かないレニ-に聞く、あの少女の幽霊のことを、名前だけでも知っている人がいないか。そして、ピ-タ-のいる病室を聞き出す。ピ-タ-の元に行く霊能者のお婆さん。それを阻止しようと怖い幽霊がピ-タ-の相部屋、犯罪者の元に現れる。お婆さんを殺すようにと怖い幽霊が犯罪者に指示する。お婆さんはピ-タ-の元に現れ、殺されようとする時に、医師のフックが現れる。そして、お婆さんはフックにピ-タ-が少女のことを知っていることを伝え、ピ-タ-と話せるように頼む。一方、部長のスッテグマンは自分の車に落書きをされ、その犯人を探している。厨房の人が落書きしていた。それを見ていた人は白衣を着ていた男女だとステグマンに伝える。

テーマ:海外ドラマ(欧米) - ジャンル:テレビ・ラジオ

キングダム・ホスピタル5話
「外科医の墓標」、ホ-ムレスが気が狂って頭を打ち付けるところから始まる。キングダム・ホスピタルに運ばれる。手術にステグマンが執刀する。手術中になぜか、体が動きだす。そして、死同然なのに話し出す患者。どうやら、少女が見えてる様子。そして、少女の鐘が気になっている。そのホ-ムレスは同僚で、院長の息子のエルマ-・トラフにそっくりだった。一方、フックはピ-タ-の妻に霊能師のことを話す。怪しく思う妻。霊能師にピ-タ-を会わせていいかどうか。そして、ピ-タ-は会うことを望んでいるが、いくら妻に語りかけても聴こえない。そんなフックは昔のキングダム・ホスピタルの残る病室、オ-ルド・キングダムを同僚の女医をつれていく、そして、これまで、亡くなった患者の墓標を見せる。そして、ピ-タ-と霊能師のサリ-を会わせることに協力してほしいと頼む。女医は快諾する。同じ時、大アリクイが怖い幽霊に何かで打たれる。心配して叫ぶ、少女の幽霊、メアリ-、「アンチュビス」と。

テーマ:海外ドラマ(欧米) - ジャンル:テレビ・ラジオ

キングダム・ホスピタル6話
「さまよえる死体」、地震の研究者が病院に呼び寄せられ、アンチュビスが殺されかけてるところから始まる。泣き叫ぶ、幽霊のメアリ-。助けをピ-タ-に求める。ピ-タ-の魂だけだろうか、メアリ-に案内されるがままに、セピア色の病院を歩くとアンチュビスが倒れている。アンチュビスは多量の血が流れ出してしまっている。アンチュビスに輸血をするピ-タ-。するとアンチュビスは元気になる。変わって、エルマ-・トラフは気にいっている中年の女医に、せまっているが、振られてしまう。それに、恨みを抱いたエルマ-は自分にそっくりのあの、ホ-ムレスの死体を自分と同じ、髭にしたりして、首を切って、その中年女医、ロ-ナにその首を送りつけた。そしたら、その首の無いホ-ムレスがあっちこっちに動き出した。話しはピ-タ-に戻って、ピ-タ-に会った霊能師、サリ-。そして、少女の幽霊の名前がメアリ-と寝ているピ-タ-聞く。ところが、悪い幽霊が見えるらしく、悪い幽霊が病棟に火を放ち、ピ-タ-を焼いてしまうように、犯罪者に指示する。火をつけたところで、アンチュビスが戻り逆にに犯罪者に火をつけ、ピ-タ-は助かった。

テーマ:海外ドラマ(欧米) - ジャンル:テレビ・ラジオ

キングダム・ホスピタル7話
「ブラックノイズ」、法廷で心臓発作で倒れた弁護士がキングダム・ホスピタルに運ばれる。相変らず、エルマ-に似た死体は病院のどこかを自由に走り回っている。そして、自分の首を見つけ、ご機嫌にシャワ-を浴びている。また、病院に悪党がピ-タ-の隣に運ばれる。その悪党は全身火傷の重症で意識もない様子。そんな時にピ-タ-の元にピ-タ-の妻が帰ってくる。その火傷の悪党を見た妻はその患者を移動させて、決してピ-タ-の隣に戻さないように医師に伝える。そして、ピ-タ-は相変らず話せないが、手が動いた。妻はピ-タ-に鉛筆と紙を渡して見る。そしたら、ピ-タ-は絵を書き出した。霊能師のサリ-の絵を。そして、サリ-が現れ、ピ-タ-の妻にさっきまで隣に居た火傷の悪党はよくないことを考えていたから移動させて正解と話す。一方、ステグマンは病院の幽霊を信じれない事をフックに話す。そしたら、警備員の飼う犬がエルマ-に似た死体の首をステグマンの前に持ってくる。ステグマンは自分の理論を覆す事実を目の前にして腰を抜かす。次にピ-タ-の隣に地震学者の教授が隣に移ってきた。そんな時、エルマ-に似た死体は首がないことに気付く。せっかく苦労してさがしていたせいか、悔しさから床を叩く。そしたら、病院中は凄い地震にみまわわれる。そんな地震に出くわした地震学者はPCとか、検査するものを一式持ってくるように頼む。その振動と共にブラックノイズが聴こえると話す地震学者。弁護士の前に現れた大アリクイのアンチュビス。生かすか殺すかは大アリクイの判断になる。

テーマ:海外ドラマ(欧米) - ジャンル:テレビ・ラジオ

キングダム・ホスピタル8話
「供された心臓」、メアリ-の人形の中からメアリ-が死んだ時の、火事の記事が出てきた。それには多い発注で、製造を間に合わせるために子供を労働力として使っていた工場があって、メアリ-はそこで働いていた。その火事で亡くなった可能性が高いことがわかった。そして、前の話しから続いている心臓発作で倒れた弁護士は大アリクイに頼んで、心臓を与えてくれるように頼んだ。間もなく、脳死の患者が病院に運ばれてくる。アンチュビスは弁護士を助ける様子だった。それを見て、聞いていた隣に居た、火傷した悪党。弁護士は自分のコネを使って合う心臓をさがしている。隣の悪党はそれがどうも、気に入らなかったのか、突然、火傷の悪党が立ち上がり、弁護士を殺そうとしだした。そんな時に外にいる監視の警察が火傷の悪党を射殺する。殺されなくて済んだ弁護士。また、再び、大アリクイのアンチュビスが弁護士の前に現れる。そして、弁護しに伺う、「君は今、どうしてほしいのか」と、そしたら弁護士は答える。「早く、心臓を変えてほしい、早ければ、早い方が良い」と言う。それを聞いて、アンチュビスはすぐに心臓を変えることを叶えることにした。警備員の飼っている犬がくわえて持ってきた心臓を変えだした。弁護士のその後は言うまでもなく死んだだろう。大アリクイに死を選択されたはず。

テーマ:海外ドラマ(欧米) - ジャンル:テレビ・ラジオ

キングダム・ホスピタル9話
「スウェ-デンボルグの世界」、みんな、ベ-スボ-ルを見ています。幽霊のメアリ-まで夢中で見ています。そして、エラ-の汚名で有名なキャンドルトンをみんな、思い出している。そのキャンドルトンはテレビの前に銃口を自分に向けて、TVを見ています。昔所属していたチ-ム、ロビンズの優勝がかかったゲ-ム。それを見てキャンドルトンが自殺をする。そして、生と死の世界、スウェ-デンボルグのところで彷徨うことに。彷徨ってるキャンドルトンに気付く、メアリ-。助けに行きたいと、ピ-タ-に話す。大アリクイのアンチュビスはスウェ-デンボルグの世界が好きでないという。それで、メアリ-がピ-タ-をつれて行くことに。いつの間にか二人に信頼関係があるようである。キャンドルトンがスウェ-デンボルグの世界から出ようとしない。そうこうしてるうちに病院ではキャンドルトンを検査しようとしている。検査の磁気に触れるとキャンドルトンはスウェ-デンボルグからずっと出られなくなる。キャンドルトンを出られるように、メアリ-が過去に戻り、キャンドルトンの失敗を変え、人生も変えてしまった。キャンドルトンの汚名の人生ではなくなった。

テーマ:海外ドラマ(欧米) - ジャンル:テレビ・ラジオ

キングダム・ホスピタル10話
「聖霊降臨の嶺」、牧師がキリストの最後の十字架に打ち付けられたような感じで死んでいるところから始まる。そして、病院に運んでみると、牧師の体に血が溢れ出している。そして、近くの水道からワインが流れ出ている。たくさんの信者がキングダム・ホスピタルに集まる。牧師は3日後に生き返るという。信者は病院の前でずっと賛美歌を歌う。その後、その牧師の調査書を書くために、体を解剖することに、ところが今度は体に血がない。しかし、調査書には血があると書くことになった。ピ-タ-がまた、絵を描き始める。それは2本のボルト。サリ-を呼び、ピータ-にそのボルトは何かと聞く。ピ-タ-の横にメアリ-がいる。そして、そのボルトはメアリ-が死んだ場所に関係あると、ピ-タ-を使ってメアリ-が答える。そして、メアリ-がピ-タ-に言う、メアリ-が次にベルを鳴らした時たくさんの人がなくなるとメアリ-が言う。そして、近々鳴らす時が来るとメアリ-が言う。助ける方法はロ-ナが知っているとメアリ-が言い残す。

テーマ:海外ドラマ(欧米) - ジャンル:テレビ・ラジオ

キングダム・ホスピタル11話
「悪霊の秘儀」、前回の続きから始まる。キングダム・ホスピタルの前に牧師が生き返ると信じて集まった人々の中を警官が馬に乗って、集まった牧師の信者をののしって進んでいる。その馬に乗った警官は突然に死んでしまった。久々に怖い幽霊が登場した。また、悪いことを考えているようです。サリ-は実はメアリ-が火事で死んでいないと感じはじめた。ピ-タ-がなにか絵を描き始めた。どうやら、メアリ-の絵のようです。ドクタ-、ゴッドライヒが怖い幽霊をつれて現れた。そして、エルマ-に似た首のない体も相変らず彷徨っている様子。そして、ロ-ナがエルマ-を検査している。どういうわけか、エルマ-の脳派がおかしい様子。幽霊たちがみんな、騒いでる感じのようです。

テーマ:海外ドラマ(欧米) - ジャンル:テレビ・ラジオ

キングダム・ホスピタル12話
「未来を越えて」、エルマ-が死体の首をロッカ-に隠している。見ているのは犬。そして、ロッカ-の鍵の番号を覚えている。首のない死体が自分の首を探している。そして、首のあるロッカ-に辿りついた。犬に番号を教えてもらって自分の首を取り戻していた。メアリ-が、サリ-やピ-タ-に事故の詳しいことを伝えている。そして、「もし次にベルを鳴らす時はたくさんの人が死ぬ」とメアリ-が霊能師のサリ-に伝えている。ベルを鳴らさないでほしいと思っているサリ-。サリ-はピ-タ-のところへ行くとメアリ-と大アリクイのアンチェビスが待っていて、スウェ-デンボルグの世界へ連れていった。スウェ-デンボルグの世界では怖い幽霊とドクタ-・ゴッドライヒがサリ-達にこの世界に来るなという。怖い幽霊が指から光線のようなものを放ってみんな、威嚇する。突然、アンチェビスが人間の姿になり、ピ-タ-とサリ-にこう言う、「メアリ-を助けることができるのはあなたたちしかいない」と、そして、普通の世界へ帰る方法を教える。悪い幽霊がステグマンをそそのかして、フック、サリ-たちを殺してしまうように言っている。そして、ステグマンの恨みを晴らせるんだ、と。

テーマ:海外ドラマ(欧米) - ジャンル:テレビ・ラジオ

キングダム・ホスピタル13話
「終焉の刻」、ブラックノイズの影響で地震が強くなり、この日に病院が崩れるという。そして、病院の先生、スタッフを呼んで、降霊の集会をすることにする。その集会はメアリ-を助ける集会。そして、サリ-はもう、メアリ-がなぜ、死んだのか知っている様子。そして、それを聞くと、メアリ-は工場の火事で亡くなったのではなかった。そして、工場の火事は経営者自ら、起こした火事。子供達は逃げ遅れたのではなく、故意に殺されたもの。子供達に保険をかけた経営者、ゴッドライヒ。しかし、メアリ-だけは生き残った。それを知ったゴッドライヒは医者の弟に相談した。弟はよく実験していた。それで弟は殺さずに脳を切り取って記憶だけをなくさせるというが、怒りからメアリ-を殺してしまう。このときに地震の原因は火事でなくなったたくさんの子供達の叫び声だとわかった。ブラックノイズはその叫び。それでこの事実を変えないといけないのでフック達、先生達は過去のメアリ-を助けに行くことになった。そして、出火を止めるため、メアリ-の前に行き。ピ-タ-の描いた消火器が現実に現れて、それで出火をくい止めた。その後、現実に戻ると、病院には地震がなくなり。病院の名前が「聖メアリ-・キングダム・ホスピタル」となっていた。そして、メアリ-は91歳まで生きる人生に変わっていた。

テーマ:海外ドラマ(欧米) - ジャンル:テレビ・ラジオ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。