movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アイランド
勝手に点数55点

2005年、アメリカのアクション。
ユアン・マクレガー、ショーン・ビーン、
ジャイモン・フンスーなど出演。
マイケル・ベイ監督。

かなりSFっぽい、SFそのものの作品
ですが、SFだとロボットのようなもの
が出てくると思いますがここではクローン
そのため人間の偽者です。

だから演じてるのは人で別にロボットでも
ない感じなのでSFのようには全く感じな
い作品でした。単なるアクションのような
感じです。サスペンスのようにも感じる作品。

ここからネタバレあり。
お金持ちが依頼で自分のクローンを作る。
そのクローンはアイランドにしまわれている。
それで規律も厳しいアイランド。

その規律の中に恋愛はしてはいけないとある
が、ここでの登場人物は主人公とヒローイン
は恋に落ちてしまうという物語。噂ではおも
しろいわけでもなく、おもしろくないわけで
もないという作品でした。

そんな感じのおもしろくもなく、とりわけ、
しょもないというわけでもありませんでした。
スポンサーサイト

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

インディー・ジョーンズ・クリスタル・スカルの王国
勝手に点数60点

2008年、アメリカのアクション。ハリソン・
フォード、シャイア・ラブーフ、カレン・アレン、
ケイト・ブランシェットなど出演。スティーヴン・
スピルバーグ監督。ジョージ・ルーカス製作陣。

結末がおもしろくないと噂になっていた作品でした。
わりと2010年くらいに観るとわりとおもしろい
と感じれる作品でした。普通にアドベェンチャー・
アクションでした。

ココからネタバレあり
相変わらず考古学者と言って、墓荒らしをする
インディアナ・ジョーンズ。今回はいろんな遺跡
を集めてる人も出てくる。

この物語は南米の遺跡をテーマに宇宙人を絡ませ
てくる物語。この宇宙人がおもしろくないと噂を
聞いてました。こんなストーリーもありのように
も思いました。

おもしろくないと聞いていたので期待をしなかっ
たから逆におもしろかったかもしれません。普通
に思った通りのインディー・ジョーンズシリーズでした。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

インディー・ジョーンズ魔宮の伝説
勝手に点数60点

1984年、アメリカのアクション。ハリソン・
フォード、ケイト・キャプショー ロイ・チャオ、
アムリッシュ・プリなど出演。スティーヴン・
スピルバーグ監督。ジョージ・ルーカス総指揮。

シリーズ2作目の作品。わりとおもしろいと感じ
た作品。インディー・ジョーンズシリーズ最高の
傑作と言われているとか。やはり古さを感じてし
まうのは仕方がないかもしれませんが・・・

ココからネタバレあり。
ヒンズー教とか宗教を絡めて、インドを冒険する
物語。インディー・ジョーンズお決まりのアドベ
ンチャーアクション。

物語もわりとお決まりの内容で結末は想像できる
結末でした。物語の内容はいろいろ考えられてい
て、いろんな展開があって確かにおもしろく作ら
れていたかもしれません。

今観ると・・・普通な感じでした。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

ディープブルー
勝手に点数60点

1999年、アメリカのアクション。トーマス・
ジェーン、サフロン・バロウズ LL・クール・J、
サミュエル・L・ジャクソンなど出演。
レニー・ハーリン監督。

サメが襲ってくる有名な作品。けっこう話題に
なっただけあって意外とおもしろい作品です。
ゾンビ系のホラー映画がサメに変わっただけ
っていう感じもするんですが・・・

ここからネタバレあり
サメが知能を持って、戦略を持って、人間を
襲ってくるという物語です。バイオハザード
とも似てる作品。

バイオハザードは人造人間、このディープ
ブルーはサメが知能を持ったという感じです。
海に浮かぶ研究所。サメを研究するために
海中にも研究所を作ったのはよかったんですが・・・

海中に人間が入ってきた時にサメは戦略的に
人間を襲って、どんどん追い詰めていくと・・・
その知能を持ったサメをうまく表現できていた
と思います。

最後はサメの目的もわかったけど・・・
やはり殺傷する方向で人間と争う事に。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

ブローン・アウェイ・復讐の序曲
勝手に点数69点

1994年、アメリカのアクション。ジェフ・
ブリッジス、トミー・リー・ジョーンズ、スージー・
エイミス、ロイド・ブリッジスなど出演。
スティーブン・ホプキンス監督。

日本ではおもしろくてお馴染みのトミー・リー・
ジョーンズが出ていました。だからそんなに期待
してなかったんですが、これがけっこうおもしろ
かったです。

アイルランド紛争の問題が絡んでいる物語。アイル
ランドのテロリストの話し。フィクションだったん
ですがけっこうハラハラさせられる物語。でも、最
後は正義が勝つという感じで結末はなんとなく、
わかっていました。

ここからネタバレあり。
トミー・リー・ジョーンズが演じるアイルランドの
テロリスト。爆弾でたくさんの警察を殺していきます。
かたや爆弾処理班の警察官との戦い。

しかし、この爆弾処理班も名前を変えていた。元は
IRAの戦士だった。だからテロリストの手口が凄く
わかるという。そして、爆弾処理の警察官はその
テロリストと関係の深い人だった・・・

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

ブロークン・アロー
勝手に点数55点

1995年、アメリカのアクション。
ジョン・トラボルタ、クリスチャン・スレーター、
サマンサ・マシスなど出演。ジョン・ウー監督。
前に観た時はわくわくした映画。

ジョン・トラボルタが悪役を演じていました。
けっこうもてる男や将校とか、良い役の
イメージが強かったのですが、この作品以降
悪役も多くなった気がします。

ここからネタバレあり
元軍人が核弾頭を盗んで、お金を要求するという
内容の話し。ジョン・トラボルタが演じる元少佐
がその核弾頭を盗んだ。

追いかけるヘイル大尉。ヘイル大尉とディーキンス
少佐は昔は友達だった。その二人が戦うことになった。
核弾頭がどうなるのか、ヘイル大尉が阻止できるのか
ハラハラする映画だったんですが。

結末を知っているとあまりおもしろくない作品でした。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

ディパーテッド
勝手に点数60点

2006年、アメリカのアクション。レオナルド・
ディカプリオ、ジャック・ニコルソン、マット・デイモン
マーク・ウォールバーグなど出演。
マーティン・スコセッシ監督。ブラッド・ピッド製作。

アカデミー賞4部門受賞とか。4部門受賞したわりには
いまいちな作品でした。マッド・デイモン主演の
「ボーン・アイデンティティ」シリーズの方が良い
というより、大違いでした。

ここからネタバレあり
内容マフィアと警察とマフィアは警察にスパイを送り、
警察も同じようにマフィアにスパイを送り、スパイが
交錯して、途中で内容が混乱するような内容。

警察のボスとマフィアのボスにそれぞれ、幹部どころに
スパイを置いてお互い探り合うというのはおもしろい
設定でしたが、途中から内容がわかりすぎて、
先が読めてしまったのでいまいちおもしろくない作品でした。

アカデミー賞は良い作品は凄く良いのですが、最近良くない
駄作みたいなのにも受賞させてるような気がします。
アカデミー賞もアメリカのエンターテイメントの一つで
宣伝くらいなんでしょう。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

13ウォーリアーズ
勝手に点数55点

1999年、洋画のアクション。アントニオ・バンデラス、
デニス・ストーホウ、ウラジミール・クリッチ オマー・シャリ、
ダイアン・ヴェノーラなど出演。ジョン・マクティアナン監督。
歴史ドラマだと思っていましたが、ちょっと違いました。

映画好きにはけっこう有名な作品だったので楽しみにして、
観ましたが・・・アクションど真ん中の作品でした。
期待したのは歴史的なことを描いた作品だと思っていたので、
魔物と戦うというアクションだったので期待ハズレでした。

でも、そんな先入観のない人にはこの作品はおもしろく
観れるかもしれません。アントニオ・バンデラスが出演で、
あのパッケージを見せられたら大スペクタクルの歴史アクション
を期待してしまいました。

ここからネタバレあり
魔物が現れ、選ばれし13人の勇者がその魔物を退治しに
いくというシンプルな内容の物語です。魔物の正体がわかって
しまうとけっこうあっけない結末の作品でした。

物語の途中まで魔物が何なのかというホラー色の強い、
物語展開になっています。その間まではまだ、おもしろかった
かもしれませんが、魔物の正体がわかった瞬間、その後の
占い師が魔物の居場所を見つけてからは凄くおもしろくなかったです。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

デアデビル
勝手に点数55点

2003年、洋画のアクション。ベン・
アフレック主演。ジェニファー・ガーラ、
コリン・ファレルなど出演。B級作品の
ような作品。

ココからネタバレあり。
ここで主役のデアデビルの姿がまるで悪
役で変な感じで観ていました。あの黒い
コスチュームは一体なんでしょう。

物語は目の見えない少年が感覚を研ぎ澄
ますと、遠くの助けを呼ぶ声を聞いたり、
銃弾を感じて、素早くよけたりという凄
い能力を持った主役、マット。

スーパーマン系の物語なんですが、スー
パーマンの方が明るい物語だったので観
やすく感じました。そんなに真剣に観る
物語でもなく、気楽に観れる作品。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

ダイハード2
勝手に点数65点

1990年、洋画のアクション。ブルース・
ウィルス主演の凄い有名な作品。この作品は
何回観てもほんとおもしろい作品。やっぱり
名作でしょうか。

アクションがやっぱり凄いですね。凄い派手
で最近の映画でも観ないアクションだと思う
のですが、このくらいに日本でもレンタルビ
デオでみんな、映画をたくさん観た頃ですね。

この頃は日本はバブル経済で凄い勢いでした。
どんどん、レンタル店ができて、エンターテ
イメントの業種もたくさん出来始めた頃もこ
の頃でしょうか。

厳密にはこの頃は日本の分岐点ですが。それ
で映画や音楽の世界が日本にもどんどんと変
わってきました。この頃くらいはある意味日
本のカルチャーが成熟した感じです。

そして、新しいカルチャーの世界に入ってい
ったように思います。そんな時にピッタリの
作品ダイハードシリーズの2作目。ほんと、
おもしろかったです。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

ロストワールド・ジュラシックパーク
勝手に点数60点

1997年、洋画のアクション。ジェフ・
ゴールドブラムなど出演。スティーブン・
スピルバーグ監督の作品。前に観た作品
ですが、わりとおもしろい作品です。

恐竜が凄くリアルに作られていて、そん
な特撮のようなものもとても見所の映画
です。まるでありが大きなバッタを襲う
ように、恐竜が人間をタバになって襲っ
てくる。

恐竜の前では人間がこんな風になるのか
と感心してしまったりするシーンなんか
もありました。恐竜が実際に居たら肉食
の恐竜はとにかく襲ってくる。

本当になったら恐ろしい話しです。凄く
子供っぽい映画のように思いますが、観
るとかなり観れる作品でした。一応、こ
のシリーズは全作品観ました。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

サハラ 死の砂漠を脱出せよ
勝手に点数60点

2005年、洋画のアクション。マシュー・
マコノヒー、ペネロペ・クルスなど出演。
テーマは凄くよかったのですがアクション
が先行した物語。

歴史的なものを期待したのですがアクショ
ンばかり多くて、ほとんどの内容がないよ
うな感じになってしまった映画。一昔前な
らこの内容でもよかったかもしれませんが。

軍事的な要素があって、結局は軍と戦うこ
とになり、普通の学者が軍の戦車やヘリと
戦うことになるというとてつもない話し。

学者は何が問題かと言うと疫病が蔓延して
いたサハラ砂漠。調べると政府が放置して
いたものが原因だった・・・という物語なん
ですが。

特に社会派物語と言わけでもなく、単なる
アクション映画でした。おもしろくないわ
けでもなく、おもしろいわけでもないいま
いちよくわからない映画でした。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

U.M.A.レイクプラシッド
勝手に点数55点

1999年、洋画のパニックアクション。
ブリジット・フォンダ、ビル・プルマンな
ど出演。「U.M.A.」とは未知動物とい
う意味。パニックアクションで有名な映画。

それでどんなものかというより、どんなエ
イリアンみたいな生物が現れるかと思うと、
超巨大ワニが人間を食べるという物語でした。

製作されたのも1999年ということもど
うかはわかりませんが、わりと古典的な展
開の物語。そういうところを気にしなけれ
ばわりと見れる作品です。

確かにあんな巨大なワニが育ってても不思
議ではないです。「U.M.A.」はパニッ
クアクションの代表のような作品になった
作品。

超巨大ワニを退治するためにみんな、ほん
そうする。退治ですが、一種の駆除かもし
れません。しかし、このワニはクマも一瞬
食べてしまうというとんでもないワニ。

人間なんて、一瞬で食べられてしまう。そ
んなワニをいろいろな方法を考えて退治す
るという作品。

物語のはじめの方は人間の相関図の説明の
ような物語がほとんどだったのでアクショ
ンらしくなかった作品。けっこう意外な展
開でした。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

ダイハード4.0
勝手に点数60点

2007年、洋画のアクション。ブルース・
ウィルス主演のあの有名な映画の続編。1作
目はビルでのテロ事件でしたが、時代が変わ
って今回はサイバーテロとか。

ココからネタバレあり。
サイバーテロには驚きました。しかも今回は
マクラーレン刑事の娘が登場。あの時に子供
って居たかどうかも忘れました。

1作目では離婚しかけの妻だったような。娘
は居なかったはずですが。こういう作品はだ
いたい1作目から落ちていくことがほとんど
です。この作品もそんな感じでした。

サイバーテロをテーマにした作品はもうすで
に作られていて、そんなに新鮮でもなかった
です。サイバーテロなのではじめはインター
ネットでの攻防でした。

だから、アクションシーンは最初は全然あり
ません。最後の方になって激しいアクション
シーンが増えてきました。最後は…戦闘機ま
で出てきたり。

そうそう、今回はマクラーレン刑事は娘の彼
氏と一緒にテロリストと戦うという。そうい
う見方をするととてもおもしろい作品でした。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

トリプル・X
勝手に点数70点

2002年、洋画のアクション。ヴィン・
ディーゼル主演の映画。ヴィン・ディーゼ
ルはこの映画で知名度を得た作品。とても
おもしろい映画。

ずっとアクションが続き、目が離せない場
面ばかりのかなりハラハラさせられる映画。
物語の内容はベタなテロリストとスパイの
アクションの物語。

そして、主役のサンダーとロシアのスパイ、
イレーナの恋愛関係もおもしろい映画。ず
っと、おもしろい内容が目白押しの物語です。
サミュエル・L・ジャクソンの出演もサン
ダーの上司として出演しています。

ここからネタバレあり。
刑務所で居たXこと、サンダーはギボンズ
からほとんど無理やりアメリカのスパイに
任命させられ、命令された。

その指令はソ連崩壊後、ロシアのテロリス
トが旧ソ連時代の生物兵器を手に入れた。
その兵器を使ってプラハを破壊しようと企
てていた。

ロシアテロリストのスパイになっていたイ
レーナ。最後はサンダーとイレーナが協力
してテロを阻止しようと。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。