movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴースト・ニューヨークの幻
勝手に点数62点

1990年、アメリカのラブストーリー?
ホラー?パトリック・スウェイジ、デミ・
ムーア、ウーピー・ゴールドバーグなど出演。
ジェリー・ザッカー監督。

ラブストーリーの名作だけあって凄くおも
しろい作品でした。しかし、これって、
ホラーですよね・・・ジャンルに困ってしまう
作品です。

ラブストーリーの代表作にしては凄いホラー
色の強い作品です。ほぼホラーと言って
いいくらいの作品。ジャンルは凄い困って
しまう作品です。。。

また、今は亡き名優のパトリック・スウェジ
が主役ででている作品。パトリック・スウェジ
はこの作品では王道の役ですがその後アウト
ローの役が多くなります。

しかし、そのアウトローの役が凄くかっこよく
味があって、凄い好きな俳優でした。この作品
で主役を務めたのが凄く大きかったかもしれません。

内容は凄く展開が速く、サスペンスのような
要素もあり、ハラハラさせられて、また、ラブ・
ストーリーの行方も気になってしまう作品でした。

本当は凄くおもしろい作品でしたが、古いので
点数は抑え気味でつけました。
スポンサーサイト

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

トワイライト・初恋
勝手に点数60点

2008年、アメリカのホラー。クリステン・
スチュワート、ビリー・バーク、ロバート・
パティンソン、アシュリー・グリーンなど出演。
キャサリン・ハードウィック監督。

青春系のわりと若い世代向けの映画だと
思っていました。ズバリ、そうだったと
思いますが、観るとわりとおもしろかっ
た作品です。

凄い感傷的に描いている物語。その感傷
的なのはヴァンパイアと人間、そして、
狼男と不思議な関係の物語。物語設定云々
より、感傷的な感じの良い余韻を残す物語でした。

おそらくこの物語を高校生くらいの世代
の人たちが観ると凄くハマリそうな感じ
のする映画だと思います。久々になんと
も言えない気分にさせてくれました。

映像の技術が凄い進化して、今は人が簡
単に狼なんかに化けたり、また本当に生
きてるみたいに映像の凄い技術を観てい
ました。いまさらかもしれませんが。

もうこんな映像が普通に観てしまってい
るので驚く限りです。昔は特殊メイクな
どで凄い大変だったのですが・・

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

ヴァン・ヘルシング
勝手に点数55点

2004年、洋画のホラー。SFアクション?
SFファンタジー?ヒュー・ジャックマン、
シュラー・ヘンズリー、ウィル・ケンプ、エレナ・
アナヤなど出演。スティーヴン・ソマーズ監督。

凄くジャンルの難しい作品です。ゾンビ系の
作品がホラーならこの作品も確実にホラーだと、
思います。しかし、使われてるCGだったりは
かなりSFのような感じです。

映像が凄い作品です。登場人物はかなりグロ
テスクなキャラクターが多いですが、映像な
どはかなり美しいと言ってもいいくらい素晴
らしい作品です。

ここからネタバレあり
ヴァン・ヘルシングという悪魔退治の戦士?が
ドラキュラを退治しにいくという物語でした。
ドラキュラのボスがいるという。

内容はそんなに対してワンパターンなものです。
この手の作品もけっこういろいろ作られてきました。
ドラキュラも新しいゾンビ系の映画のような感じに
なってきました。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

エクソシスト2
勝手に点数69点

1977年、洋画のホラー。リンダ・
ブレア、リチャード・バートンなど
出演。名作とクラシックというジャ
ンルでもあるこの作品。

昔にこんな良い作品が作られている
のが驚きの作品。しかも、1作目で
はなく2作目の続編でここまでおも
しろいというのが凄く意外な作品。

ここからネタバレあり。
これは「エクソシスト」からの続き
のようで、悪魔祓いを終えたメリ神
父。その後の少女が描かれている。

この作品では悪魔は一体、誰なのか
ということで原因を探る新しいエク
ソシスト、ラモント神父。

ラモント神父はその悪魔はアフリカ
にいるとアフリカへ悪魔を探しに行
きヒントを得るが、悪魔はなかなか
祓えない・・・

ここでの悪魔は結局自然だったのろ
うかと・・・大自然には誰も勝てな
いということだろうか・・・

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

エクソシズム
勝手に点数55点

2003年、洋画のホラー。ブライアン・
パトリックなど出演。おもいっきりホラー
映画。ホラー映画を超えて、仮面ライダー
とか特撮系のような映画でした。

ここまで露骨にサターン、悪霊を描いて、
その悪霊を払う悪魔祓い系の映画。ほとん
ど、サターン対神父という感じの物語で、
サターンがあまりにも気持ち悪くて、気持
ち悪いと言うよりかはもう怪獣という感じ。

ここまでいくと、ホラーではないかもしれ
ません。ここで言うサターンが・・・ある意
味、ギャグマンガの世界のようなものすら
感じてしてまう物語・・・

と、言って、ホラーに免疫のない人が観る
と、ちょっと危険なものも感じます。この
作品はSFっぽいのでどこか怖くない作品
でした。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

シャッフル
勝手に点数65点

2007年、洋画のホラー。サンドラ・
ブロックなど出演。ジャンルはわかりに
くい感じです。ミステリーとか、サスペ
ンスとか。

以前にあった「オーロラの彼方へ」とい
う映画と同じようなタイプの物語。過去
へ行ったりして、そういう意味でシャッ
フルらしいですが。

主演しているサンドラ・ブロック、昔は
きれいな女優さんでしたが、月日が経っ
てあの時の輝くようなものがなくなって
おばさんぽくなってしまいました。

ココからネタバレあり
死んだはずの夫を過去へ行って助けると
言う物語。ジャンルに凄く困る物語。ス
ピリチュアルホラーと思えるのですが。

この物語ははじまりが夫が亡くなるとこ
ろ。お葬式のところからはじまるので、
最後まで助かるかわかりません。亡くな
ってて当然というスタートなんです。

それが最後は一体どうなるのかというと
ころでとてもおもしろい。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

ゴーストハウス2
勝手に点数49点

2009年、洋画のホラー。イギリス映画
のようです。1作目はおもしろかったので
すが、この2作目の続編は「13日の金曜
日」のような感じになってしまいました。

この手のホラー映画はあまり好きではない
ので、49点でおもしろくない作品にしま
した。ただ、やたらと人を殺すだけで先が
見えてしまうタイプの映画だからです。

この作品も1作目は不思議でおもしろかっ
たんですが、これは・・・かなり質の悪い
ものになったような感じです。これは好み
かもしれませんが。

「13日の金曜日」のような好きな人は、
良い作品だと思うのですが、どうしても
この手の作品はバイオレンスアクション
のようになってしまいます。

ホラーのド真ん中といえば、ド真ん中の
作品です。しかし、人を殺しまくるいま
いち物語を感じない作品でした。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

ミラーズ
勝手に点数70点

2008年、洋画のホラー。キーファー・
サザーランド主演。不思議の国のアリスの
グロイ系のような、エルム街の奇跡のよう
な感じの話し。

ココからネタバレあり。
なんとなく観ていると、鏡の世界から亡霊
が襲ってくるというところがエルム街の奇
跡のような感じのする映画でした。

また、別の世界があるというまるで、不思
議の国のアリスのような話しに思えた作品。
内容はどこか観たことのあるような内容で
したが新鮮な感じのする映画。

しかし、最後まで見るまで主人公が狂気な
なのか、幽霊が襲ってくるのか、わからな
く、最後まで観ないとわからない映画でし
た。狂気の人の犯行にすることもできます。

これの怖いところは映し出すもの全てが鏡
になり、襲ってくるという…だから、鏡だ
け気をつけいても意味がなく…悪魔は子供
に乗り移って写すものを作りだす…

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

テラートレイン
勝手に点数48点

2009年、アメリカのホラー。ソーラ・
バーチ、ギデオン・メリー出演。出演者は
いまいち誰かわからない人たちばかりです。
ホラーでもバイオレンスホラーという感じ。

この手の作品を好きな方はごめんなさい。
あまり好きではありません。昔に観た「人
食い人種」のような感じのタイプの映画で
した。ちょっとダメな種類のものです。

正直、幽霊や妖怪などは全く出てきません。
そういう意味ではホラーではないと言いた
いのですが、ここで現れる殺人者はほとん
ど妖怪みたいなもんでした。

パッケージに惹かれたのですが、失敗した
感じの映画です。とあるレスリング部の女
子部員が電車へ乗って行くのですが、その
電車には大量殺人をする者が乗っていた。

その電車が次の駅に着くまでにどれだけの
乗客が殺されるか・・・狙われるみんな。
そして、仲間は次々にその殺人者たちに、
一瞬で殺されてしまう・・・

殺されまくる映画です。この手の映画が
苦手な人は多いんでないでしょうか。殺
人者が人を殺しまくるという先が見えて
しまし、あまり好きはない作品です。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

519号室
勝手に点数65点

2008年、洋画のホラー。ジェシー・
ブラッドフォードなど出演。ルーム系の
ホラー映画がけっこう多いみたいです。
これはもそんな部屋にまつわる物語。

呪われた部屋という題材のホラーは多い
ですが、これはちょっと違った感じのと
ころから入っていく物語で、観てておも
しろいと感じた映画でした。

最近、ハリウッドでもホラーがとても多
いので、内容もマンネリ感を感じていて
いましたが、この物語は日本のホラーを
ハリウッドでしたような感じです。

やたらめったらと人が殺されないですし、
あからさまに作られた妖怪が出てくるわ
けでもありません。とてもスピリチュア
ルな物語。

また、サスペンス色の強い作品でもあり
ますので、観ててとてもおもしろい作品
です。

ここからネタバレあり。
主人公は彼女を強姦から助けるためその
強姦魔を殴ってしまう。それで刑務所へ
入ったが出所した。

母の住んでいた部屋へ戻ると隣の部屋か
らいつも暴力をふるう夫が居た。そんな
暴力の様子が耐えれない主人公だったが、
それは実は幻想だった。

だから、警察を呼んで暴力を止めてもら
おうとすると、そんな事実はなかった同
じアパートで暮らす人に聞くと、暴力の
あるその部屋には誰も住んでないと言う。

それで元彼女が主人公の下へやってくる。
彼女もいつしか、霊の姿を見るようにな
ってしまって、霊に狙われるようになっ
てしまう。

最後は殺された理由を見て終わるという
物語。いつもとは違うハリウッドらしい
展開でおもしろい作品でした。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

1408号室
勝手に点数70点

2007年、洋画のホラー。スティーブン・
キング原作。サミュエル・L・ジャクソン、
ジョン・キューザックなど出演。実は緊
張感のある凄くおもしろいと感じた作品。

久々のスティーブン・キング作品でとても良
かった作品。それでもっと良い点数をつけた
いのですが、「シャイニング」と良く似た作品
なのでちょっと厳しくつけました。

スティーブン・キングが作品は良いように思
えるですが意外とおもしろくない作品も多い
です。でもそれはスティーブン・キングのせ
いではないかもしれません。

スティーブン・キングの作品は作る監督によ
って善し悪しがほんと、変わってしまう人、
監督の描き方によって凄くよくなったりする
原作者。

ここからネタバレあり
タイトル通り、部屋の幽霊の話し。そして、
キングはその物語のキーワードを変な言葉
に置き換えることが多い。

ここではその部屋の悪魔を「邪悪」と言う。
この表現は他の作品でも使ってことがありま
した。だから、理解することがすぐにできま
した。

この作品のおもしろいのは主人公の心にある
闇、暗いものが現れてくる。過去に死んだ娘
だったり。そんな心理的な描写がとてもおも
しろい内容になりました。

最後は・・・離婚間近の妻と、とあることが
現実になる話し。凄い心理描写でした。主人
公の服にかかれた「PHYCHOLO」とい
う言葉がそんなことを物語っている作品。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

フラットライナーズ
勝手に点数60点

1990年、洋画のホラー。ジュリア・
ロバーツ、ケビン・ベーコンなど出演。
撮影にヤン・デ・ポン監督が参加して
いるようです。

この頃はジュリア・ロバーツはトップ
女優。そんな時に変わった感じの作品
に参加していました。SFとからしい
ですが、ホラーっぽい映画です。

ココからネタバレあり
4人の医者が心臓をとめ、死ぬぎりぎり
のところで蘇生するという臨死体験をす
る物語。

一人の医者がそれで成功したのを期にみ
んな体験しだすが、その後遺症で死んだ
人を見てしまうということが起こる。過
去の過ちを謝るものも現れる。

この時代にこんな内容の物語をアメリカ
で作っていたのもおもしろいのですが、
この手の内容だとB級以下の作品になり
がちです。

しかし、出演している役者たちはけっこ
う有名な人ばかり。ホラーというより、
おそらく、医療の発達でこれからこんな
ことも起こるということだと。

確かにこんなことが起こっても不思議で
はないのですが、現実的にはどうなんで
しょう。医療の世界ではけっこう普通に
起こってることだったり?

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

ドラキュラ
勝手に点数69点

1992年、洋画のホラー。ゲイリー・
オールドマン、ウィノナ・ライダー、キ
アヌ・リーブス、アンソニー・ホプキン
スなど出演。フランシス・フォード・コ
ッポラ監督作品。

この当時とても話題になった作品。今観
ると凄い良い作品だったので驚きました。
ドラキュラ伯爵にちゃんと順じた作品で

最近ドラキュラの物語を変えられて作ら
れてることが多いのでこの作品はあの有
名な「ドラキュラ」を描いているのでお
もしろい作品でした。

フランシス・フォード・コッポラ監督が
描く妖艶な登場人物たちはこの頃はとて
も気持ち悪い登場者たち。ハリウッドの
力かとてもお金がかかっている作品。

ここで出演する特にキアヌ・リーブスは
とても若い。また、ウィノナ・ライダー
はこのくらいにトップ女優だった。改め
て小さい顔で可愛い女優。

そんな中ここでほぼ、主役を演じている
ゲイリー・オールドマンのドラキュラは
元々から持つゲイリー・オールドマンの
青白い雰囲気でとてもはまり役。

昔小さい頃にこの作品を観たいと思って
いて、観てみるととても良い作品だった
のでとてもうれしく思った作品。「ドラ
キュラ」作品の中ではかなり良い作品。

それも「アンダーワールド」などでドラ
キュラの物語が変えられて作品が作られ
る中この本来のドラキュラという物語を
描いているのとても良い作品。

今観ても古さを感じない作品でした。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

デッドマン・コーリング
勝手に点数70点

2004年、洋画のホラー。アン・ヘッシュ
など、あんまり知らない人ばかり。アメリカ
ではわりと有名なんだろうか。でも、わりと
おもしろいホラー映画でした。

ココからネタバレあり。
主人公は弁護士で婚約者から結婚指輪をもら
う。そこから物語が始まる。その指輪の元の
持ち主は殺されていた。

その殺されていた女性が語りかけてくる。主
人公は車の運転中などに現れる霊の女性。だ
んだんすごく気になって調べはじめる。そし
たら、その死者の元婚約者に出会う。

どうやらその元婚約者もその霊の女性が殺さ
れたと思っていた。しかし、容疑者はその男
性だった。もちろん「殺していない」と言う。

だんだん、調べると主人公の婚約者の母親と
父親と霊の女性の関係が見えてきた。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

ブラッド
勝手に点数55点

2006年、アメリカのホラーアクション。
ルーシー・リュー主演。ドラキュラ系の物語。
パッケージよりちょっと期待ハズレな作品で
した。よくあるドラキュラの物語。

と言ってもかなりアレンジされたドラキュラ
の物語で内容的には新しい感じの物語でした。
ルーシー・リュー演じるドラキュラにされて
しまった女の復習の物語。

復習というよりはドラキュラがドラキュラを
退治する物語。わかりやすいと言えばわかり
やすい物語でした。日本の桃太郎のような子
供の観るような物語?

大人版桃太郎?なんとなく展開や結末はわか
ってしまうような物語でした。怪談の季節の
夏とかはちょっと夏を感じれそうな物語?よ
くあるドラキュラ系の物語でした。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。